一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 398.吸引器の購入申請(公費負担)

<<   作成日時 : 2017/05/12 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

現在使っている吸引器は、訪看さんの事業所からお借りしている物です。
介護保険でレンタルもできますが、長く使う物なので購入した方がいいと聞きました。

自治体の「障害者福祉の手引き」の中の「日常生活の援助」「日常生活用具給付一覧」にありました。
「電気式たん吸引器」です。
☆障害者及び難病患者等に対し、日常生活の利便を図るため、日常生活用具の給付をを行います。
と書いてありました。

入院中に、担当医の先生に「意見書」を書いていただきました。

書類が揃って、すぐに申請して、今日「決定通知書」と「給付券」が届きました。

利用者負担は見積額の1割です。
5万円程の機械が割引で見積額4万円程。
自己負担は4千円程です。

見積書、カタログも必要でした。

重要な「医師の意見書」を入院中に用意できたことで申請はすぐにできました。

良かったです。

給付券が届いたので、早速、業者に連絡しました。

カテーテルは消耗品ですので、別に必要です。
これは、訪看さんの方が安く購入できるそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ららさん、
色々と勉強になります。
ブログに残してくださって、ありがとうございます。

私は、要介護5の夫を介護しているけど、介護はまだまだこれからが本番なんだと思いました。
知らない事だらけです。
私にできるかな?と心配になりました。

色んな事にお金もかかりますね。
この先の介護を考えたら、倹約しなくちゃ!と思いました。
シマウマ
2017/05/13 13:56
主人は救急病院に10日いました。
今の病院に転院して2週間になります。

今では痰の吸引もやって貰っています。

主人の母、私の父の入院の時に痰の吸引の大切さを知りました。
病院では複数の看護師さん達がいろいろ分担して下さっています。

ららさんは全て一人でこなしてきるのですね。
すごいです。

私は平らに寝た主人を10センチ上方にずらすことさえできません。

ベッドから車椅子への移乗も、体格のいいスタッフさんが勢いよくこなしてくれています。
私は主人の入院初日から耳元で声をかけ続けて腰を傷めました。いたた。。
Y
2017/05/13 21:22
シマウマさん
ブログに残しておきたい事は、たくさんあるのですが、なかなか整理できないでいます。
ぼちぼち書いていきたいと思います。
参考になれば嬉しいです。

ベッドで寝たままの夫をころがしておむつ交換をしていると「介護している」という気持ちになります。
お陰様で介護の仕事も看護の仕事も経験できます。
らら
2017/05/13 21:40
Yさん
もうそんなに長くなるのですね。
そうですか。
吸引しているのですね。

ほんと、看護師さんの真似事みたいなことをしていますよ。
思ったより簡単ですが、この頃は元気になったので抵抗するし、大げさに嫌がって泣きそうな顔をするのでやり難いです。
それ位元気なので、痰の吸引も1日1回口腔ケアの時にするくらいです。

大きな体を動かすのは、ちょっとしたコツがあるようです。
私は夫の体の下にバスタオルを1枚敷いて、そのバスタオルを頭の方から引っぱって持ち上げています。
ベッドを高くして、テコの原理で、体の負担を減らします。
病院は人手も多くて、同じ介護の仕事でも待遇が大きく違う、と思いました。
公費の補助も医療のように、介護にも手厚くして欲しいですね。

車椅子への移乗も看護師さんは2人でやっていることが多かったです。
移乗の仕方を病院でPTさんに教えていただきました。
なんとか毎日やっていますよ。
そう、そう、どうってことない動作で腰を痛めるのです。
無理はできませんね。
私は、腰はダメです。
夫の退院で、自分の腰の治療が中断しています。
デイに通えるといいのですが・・・・。
らら
2017/05/13 22:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
398.吸引器の購入申請(公費負担) 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる