一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 414.胃ろう造設、その後

<<   作成日時 : 2017/06/18 13:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

胃ろうの事、忘れないうちに記録に残して置きたいと思っています。
忘れてしまう事も多くなりました。
胃ろうの日は忘れません。

2017年(平成29年)4月5日です。

簡単な手術と聞いていました。
全身麻酔はリスクを考慮して、麻酔しなかったそうです。
手術後は、痛いはずなのに目もぱっちり開けて平気な顔でした。
ほんとうに痛い時は、顔をしかめたり反応できるので、平気だったようです。
看護師さんが「痛いと思いますよ。鎮痛剤入れますね。」と気を使ってくださいました。

その日に退院支援会議もあって、退院に向けて準備も始まりかけていました。

でも、熱が出て、リハビリ室にも行かれない、
とたんに私は不安になってしましました。

「こんな状態になるなら、胃ろうをしないで退院した方が良かったのでは?」
と、早くも胃ろうにしたことを後悔してしまいました。

胃ろうの手術の前の日は、車椅子でお花見ができていたのです。
なのに、また点滴・・・・?

胃ろうの傷が化膿して、もう1度切開?
ほんの少し広げただけ、らしいですが、その時は不安でいっぱいでした。

MRSAの菌が発見されると病室も変わりました。
同じ「重症患者用」の病室でした。

不安なまま、胃ろうや吸引の手技を教えていただきました。

退院、在宅が目の前に来て、ますます不安でした。

退院支援会議で胃ろうや吸引が不安なのかと思われてしまいました。

胃ろうの手技も吸引も問題なく合格点をもらっていました。
退院の日が決まると「不安」なんて言っていられなくなりました。

4月26日 退院しました。
胃ろうに必要な物品は、全部病院から新品を持たせていただきました。
エンシュアは2週間分、た〜くさんでした。
画像

退院後、すぐに在宅医の先生に「エンシュア」ではなく、「ラコール半固形」と加圧バッグのオーダーをお願いしました。画像
彩星の会の先輩Kさんに「ラコール半固形が楽よ。」と教えていただきました。

加圧バッグは取り寄せだったので少し時間がかかりました。
エンシュアに比べると注入時間も短縮され、扱いもとても楽になりました。
1日3回「ご飯ですよ〜」と入れています。

エンシュアもラコールも食品ではなく医療品です。
2週間毎に薬局に取りに行きます。
配達もできますが「地域医療管理・・・何とか費」が5百円くらいかかります。
「それぐらい・・・」と笑われてしまいましたが、節約します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ららさん
胃ろう造設から退院まで
3週間ですね。

目安になります。
うちは10日経ちましたが、まだ何もチューブから入れられていません。

2017/06/18 22:43
Yさん
病院の方針にもよりますし、個人差もあると思います。
夫の病院は、胃ろうにしてすぐ翌日には栄養を入れるような所で、1週間後の退院が普通だったようです。
重症な人しか入院できなくて、いつも満室で入院期間は短いようでした。
もう少しゆっくり養生してもよいと思うのですが、許されませんでした。
チューブから何も入れていないのは、理由があると思います。
その方が良いと判断してのことでしょう。
他の方の胃ろうがどんなものかわからないのですが、時々じくじくしていたり、出血もあるとこれでいいのかと気になっています。
そういう人もいるのだそうですが。
Yさんの病院は完璧な胃ろうのために時間をかけているのかしら。
らら
2017/06/18 23:21
ららさん、
胃瘻に必要な物品って沢山あるんですね。
家の中が病院のようです。

それにしても麻酔無しで手術とは驚きです。
認知症患者の場合、全身麻酔のリスクが大きいと聞いていますが、麻酔がないのも心配だったでしょう。

良くわかりませんが、じくじくしていたり、出血するのはやはり気になりますよね。
シマウマ
2017/06/20 21:56
胃ろう造設の手術は簡単らしいです。
全身麻酔のリスクや状態を見て、その場で判断したのだと思います。
局所麻酔は使ったと思います。
手術後、目をパッチリ開けて平気な顔を見て安心しました。
らら
2017/06/21 07:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
414.胃ろう造設、その後 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる