一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 428.口唇傾向

<<   作成日時 : 2017/07/29 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

口唇傾向・・・なんでも口に入れようとする傾向が出てきています。
胃ろうが始まってから多く見られるようになりました。

思い起こせば以前にも、
初期の頃は、ガムを噛んでいるかのように口をクチャクチャとさせていることがありました。
いつもではなく、気になる時があった、と記憶に残る程度です。

精神病院を退院した頃(診断から6年目?)から
テーブルの上のティッシュや食べ物に似たものを口に入れることがありました。
口に入れて食べられないとわかると出していました。
食べられる柔らかい紙は食べていました。
小規模多機能のテーブルの上に飾ってあったお花を食べて出させたそうです。

胃ろうの栄養を入れると口をモグモグさせるようになりました。
病院ではミトンをしていたので、ミトンを口に入れることもありました。

在宅になってすぐタオルをしゃぶるようになりました。
タオルケットを程よい形にして口に入れて噛むので、穴だらけになりました。
歯ぎしりもします。

タオルケットを口に入れて、穴だらけになるのは仕方ないのですが、自分の唾液で誤嚥してゲホゲホしてしまうのでなんとかしたい、といろいろ工夫しています。
タオルの繊維が口の中に残っていて誤嚥も心配です。

調子にもよるのか、口に入れていても静かで誤嚥の様子も見られない時もあります。

タオルケットがなければ、と取って見た時、シャツの襟をギザギザになるまでしゃぶっていました。

誤嚥が心配。
先日は、何を口に入れたのか、タグのような物だったのか、口の中に固くなった物が入っていて慌てて掻き出しました。
長い時間、口の中でモグモグさせていたのに口腔ケアをするまで気がつきませんでした。

歯ブラシをくわえさせてみました。
しばらくは、自分で口に入れていましたが飽きると、そ〜っと遠くの方に置いていました。

孫が離乳食の頃使っていたシリコン加工のスプーンが気に入ってくれました。
これは良かった、と思ったのですが、少し古くて劣化していました。
夫の歯の力が強かったので、ひび割れてしまいました。

なんでも口に入れようとします。

自分の右手を左手で持っているので、どうするのか見ていたら口に入れようとして止めました。

私の手を口に入れようとする事もあります。
噛まれると痛いので、入れさせたことはありません。

何か口に入れて安全なものはないか・・・・
乳児の歯固めのようなもの?
身近な物で試してみましたが、お気に入りはありません。
ベッドにかけてあったリモコンも口に入れていました。
スイッチを押したりもして、そのうち口へ・・・・
でも口には入れ難いサイズだったようです。

ふと思いついて、孫が使っていた哺乳瓶の乳首を渡してみました。
何だと思ったのでしょう。
「バカにするなよ」「なんだよ、これ」
とでも言うように、なんと手に取って、ポンと投げたのです。
あらあら、投げる事ができるのね。
面白いので、もう一度!
もう一度投げてくれました。

いかにも乳首というのが嫌だったのか、なんだと思ったのか。
分解して、シリコンの部分だけ渡してみました。
ちょうど持ちやすかったのか、気に入って口に入れるようになりました。
「他にないから仕方なく」
という感じで口に入れて、飽きると出しています。

もう少し、良い物を探してみようと思います。

口から食べること、経口摂取もしています。
静かな誤嚥がわかったので、量は少しにしています。

今日はカレーライス。
ペースト状のご飯にペーストのカレーをかけたもの。
嬉しそうに食べました。
笑顔が出ます。

今日は調子がいいのか、壁のスイスの写真を指差して笑いました。
「そうね。また行きたいね。」
声を出して笑っていました。

その後は、またギシギシと歯ぎしりをしていました。
歯がますます磨り減っています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は、こちらは 今 夕立になっています。主人は昨日退院して、以前のリハビリ病院に転院しました。回復期ではないので、三ヶ月しか居れません。てんかん起こした後 食事を口に入れたまま飲み込み出来ず 危ないので胃瘻からの食事になりました。尿路感染症もチューブを外して様子をみましたが、自力で出なくなり またチューブを入れました。今回 症候性てんかんでしたが、リハビリ病院には 痙攣重積発作、廃用症候群と言う聞いた事もない病名がつき 調べて納得したのと同時にがっくりしてしまいました。欠伸発作 よく欠伸してましたが、これも病気なのか。素人の私もまた 1つ勉強になりました。痰が絡むので 看護師さんがチューブを入れて取ってくれています。リハビリ病院の先生に「ご家族は、何処まで回復を望みますか?」と聞かれ「自力で 座位が保て スプーンで少しでも口から食べれればいいです」と答えました。心の中では(素人の家族に 何処までと聞く前に医師が これを目処に頑張りましょうと言うのではないか。)と怒りさえ湧きそうになりましたが、4月に退院する時 自宅より施設をと随分薦められたのを断わったので 「ほらね」って顔され これ以上 今の私に何が出来るのか?と考える方が優先で、とにかくリハビリさせないと いつまた どんな病気が主人を襲うのか、残された時間は いつまであるのかと私も切り替えをしました。入れ歯を外した主人の顔は 頬も弛み お爺さんです。モゴモゴ口を動かしていますが、物を口にはいれません。右手で 何かしらリズムを取って動かしています。指相撲はします。たまに 何故か急に攻撃的になり 何も言わないのに繋いでいる私の手を捻ったり つねったりします。その時は目付きも変わります
みんと
2017/08/01 18:51
みんとさん

今年の雨の降り方は異常ですが、少し涼しくなりました。

ご主人、転院なさったのですね。
良かったですね。
リハビリ病院って病名がはっきりしないと受け入れられないとか、Yさんのブログに書いてありましたね。「痙攣重積発作、廃用症候群」という病名なのですね。
「納得したのと同時にがっくりした」というお気持ちお察しします。
リハビリで少しでも回復するといいですよね。
「回復して欲しい」という気持ちを病院の先生も確認したかったのではないかと思います。
本人にとってはリハビリは楽しいことばかりではないので、家族が希望を持つことは大きいと思います。
「急に攻撃的に・・・」
前頭葉症状ですが、口に出せない不満もあるのでしょうか?
何か理由があるように思えます。
リズムを取っったり、指相撲で楽しく過ごせるのはいいですね。
みんとさんも精一杯頑張っていらっしゃるのですね。
お互い、自分の心身も労わってあげましょうね。
らら
2017/08/02 08:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
428.口唇傾向 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる