一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 435.施設入所を検討

<<   作成日時 : 2017/08/11 16:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

在宅で看取りまで、と考えて訪問診療も訪問看護もお願いしています。
福祉車両も買って、スロープも造って、介護ベッドも車椅子もあります。
小規模多機能型居宅サービスを使って、通所も泊まりも訪問も利用できます。

ただ、長期の泊まりができません。

困った事がおきました。

実家の母が入院することになったのです。

前回は私の家に来ている時でしたので、こちらで入院になりました。
「今回も」という選択すらできない状態です。
すぐに様子を見に行く事も、入院前の手伝いに行く事もできません。
弟が介護休暇を取るというので任せてしまっています。

このままでいいのか?

母の病気は、考えるひとつのきっかけになりました。

その前から、「このままの状態で在宅介護が続けられるか」考えていました。

以前と違って、小規模多機能では「泊まり」を簡単には受けていただけない状態です。
胃ろうになった事もありますが、利用者が増えて調整に苦労なさっているようです。

8月10日(木)久しぶりに施設長さんとお話ができました。
夏祭りも終わって落ち着いて話を聞いていただけました。

1日ベッドで過ごさせてしまった事や母の事、迷っている事をお話しました。

以前なら「大丈夫です。なんとかします。」と言っていただけたのですが、
「残念ながら、受けてあげたい気持ちはあっても今は難しい状況です。」と施設の状況を話されました。

最初は「今の状態は、療養型の病院がいいと思います。」というお話でした。
良いという病院が偶然、以前「病院探し」で私も良いと思った病院でした。
夫が現役の頃から不思議なご縁のある病院です。

私は「特養はどうでしょうか?」とお聞きしました。
施設長さんは、特養で働いていた方ですのでいろいろとご存知です。
家族の望むような介護はできないこと、組織の方針があることなど・・・。

市内の特養、随分前、2度目の精神病院へ転院と同時に申し込んでありました。
今の小規模多機能で引き受けてくださって退院できたので、特養入所の気持ちはすっかりなくなって、そのままになっていました。
入所の意志だけは「継続」で提出してありました。

施設長さんも考えてくださって、遠くの「良い特養」より近くの方が通えるからいいかもしれない、と言って早速、その「市内の特養」の施設長さんに直接電話をかけてくださいました。
残念ながら繋がりませんでした。

でも、一歩前へ進みました。

「もし、これで決まったら引き返さないでくださいね。」
と言われました。

「迷っている」という気持ちも良くわかってくださっていました。

ここでも「えいさんの時もそうでした。」とえいさんのお話が出ました。
奥様が小規模多機能から特養へ入所が決まった時のお話をされました。

「えいさんは、どう言っていますか?」と聞かれました。
「介護者が一番大事、倒れてはいけない、といつもいわれています。」と答えました。
とても喜ばれました。

迷っている私の気持ちをお話できたことで、少し楽になりました。

約1時間、ゆっくりお話できました。

まだまだ、揺れ動いています。

今日も、夫を小規模多機能へ車で連れて行きました。
中に入ってスタッフに声をかけられると、泣きそうな笑顔が出ました。
「あら〜泣くの〜?」といわれたので
「嬉しくて感動しています〜」と答えました。
ほんとに涙ぐんでいました。

夫をお願いして、ドラッグストアで足りなくなったオムツと介護食等を買って帰りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
家で最後まで看てやろうとしてたららさんの気持ちは皆さん十分分かっています。
身近でこんなにららさんみたいに、お世話をしている人はいません。
感心の一言では言い表せない驚きに近いです。

気力も体力も疲れますよねぇ。よく頑張ってます。
えいさんも、いつか云ってました、女性軍は頑張り過ぎる、って・・・
十分やってこられたと思います。
旦那さんも嫌とは思わないと思います。
お母さんも心配ですね。
あっちも気になり、こっちも気になりで心が疲れますね。
私も姉の世話で、思うように動けません。
一杯我慢を強いられています。
でも、体力は使わないから楽ですが・・・
私は、旦那が動けなくなったら、即施設に入所してもらう予定です。
最近特に???なので、先日、掛かりつけの医師に紹介状を書いてもらい、大きな病院で頭のCT撮ってもらったら、と云ったら嫌と云います。
おまけに、「どうせ4回目の脳梗塞起こしたら何度も撮るから」、と云います。
「それじゃ遅いの!」と云いたいのを我慢しました。💦
サザンカ
2017/08/11 22:58
サザンカさん

ありがとうございます。

夫といつまで一緒に生活できるか?と考えたら時間がとても貴重に思えるようになりました。
頑張っているつもりはないのですが、本当に私が動けなくなる前に対策を考えなくてはならないと思っていた所なのです。
どうなるか、まだわかりませんが私の気持ちが変わって来ています。
動いて困っている頃より、今は安心なのですが、私の動きが取れなくなっています。
サザンカさんは、お姉さんの介護にご主人のお世話と頑張っていらっしゃると思います。
ご主人の仰る事、なるほどです。
サザンカさんは心配なのですよね。
大丈夫、なんとかなりますよ。
遠くから応援させていただきます。
また会いたいですね。
らら
2017/08/12 07:55
今晩は、ご主人様とお母様の事、そして これからの事で 今とても悩んでいると思います。私の方も 主人が何とか  少しずつですが、良い方向になってますが、10月中旬にはリハビリ病院退院なので、老健を探しています。皮肉な話ですが、今年の3月 在宅介護なら胃瘻をしないとディやショートが受けられないと言われ苦渋の決断で胃瘻を付けて、在宅にして 今回 老健を探すのに市内のに老健に空きがなく、更に胃瘻だと受け入れ先が難しく市外を探しています。老健に入所出来たら特養に申し込みしてあるので、胃瘻等してると順番が先になりそうです。それまで主人が どうなるかは分かりませんが。私も立ち止まってしまいました。気力が湧かないのです。情けないのですが、今は自分を休ませようとしてます。私ごとですが、昨日父の命日なので盆も兼ねて墓参りして来ました。父の時は 面倒みたりお見舞いしたりしていたので 亡くなって悲しかったけど親を送れて子の役割出来たと思ってますが、母は「夜 孫の顔見たいから行くよ」と朝電話があり 私の所に来る前に別の所に行き そして戻って来る途中に事故にあい即死でした。何故 私が迎えに行くよと言わなかったのかと今でも後悔しています。親子の時間と言うのは嫁に行くまでで 自分の人生の中で短く 他人の主人と結婚して来月で35年経ちます。母が亡くなり19年4ヶ月たちますが たとえ寝たきりでもいい お母さんの顔がみたい。お母さんに逢いたい。自分が お婆ちゃんになっても やはり母親って恋しい。失っているから余計に慕うかも知れません。主人の事は 片時も頭から離れませんし老健探しと年金センターに障害基礎年金の手続き、重度障害の手続き等 やることはありますが、まず 自分の心を休ませて、老健探しやらに動く事にします。主人が入院してる今こそ出来る事だと思う。
みんと
2017/08/12 22:08
何処にいても 主人の病気は進む。でも 主人のこれからの事は、私が 道標を付けておかなければ 娘と主人が大変になってしまう。私の不安定な心の状況なら尚更 見舞い寄り行動しなければと考えてます。なんか 長々のコメントと自分の事ばかりで、ご免なさい。ご主人様とお母様が 良くなるように祈っています。まだまだ 猛暑日が続きそうですので お体ご自愛下さい。
みんと
2017/08/12 22:25
みんとさん
遅くなってすみません。
お母様に関する辛いお話を打ち明けてくださって、ありがとうございます。
「自分の心を休ませる」
どうぞ、そうなさってくださいね。
私も自分を大切にしたいと思います。
自分を大切にして、他人も大切にできるのだと思います。
らら
2017/08/13 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
435.施設入所を検討 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる