一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 440.神経内科、通院日

<<   作成日時 : 2017/09/07 17:40   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

定期的に神経内科に通院しています。
3ヶ月に1回から4ヶ月に1回になってきました。
前回は5月。
暑い8月はお休みにして、今回9月。
次回は1月に予約しました。
薬もありませんので、経過報告など先生とお話するだけです。

今回は、「前頭側頭葉変性症つくしの会」のえいさんが一緒です。
奥様が今までの大学病院に通院が困難になって転院の予定です。
以前にも、この病院で診ていただいていたこともあります。

夫の主治医の先生にお話すると「私で良ければ」とお返事をいただいたので、診察後予約センターで予約できたそうです。

夫は、そのお話の間もずっと先生の手を握っていました。
夫の正面から「いかがですか?」とにこやかに笑顔をくださるので、夫も嬉しそうに笑っていました。
夫の両手を握ってくださるので、夫も答えて嬉しそうでした。
調子に乗って、腕にまでスルスルと手を伸ばし「それ以上はセクハラよ」と言われるほどでした。

主治医は若い女医さんです。
入院中にも、夫は看護師さんの手をなでていたのを思い出しました。

入院中にお世話になった主治医の先生を覚えているようでした。
夫の笑顔を先生も喜んでくださいました。

次の1月の診察まで、何事もなく無事でありますように。


診察後の会計は時間がかかりました。
指定難病の医療費受給者証と自立支援の医療票の両方を出しています。
今月から難病の上限額が5000円になったので嬉しいです。
なぜか、今回は1000円以上の支払いになっていました。
いつもは140円とかで、一桁違います。
今までとどこが違うのか、聞きました。
「難病外来指導管理料」という項目が加わっていました。


終了後は9階のレストランへ。
夫は胃ろうです。食べることができません。
歯固めのようなチョコレートの形をした玩具をあげると噛もうとしていました。
私の「唐揚げ黒酢野菜炒め定食」が来ると、すーっと手を伸ばして引き寄せようとしました。
なるべく目に入らない位置に向きを変え、急いで食べました。
食べ終わったので、お箸を貸してあげると、上手に左手でお箸を持ってお皿に残っていたコーンを摘んだので慌ててコーンを貰いました。
それでもお皿の茶色いタレをすくい集めようと上手にお箸を使っていました。
自分の玩具もお箸で摘んで口に入れていました。
お箸の使い方は、忘れていないようです。

えいさんの「通院介助」のお陰で、病院の入り口での車椅子の出し入れも楽でした。

自宅までお願いして、今回は大助かりでした。
自宅に戻ると、なんと駐車場に娘の車が
研修と聞いていましたが車を置いて行くのは知りませんでした。
車椅子が通れません。
スロープの反対側が階段3段になっています。
そこから入れることにしました。
えいさんが居てくださったので、できました
私ひとりでは、無理です。

でも、非常時には、階段になっているこちら側も利用できることがわかりました。

夫は、久しぶりの病院で興奮したのか、やけに元気です。
ベッドでも寝る事もなく、壁のカレンダーを引っぱって落としたり、ベッドサイドに手を伸ばしてイタズラしています。

夫の好きそうな曲を流すと「ふふふ」と笑っています。
音量に反応するようにも見えます。
孫娘のピアノの音でも笑います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ららさん、
お疲れさまでした。
近くに強力な助っ人がいて羨ましい。
えいさん、大活躍ですね!

病院のレストランには「唐揚げ黒酢野菜炒め定食」なんて美味しそうな定食があるんですね。

うーん・・・
ご主人、食べたいのでしょうね。
目に入らない位置で急いで食べる気持ち、よくわかります。
シマウマ
2017/09/07 22:03
シマウマさん

ありがとうございます。
えいさんに助けていただいています。
待合室で、元気な頃待っているのが大変だったという話をしていました。

病院のレストランは、日替り定食が人気で、今日売り切れでした。
えいさんは、生姜焼き定食。
どちらも530円でした。
食後のコーヒーは150円。

夫には少し可哀想な気もしましたが、だからといってどこにも行かないよりは、良い経験もできて夫も満足していたように思います。
らら
2017/09/07 22:31
ららさん
えいさんにバックアップしていただいて、心強いですね。

病院通いも、楽しく続けられそうですね。
どんなひとコマも、大切な時間に思えます。
Y
2017/09/09 13:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
440.神経内科、通院日 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる