一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 479. 特養への道2

<<   作成日時 : 2018/01/20 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

特養入所の申し込みをしました。

自宅から車で30分くらいです。
途中、駅周辺の渋滞もありました。

いつも渋滞している道路のすぐ側が特養の入り口でした。

前日、1月18日に夫の定期受診の後、下見に行って書類を出してありました。

相談員さんに案内していただき見学をしました。

まだ、できたばかりの新しい施設でショートステイの階は、半分空いていました。

特養は、現在満床。入所は順番待ちだそうです。
「胃ろうでお断りすることはありません」
というお話でした。

夜間、看護師がいないので吸引はできないそうです。

現在の吸引回数を聞かれました。

今、夫はほとんど吸引の必要もなく、口腔ケアの時だけ吸引しています。
体調も良いので、お願いしたいと話しました。

夜間吸引が必要になった場合、困る?と考えましたが「私が来ます」と言ってしまいました。

新しい施設で、胃ろうの受け入れも始めてなのかもしれません。

難病医療の話から「前頭側頭葉変成症とは何ですか?」と聞いてくださったので、簡単に説明させていただきました。
最後に「前頭側頭葉変成症つくしの会」のパンフレットを受け取っていただきました。


今となっては、なんの難病でも動けない状態に変わりはないのですが、医療費の補助を受けていることをお話しました。

入所費用の「食費」にも関係すると思います。
今は、胃ろう栄養は「医療費」になっています。

費用概算が高額です。

減免の制度の説明〈介護保険負担限度額の認定者〉
とあります。

「認定を受けていますか?」
と聞かれました。

高額介護サービス費と混同してしまい、咄嗟にわかりませんでした。

後で調べてわかりました。

「介護保険負担限度額の認定」は、所得により居住費や食費の負担を軽減する為、負担限度額が段階ごとに決められているて、ここでも「世帯全員が住民税非課税」という要件がありました。

残念ながら該当しません。

世帯が別でも配偶者が課税対象の場合該当しません。

高額な費用が必要になります。
新築のユニット式なので高額な料金設定なのでしょう。
それにしても、夫の年金で払える金額?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ららさん
ほんと限度額適用されないと、二倍近い金額になりますね。家の場合、私は夫の年金で扶養されているのでどうして生活しようとかいつまで資金がもつかとか切実できっと特養入所も躊躇したと思います。
ebosi
2018/01/22 09:46
ebosiさん
ほんと、この金額では躊躇します。
でも、もし入所できるならチャンスを逃さないようにしたいと思います。
らら
2018/01/22 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
479. 特養への道2 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる