一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 481. 雪かき

<<   作成日時 : 2018/01/25 23:02   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

新潟で雪かきをした翌日、東京で雪が降りました。
22日、予報よりも早く降りだしたので交通は大混乱だったようです。

「家の前の道路が雪だけど、雪かきした方がいいよね。誰もやっていないけど。」と娘から電話がありました。
夜冷え込む前に出来るだけ雪かきをするよう伝えました。


雪に慣れていない東京では、除雪のシステムはありません。
家の前道路の雪を除雪しなければ、そのままで大変なことになります。

孫達にスキーウェアを着せて遊ばせながら、夫婦二人で道路の雪かきを頑張ったようです。

23日、新潟の実家の雪かきをしてから、自宅へ帰りました。
交通機関もそれぞれ数分の遅れだけでした。

家に到着して、すぐそのまま雪かきです。
頑張りました。


24日、家の前は雪がないのに、車で走ると道路に雪があって、凍っているところもありました。
建物の影のなっている所などは、ツルツルになっていました。

25日、踏み固められて、ますますツルツル、ガチガチの場所がありました。
公共の道路です。

こうなる前に除雪をどうしてしないのか疑問に思います。
除雪の考えそのものがないようです。



雪かきと夫

夫と結婚したばかりのころ、私の祖父母の家の雪かきを夫がして、とても喜ばれたのを思い出しました。
夫は、雪かきなんてしたこともなくて、珍しくて楽しそうでした。
「雪かきって暑いね」と汗をかいて笑っていました。
屋根の雪降ろしに困っていた祖父母は「いい人だ」と喜んでくれて点数稼ぎできました。

その後、何十年、夫が雪かきをしたかしないか記憶がありません。

認知症になってからは、「雪」が理解できなくなりました。

あの「奇跡のフルート発表会」の日、雪かきをした道を「ここは歩きやすいね」と上機嫌で歩きました。
大雪でも散歩に行きました。
「雪」を「上から白い物が」と表現しました。

雪が残る山にも一緒に行きました。
雪の中で歩けなくなった夫を写真に撮っていました。

あの頃は、春がとっても待ち遠しかったです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
「どうして家の前の道路ぐらい雪かきをしないのだろう!」と、私も実家の母と電話で、ぶーぶー言いあっていました。
我が家は私がやるしかありませんが、自分の家の前の道と隣のマンション(誰も出てこない)前の道まで雪かき。
我が家の近隣はお寺が多いのですが、自分の寺の前の道(しかも少々坂になっている)をまったく雪かきしておらず、翌日以降に凍結してつるつる滑って怖い・・・お寺なんだから、地域の皆さんに率先して雪かきをやって見せて欲しいわ〜

ご主人の具合、いかがですか?
アワキビ
2018/01/29 17:42
アワキビさん

私は雪かきが好きです。
お隣の方に「すみません、綺麗にしていただいて」とお礼を言われてしまいました。
雪がまだ残っているので、時間があると雪を消すようにしています。
家の近くの道路でも、残った雪が凍って怖いです。
ほんと、怖いですよね。

夫は、熱もすぐ下がって家でリラックスしているみたいです。
ありがとうございます。
らら
2018/01/30 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
481. 雪かき 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる