34.留守番

3月31日から4月2日まで、実家へ新幹線で行ってきました。
夫と愛犬は留守番です。

父の病院へ様子を見に行くためでしたので、夫に話しました。
なんとか理解できました。
最初は、車で一緒に行きたいと言ったので、それもいいかと思ったのですが、
病院へ行くことを写真を見せて説明すると「行かない」と言われました。
「病院って何?」といいました。

犬の散歩も心配でした。
私の留守は、犬同伴の散歩です。
他の散歩の方に迷惑ではないか、足を洗えるのか、とか心配でしたが、
まあ、仕方がない、と覚悟を決めてでかけました。

娘が仕事帰りに寄って様子を見て報告をくれました。

父の状態も良く、目を開け、目線もしっかり合わせて何か言いたいような表情でした。
春になって、まるで冬眠から覚めたかのようでした。
人工呼吸器で5ヶ月、生命力には驚くばかりです。
関節が固くなってしまっているので、マッサージをしてきました。
その後は疲れて寝ていたみたいです。

母は病室にタブレットを持ち込んでいます。
「ブログを始めようかしら?」というので私のブログを見せました。
今も見ているかもしれません。

夫は、2回携帯電話をかけてきました。
一方的に、散歩時間と場所を言ったり、私の帰る時間を確認したりで
私の話「そらの足洗ってね。」などは通じないみたいでした。
電話がかけられるだけ、まだいいかな?
と、安心しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Y
2013年04月14日 21:41
ららさん
ご主人はそらちゃんとお留守番ができるのですから、まだまだまだまだ大丈夫ですね!

今は入院中のお父様を大切にしてあげてください。
3月31日は私の父の三回忌でした。
父は11月の下旬に脳梗塞で緊急入院して、桜の満開の4月8日に亡くなりました。

主人は車で私を病院に送ることが大好きでしたが、一度も病室に父を見舞ってくれることはなく、カーナビの「自宅に帰る」機能を使って、ちゃんと帰宅していました。

お父様は人工呼吸器を使っていらっしゃるのですね。
胃ろうなどはされてないのですか?
床ずれ防止のため、2時間ごとに体の向きを変え、関節の固まらないよう、スタッフのマッサージを受けていました。ある日突然病室がナースセンターの近くに変わり、人工呼吸器をつけられ、翌日息を引き取りました。
まさか・・・? という感じで急に逝ってしまいました。

タブレットを使いこなせるお母様なら、これから多少のことがあっても乗り越えていかれそうな気がします。

ご実家との行き来でららさんの毎日も、これからややハードな調子が続くのでしょうか。
携帯があれば、ご主人の安否確認もできますね。

これから気候がよくなる、と信じて動きたいです。
2013年04月14日 23:41
Yさん、ありがとうございます。
コメント、うれしいです。
元気が出ます。
今、Yさんのブログで愚痴ってきた所でした。

そうですか。4月に急に亡くなられたのですね。

父は人工呼吸器になって、もうすぐ半年です。
栄養は鼻からです。
胃ろうはしていません。しないと思います。
一時具合が悪かったのですが春になったら安定しています。

お見舞いに来ていた叔父が先に亡くなったと連絡がありました。
父が安定しているので母も葬儀に出られそうです。

この記事へのトラックバック