87.認知症と賠償

「家族の責任どこまで  徘徊中、線路に」という9月27日の新聞記事。
読んでからずっと気になっています。
『認知症の男性が線路内に入り、列車にはねられて亡くなった。JR東海は遺族に対し損害約720万円の支払いを求め名古屋地裁に提訴。8月の判決は、妻と長男に賠償責任を認めた。』介護に関与していた長男に「監督義務」といい、亡くなった男性の妻85歳には『見守りことを怠った』という。
『他のきょうだいは深く関与していないとして責任を認めなかった。』

『目を離さずに見守ることを怠った』という判決。

次の長男のコメントに共感 です。
『判決が指摘する「センサーを切ったままにしていた」「ヘルパーを依頼すべきだった」といった事項全て徹底しても、一瞬の隙なく監視することはできません。施錠、監禁、施設入居が残るのみです。父は住み慣れた自宅で生き生きと毎日を過ごしていましたが、これは許されないことになります。控訴審でがんばるしかないと思っています。』 と。

判決に憤慨していらっしゃる方も多いのではないかと思います。

介護する家族の責任なのでしょうか。

この事を書かずに先に進めず、書きたい事が溜まってしまいました。

夫も、線路に入って電車を止めたことがあります。
幸い警察に保護され、責められることは何もありませんでした。
丁寧に応対していただき、駅員さんには逆に謝られてしまいました。
とても、ラッキーだったと思います。

が、今もひとりで「散歩」にでかける夫には危険がいっぱいです。
交通ルールも自分流です。
事故の危険も覚悟しなければなりません。
どこで、どんな迷惑をかけているか、だいたいわかりますが、
かといって、毎日は一緒に付き合う気力がありません。

「見守ることを怠っている。」といわれるのでしょうか。

毎日、行き先を考え、コンビニで飲み物と食べ物を買って散歩する夫。
戻ってくるまで心配ですが、必ず家へ戻ってきます。
道中の行動を考えると、、、、。。。。

デイサービスも考えてはいますが、躊躇してしまいます。

いろいろ考えてばかりです。

「いきいき福祉センター」の若年認知症コーディネイターの方に電話相談しました。
一緒に考えてケアマネさんとも連絡をとってくださるそうです。

この記事へのコメント

franze
2013年10月29日 21:11
ららさん、こんばんは!
私も入院前、主人の徘徊+迷惑行為に、当時の精神科医にどうすればよいのかと電話で相談したのですが、、、
「それは奥様が止めて頂かないと、、、」
それが出来ないから相談してるんですけど!

県や市の福祉にも相談しました。
「入院費が無いなら、在宅介護されればよい。」と。

では、この裁判官に、毎日傍で監視でもしていただきましょう。
家族の責任にも限度があると思いますが、、、。
実際してみてくださいよって感じですよね、、、。
2013年10月30日 15:26
franzeさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
ご主人もそうでしたね。
迷惑行為も本人には目的や理由があるのですよね。
ご主人、若いからか早かったですね。

どうすることもできませんでしたね。

夫は今日も朝から「ひとりで行く」と自転車で散歩に出かけ「左の方へずーっと行って来た。」とお昼に戻ってきました。
無事で安心するのですが、周囲に迷惑をかけていると思います。
Y
2013年10月30日 20:14
この問題はひとごとではありませんね。
私も同じ病気のご主人をもつ方からのお電話で知りました。

私は丁度「病の語り」の事務局に「認知症の人を物理的に外へ出られないようにする特殊な鍵」のことをお知らせしたところでした(まだアップされていませんが)。

勝手に出て行ってしまう人に同行するのは大変な苦労です。体を壊した奥さん(やむを得ずご主人を入院させるしかありませんでした:ご主人は逝去)、奥さんが骨折してしまいご主人一人で出かけるようになったものの列車事故で亡くなった方(今回の方ではありません)等々、短時間でも本人を外へ出られなくする手段があれば、じっくり考える余裕も出てくるのです。

私は昨年散歩に同行していた間は、戻ってもトイレに行くだけで、また出発・・・で、介護施設に問い合わせの電話をする余裕もありませんでした。

一旦出てしまうと、若い男性の歩行は奥さんでは止められず、車で追いかけても、引きとめたり車に乗せることもできません。・・・あ、詳細は自分のブログに書きますね!
らら
2013年10月30日 22:02
Yさん
そう、ひとごとではないのです。
ずっと、頭に引っかかっています。

Yさんはずっと同行なさっていたのですよね。

夫の「迷惑」もだんだん増えて
どうしたものかと考えてしまいます。

Yさんのご主人が通っているようなデイがあるといいのですが、残念ながら近くにはありません。

何とか、安心して楽しく暮らしたい、と思います。

判決は不満です。控訴審を期待したいです。
シリウス1991
2013年10月31日 00:36
なんか 考えさせられる事件ですね
介護家族としては じゃあ どうしろっていうの!って 言いたい
でも JRに非があるかというと そうではないので JRが蒙った損害は どうするのか・・・
税金を 払うということは
そういうとき が 起こらないようにするためな 気がします
線路に入ってしまう人が 拘束されないで 生きていける環境を作ることはできないのでしょうか。。。。
なんだか 涙
らら
2013年10月31日 11:34
シリウス1991さん
JRでは損害を請求するのが基本らしいです。
保険とかで支払われるのでしょうか。
それが当たり前、と済んでいるのかしら。
私も保険を確認してしまいました。
でも、払ってしまったら記事にもならないですね。
もっと、社会全体の問題だと思うのです。
「拘束されないで生きていける環境」
現実は厳しいですね。
なんとか、がんばって生きていきましょう。

この記事へのトラックバック

  • 304.徘徊事故 家族に責任なし

    Excerpt: 愛知県で2007年、認知症で徘徊中の男性(91歳)が列車にはねられ死亡した事故をめぐり、JR東海が家族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で最高裁は 介護する家族に賠償責任があるかは総合的.. Weblog: 一歩前進 ~意味性認知症の夫と~ racked: 2016-03-03 01:17