194.病院の家族会、その後ドライブ

3月28日(土)
現在入院中の精神病院認知症治療病棟の家族会がありました。
病院側はPSW、OT、看護師長、リーダー、看護師の6名。
家族は4人、3組でした。
日頃の様子など詳しく教えていただけるので有り難いと思います。
まだ入院したばかりの方のご家族とお話することもできました。

家族会の後、ホールへ行くと面会の方が大勢いらっしゃいました。
夫は、その中に嬉しそうに近寄っていました。
もう自分の家族と思っているかのようです。

すぐに外出することにしました。
食べ物を欲しがっているのはわかりましたが、
食べ始めると時間もかかりますし、他の面会の方に迷惑です。
「車で行こう。」ということばは通じません。
「右へ行くよ。」もダメでした。
車の写真も「うん、うん」といって動きません。
「行くよ。」と両手を持ち上げて体重移動して、動かしました。
こうすると動いてくれる事はわかっています。
ちょっとした力なのですが、私の腰に負担がかかるようです。
でも、それで動いてくれるのです。
すぐ、出口へ向かってドアを開けていただきました。
いつものことなので、外出届は後回しでOKです。

「ははは、良い所だ!」と途端に大喜びで夫は笑います。
ケースに展示された物を見て「これ、食べる物?」
靴箱の中も「これ、食べる物?」と聞きます。
「ハハハ」と嬉しそうです。

私が急いで靴に履き替えると、もう外へ向かって歩きます。
なんと、早い。
「右?左?」と車を探します。
「ああ、左、これ?」と番号を確かめますが同じような色形の車なら乗ろうとします。

シートベルトは自分でしました。
うっかり、ドアロックを忘れて、途中でドアを開けられてしまいました。
開くかどうか、開けてみただけのようですが、しっかり閉めてくれないので困ります。
赤信号で急いで閉めました。
もう、こんなことではびっくりもせず、怒りもしません。
「あ~らら、開けちゃったの?閉めてね。」と言っても通じません。
「何やってるのよぉ!」と怒っても無駄です。
ひたすら、次の赤信号、停める場所を考えるだけです。

「青だ!青だ!」と信号が青になると喜びます。
赤は「青じゃない。」といいました。

少し時間がありましたので、行って見たいと思っていたHH病院まで行って見ました。
住宅街の中にあって、山道ではありませんが距離はありました。
綺麗な建物でした。
ここまで通えるかな~と思いながら戻りました。
同じ距離でも、山へ向かう方が今は楽なような気がします。
慣れるのかもしれません。

車を停めて、コンビニへ。
「あなただけ行くの?あ、ちょうだいよ。」とパンを持たせるとご機嫌で待っています。

いつも、コンビニでトイレを借りて、パンなどを買って戻ります。
車の外へ出たがることはなくなりました。

病院へ戻っても、すぐに降りようとしません。
病院が嫌なのではなく、そこがどこなのかも、もうわからないようです。
ただ、来た記憶はあるようです。
「そこ、右」といいます。

手を差し伸べると「あ、そう」とばかりに降りてくれました。

病棟前のインターホンは「通知して」といってドアの前で待っていました。

嫌がることもなく、中へ入りやっと日常に戻った感じでした。
おむつ交換をしていなかったので、すぐに案内されましたが
抵抗なくできたようです。

戻って来て、夕食の時間も近かったので、いつもの席に連れて行きました。

外出届を書いて「帰るね。」といっても平気だったようです。

この頃は夕食の配膳後は帰るタイミングが難しいので、直前に帰る事が多くなりました。

「もうすぐ、ここにご飯が来るからね。」
と、テーブルを見せるとわかるようです。

「はい、はい、早く行ってください。」ということもあります。
私が帰るとご飯が来る、ということらしいです。


後追いされるより、ずっと気が楽です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Y
2015年03月30日 22:19
病院に家族会があるのはどこの病院でも普通のことなのでしょうか。
うちも病院に入る時は、家族会のある病院を選びたいと思います。

外出時の様子、楽しそうです(車のドア、開閉はちょっと怖いですが)。

ららさんと同じような行動をとってくれる介助士さんがいたら、どんなに助かるでしょう。
らら
2015年03月31日 20:06
他の精神科病棟でも同じ日に家族会がありました。
毎月開催されています。
認知症病棟に入院してから、毎回出席していますが、毎回参加家族が少ないのが残念です。
とても有意義な時間だと思います。
毎回アンケートに、感謝の気持ちとずっと続けて欲しいという要望を書いています。

入院したばかりの家族の方が、ずっと面会コーナーにいらして帰る時一緒になって立ち話をしました。
食事制限があって食べたがっても食べさせてあげられない、と聞きました。
面会コーナーでいつも食べている夫を見ていたようです。
「食べられるのですね。」といわれ、申し訳ない気持ちになりました。
お話をいろいろ聞かせていただきました。
まだ初期なので認めることができないのだそうです。

今回は、面会コーナーに座らず、すぐ外出しました。
とても嬉しそうに、ことばも出ます。
車のドア、うっかり閉め忘れです。
開くかどうか確認されてしまいました。
しっかり閉めてくれないので困ります。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック