225.久しぶりの外出

8月21日(金)
久しぶりにお兄さん夫婦と外出しました。
外出は、いつもしているのですが、今年の夏は暑かったので
ずっと車に乗ってドライブするだけで、外に出ませんでした。
病院の敷地の外を歩いたのは久しぶりです。

お兄さんは「車に乗ってくれないのでは?」と心配していましたが、
「今日はこの車よ。」と誘導すると嬉しそうに助手席に乗りました。
「ああ、これねぇ。ははは」とご機嫌でした。

久しぶりに、以前から通っていた澤の井ガーデンへ行きました。

私ひとりでは坂道を歩かせ、お蕎麦を注文して食べさせて、
という自信が持てなかったのでサポーターがいると安心です。

食券の販売機でお兄さんが買ってくださったので、私が素通りすると
とても気にしていました。
食券を買ってカウンターへ行って受け取るという過程を覚えていたようです。

「座って待っていようね。」
と座らせても落ち着きませんでした。
それでも、お蕎麦が来ると嬉しそうでした。

「これは熱い」
という言葉も出ました。
ほんとうにアツアツのお蕎麦でした。
お蕎麦をどんぶりからテーブルに出して冷まそうとするので
コップで受けて食べさせていると、お兄さんが子ども用のお茶碗を借りてきてくださいました。
こぼしながらも左手でお箸を使ってお蕎麦を全部食べました。
夫は左利き。お箸とペンは右手に矯正されたのでどちらも使えます。
得意なのは左手のようです。

食べ終わると指差して「帰ろう」という素振り。
「まだ食べてるから待っていて」ということばはわからなくても待っていました。

お店の前を通ると、また指をさします。
いつも私が野菜やお豆腐を買うので「行かない?」という感じ。
「今日はいい。行かない。」
まるで手話か読心術みたい。
だいたいわかります。

いつも入っていたトイレの前で立ち止まったので
「どうぞ、行ってみる?」
男性用なので手を離して行かせると入り口まで行って戻ってきました。


雨上がりで川には、もやがかかって幻想的な風景でした。
怖がって渡れなくなっていた橋を今回は渡りました。
どこへ行きたいのか自分でもわからなくなっているようでした。
どんどん歩き出してしまいました。
画像

橋を渡って急な坂も登ろうとしたので、あわてて手を繋いで引き返しました。
帰りが大変だと思ったからです。

お兄さんが写真を撮って送ってくださいました。
表情が険しくて、やっぱり怖かったんだなぁ~と思いました。

遊歩道は、ほんの少し歩いて引き返しました。

久しぶりに歩きました。

もう少しドライブは続きましたが、山の方は雨が激しくなって途中から引き返しました。

楽しい外出でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Y
2015年08月24日 21:03
ららさん
ご主人と、皆さんとで外出。
素晴らしいです!

何度も足を運んだ思い出の場所ですね。
昨年の秋、あのあたりに母や主人、娘とドライブに行き、看板を見て、ああ、ららさん達はここにいらしたのだなあ・・と思ったことでした。

我が家では、とてもとても無理です。あの時もうちは
渓谷の紅葉を見ながら、あずまやでおにぎりを食べてお茶を飲むので精一杯でした。二人で主人を挟んで座らないと、主人が立ち上がって遠くへ行ってしまうので。
御蕎麦が食べられるなんて、夢のよう。

注文のプロセスもしっかり覚えているのですね。
「熱い」という意思の伝わる言葉を聴くのは嬉しいことですね。

そして言葉では出なくても、こちらの問いかけにに対して反応を示してくれるのは、もっと感動してしまいますね。ららさんもご主人の意思がしっかり汲み取れて、いいですね!
Y
2015年08月24日 21:06
ららさん
今、ノートパソコンを膝に乗せて、隣で「おなかすいてるからごはんとおかず早く持ってきてよ」とずっと言い続けている主人に生返事をしながらコメントを書いていたら、手が滑って、途中で送信されてしまいました~~。

続き・・・・・
まだまだ行けそうですね、渓谷へのドライブ。
紅葉の季節を目標に!

私も猛暑の中主人とのドライブに行っていませんでしたが、そろそろ涼しくなってきたので、ちょっと行っておこうかなと思います。まとまりなく書き綴りました、ごめんなさい。
2015年08月24日 21:37
ららさん、
お兄さん夫婦のサポートで楽しく、安心に外出できてよかったですね。
やっぱりお兄さんは頼もしい。
子供用のお茶碗を借りてきてくださる優しさに胸が熱くなりました。
そして「これは熱い」と言う、状況に合ったご主人の言葉が聞けると嬉しくなりますね。

この写真を見てたら、ららさんの地域に夫が利用しているような小規模多機能型が無いのが残念に思いました。
24時間、365日の切れのないサポートです。
週末だけ自宅に帰る人もおられます。
近くにあればなぁ・・・と思いました。
gotoyan
2015年08月24日 22:43
ららさん
遅ればせながら、お帰りなさい、そして色々進展があるようですね。
ちょっとお出かけしても、ご主人の行動を把握なさっていて、もう以心伝心の感じですね。
不思議ですね~、夫婦って!
想いが通じ合うんですね!
兎に角、感心と言うか、感動!
らら
2015年08月24日 23:25
Yさん
ありがとうございます。
そう、あの場所です。
まだサポートがあれば行かれそうで嬉しくなりました。
ご主人は、また違った大変さがあるようですね。
同じようで違いますね。
ご主人のデイは羨ましいです。
らら
2015年08月24日 23:36
シマウマさん
ほんとうにシマウマさんのご主人が通っているような小規模多機能型があったらいいと思います。
受け入れてくれる施設がないのが残念でなりません。
「探してみたらあるかもしれない」
と以前シマウマさんにアドバイスをいただいたのですが、そもそも小規模多機能型は自治体にたぶん1箇所だけです。
病院探しで頑張った時のように探してみようかと最近また思っています。
夫も落ち着いているので時間と気持ちに余裕ができました。
いくら落ち着いていても病院は病院ですものね。
お金もかかるし、安心していてはいけませんね。
ありがとうございます。
またカフェにお邪魔しますね。
らら
2015年08月24日 23:54
gotoyanさん
ありがとうございます。
ご主人もgotoyanさんもお元気でしょうか。
ブログの更新を楽しみにしています。
夫は入院して落ち着きましたが認知症は進行しています。
それでも「右に行く」と「右」を指差します。
右、左、上、下は言葉も残っています。
東西南北は言わなくなりました。
「ははは」と笑って喜んでくれます。
病院までは車で1時間。
もう少し近くがいいです。
面会回数も週3~4回になってしまいました。
外出の手続きも結構面倒で許可されない時ありました。

外出をもっと楽しみたいと思います。
らら
2015年08月25日 00:23
gotoyanさん
ブログ更新なさっていたのですね。
今拝見させていただきました。
これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック