494.少しずつ・・・・

夫が特養に入所して、生活が変わりました。

動けない、話せない、全面介助だった夫ですが、家に居るか居ないかでは大きく違います。

夫は特養に住所を移しました。

私は世帯主、単独世帯(一人暮らし)になりました。

ゴミの量が大きく違います。
大きな重たいゴミ袋を出す必要がなくなりました。
燃えないゴミの回収日に、毎回「少ない!」と思います。

夫の着替えや口腔ケアや、皮膚のこと等、細かいことが気になって、毎日のように通っています。
夫にそれ程の変化もなく、夫の顔を見ると安心します。

「前頭側頭葉変性症つくしの会」の定例会の日は、時間を気にせず帰ることができました。

久しぶりに、友人と日帰り温泉にも行きました。
夫が居ても、デイに行っていたので行かれないこともなかったのですが
「やっと行かれた」という感じになりました。
友人もお母さんの看護があったので、同じでした。


遠くから何年ぶりかで、私の学生時代の友人も訪ねてきてくれました。


面会に行かない日もあります。

少しずつ、少しずつ、体も楽になっている気がします。
面会に行くと、車椅子への移乗は私ひとりでもできますが、スタッフがトイレに連れて行ってくれるので、排泄はお任せしています。



旅行の計画を進めています。

5月には、シマウマカフェを目指します。

その前に、スキーと雪見露天風呂の旅。

6月末から7月に、母とスイスへ・・・・・・。

少しずつ、少しずつ進めています。
日程を決めて、宿を決めて、フライトを決めて・・・。
楽しみになってきました。


「その頃までには安心していただきたい。」と相談員さんに言われています。
私が「安心できなくて毎日通っている」と言うからです。


少しずつ、少しずつ 一歩前進です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Y
2018年03月17日 00:04
ららさん
私も主人が特養に入ってから、ごみと洗濯物が圧倒的に減りました。
45リットル入りのゴミ袋を1回に三つくらい出していました。

選択も特養で全てやって貰えます。
家にいた時は、ズボンもトレーナーもびっしょり。
下着もズボン下も。

送迎に向けての段取りあれこれ。
食事の支度。
毎月のデイの利用計画、お泊まりの申し込み。

今はそういうことから解放されました。
お風呂にも入れるようになりました。
朝まで通して寝られるようになりました。

これが普通の生活なのだと、だんだん馴染んでくるようになりました。

やはり毎日通ってしまいますよね。
少しずつ、調子を整えて、これからのことを考えていきたいですね。

音楽ばかりやってきましたが、ずっと封印してきた「絵」を始めようかと思っています。
Y
2018年03月17日 00:05
追伸 
スイス旅行、素敵ですね。
まだまだお母様も行かれそうですね。
実現してください。
らら
2018年03月17日 10:47
Yさん

手や腰が痛くなって、もうギリギリだったと思います。
お陰様で体が回復すると、特養に行ってベッドから車椅子への移乗させ、夫の好きな「散歩」ができるようになりました。

夫の特養は、ユニットがほとんどで、併設のデイ等もなく単独なので、とても静かです。

公園が、目の前にあって、大きな桜の木もあります。

スタッフが「桜の名所ですよ。」と教えてくれます。
「お花見が楽しみです。」とお話します。

40年も前から通った思い出も多い公園です。

特養ができる前の建物の事も知っています。

今は、新鮮な気持ちでお花見を待っています。

なかなか生活に慣れませんが、少しずつ、です。
旅行も思い切っていくことにして計画を楽しんでいます。

この記事へのトラックバック