526. 音楽療法 ドライブ ETC割引更新

毎週火曜日は午前中に音楽療法があります。
時間に合わせて夫の所へ行くと、まだベッドで気持ち良さそうに寝ていました。

「おはよう!」と声をかけて起こしていると、男性スタッフが来て「そろそろ起きましょうか」とベッドから体を起こしてくれました。
「この時間、眠いみたいですね。家でもそうでした。夜も良く寝ているからいいですけど」と話すと「夜、あまり寝てないです。」とさらりと静かに言うのでびっくり。
「あら、寝てないの?じゃ、昼は起こしておいた方がいいですね。」と話しました。
一日生活を特養のリズムで上手く過ごしていると思っていたので、「夜、3時間くらい」と聞いてびっくりです。
さらりと普通に仰るので、そんなに困ったことでもないのか、たまたまなのか、ほんとなのか?

だからといって、どうすることもできないけど、少し気になってしまいました。

眠りが浅いのかもしれません。
たまたま見回りの時、ぱっちり目が開いていたとか?

深く追及せず、起こして車椅子に乗せてもらって、音楽療法をしている隣のユニットへ行きました。

2つのユニット合同で「音楽療法」です。
電子ピアノの伴奏に合わせて、順番にマイクを持って歌っていました。

夫は、先生の動きを目で追っていました。
何の曲か忘れてしまいましたが、夫が反応して笑うように顔をくずした曲が何曲かありました。
あまり知らない古い曲等はつまらなそうにしているので、わかっているのかもしれません。
私は、夫の右手が硬くなってきたのが気になるので、マッサージをしたり、手の指を広げさせたり、と夫の横に座っていろいろ触れながら歌を楽しませていただきました。

終わる頃には、お昼になるので、ユニットに戻って、スタッフに断ってから散歩に出ました。
看護師さんにもちょうど会って「1時に帰って来ますが遅れるかもしれません」とお話すると「うん、いいよ、いいよ。」と言っていただき安心して出かけられました。
お昼の「胃ろう」の注入時間が1時頃なのです。

久しぶりに夫を車に乗せたい、と急に思いついて実行しました。
暑い夏は、とても車に乗せられませんでしたが、気候も良くなって気分転換にドライブです。

車椅子のまま乗せられるのですが、あまりにも久しぶりなので、乗せ方に手間取ってしまいました。
「遅れてもいい」といっても、やっぱり胃ろうの時間は気になります。

どこへ行こうかと迷って、車を走らせていると、時間もどんどん過ぎてしまいました。

次は、しっかり外出計画を立てて、胃ろう時間の調整や排泄の事も考えたいと思います。

夫は車に乗っているのが好きでしたが、どうだったでしょうか。
今回は無理をしないで、少しのドライブで良かったのかもしれません。
ずっと口に入れていたタオルは、びちょびちょになっていました。


「ただいまぁ」とユニットへ戻ると
「トイレ行きましょう!」とすぐトイレでした。

男性スタッフ二人で連れて行ってくれました。

唾液でシャツも濡らしたので、着替えもさせてくださっていました。


お部屋で待っていると、まぁ不機嫌な顔の夫が戻って来ました。
「なんて顔しているの。眉間にシワ寄せてぇ」
と言うと
「今、お通じが少しあったので、まだ残っているのかもしれません」
とのこと。

夫は、どうもトイレに座らせられるのが不満らしい。
「なんてことするんだよぉ」というように男性スタッフをガン見。
異動になって来たばかりのその男性スタッフを、ちょっと見下すような態度?
「やめてよ。ありがとうございます、でしょ?」
スタッフが笑いながら夫をベッドに寝かせてくださると、やっと夫も穏やかな顔になりました。

支えて立つのがやっとの夫を毎日トイレに連れて行き、便器に座らせてくださっていることに、とても感謝しています。
夫には、少し辛いリハビリになっているのかもしれません。

ベッドに寝かせてもらって安心したようです。

私も安心しました。



特養面会の帰りに、「障害福祉課」に寄りました。

「有料道路ETC障害者割引」の更新手続きのためです。

夫は、身体障害1種2級です。
そのため、本人の運転以外に介護者の運転で利用できる割引があります。

有料道路の料金が半額なります。

身体障害者手帳を取得した時「高速道路に乗るかもしれない」と手続きしました。
多くのクレジットカードを解約した中、奇跡的に、1枚のクレジットカードとETCカードが夫名義で残っていて無事手続きできました。

「2回目の誕生日まで」という有効期限があって2ヶ月前から更新手続きができる、と通知がきました。

必要な物、車検証、ETCカード、手帳、私の免許証等を持って窓口へ行き、申請書をいただき記入しました。

窓口で、確認して、手帳にスタンプを押してもらいました。

申請書にも役所のスタンプを押して貰い、封筒に入れて貰ったら、切手を貼って投函するだけです。

簡単でした!

でも、
簡単な手続きで良かったけれど、「使うかな?」と思ってしまいました。


夫を乗せて高速道路を走る時は半額になります。


精神障害でも割引にして欲しかったです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

アワキビ
2018年10月11日 23:23
ららさんのご主人の特養では、排泄や入浴介助は同性がやるようにしているのかしら? 同性介助が理想と言われながらも、なかなか人手が揃わなくて、異性介助になってしまわざるを得ないのが現実だったりしますが・・・
ご主人からしたら、同性の男性二人に無理矢理(と感じるのでしょう)狭いところに押し込められて、ひどいことをされているって感じてしまうのかもしれませんねぇ。
でも、オムツにするのではなくて、トイレに連れて行くというところが素晴らしいです。時間的には短いかもしれませんが、毎日のことです。自分の足で立つ時間が持てますものね。
音楽も、知っている曲によく反応されて・・・。
心がよく動いているのですね。
らら
2018年10月11日 23:48
アワキビさん
ありがとうございます。
夫の特養では、入浴も排泄も特に同性という事もないようです。
夫は、女性の方がいいと思っている、と思います。
若い女性に、優しく声をかけられながら、と男性にテキパキとやられる違いを想像してしまいました。
しかも、この男性スタッフが、どうも気に入らないみたいで「わかるの?」と可笑しくなってしまいました。
トイレに連れて行っていただけて、ほんとうに嬉しいのですが、夫は嫌みたいです。
ほんと、毎日の事、 私は有り難いと思っています。
Y
2018年10月13日 21:31
ららさん
車で連れ出せるのですね。すごいです。
私は車椅子で外へ出るのが精一杯です。
夏は暑くてとても出る気になれなかったので、
気候のいい今こそチャンスだと、隙あらば連れ出します。

ご主人も表情を変えるのですね。
うちも、何かの拍子に全く違う表情に切り替わります。
「どうしたの、どうしたの~~~?」と思わず訊いてしまうような渋い顔だったり酸っぱそうな顔だったり。

脳と神経の繋がりのなせるワザでしょうか。

いろいろあっても毎日がちゃんと回っていることに感謝ですね。
みんと
2018年10月14日 00:01
今晩は、お久し振りです。ご主人様の様子を読ませて頂いて、主人も似たような事ありました。男性に介護されるより、女性が良かったみたいです。若い女性スタッフさんに名前を呼ばれるとちゃんと顔を向けました。男性だと目だけ追うか知らんぷりでした。主人も施設や入院中 昼夜逆転生活のようで 夜の巡回の時 目を開けていると言われてました。一人で動く事も出来なければ 人が居なければ 自然と目を瞑って寝てしまう・・・。なので 出来るだけ側に居て 指相撲やらじゃんけん、あっち向いてホイって よくやりました。それと 施設の時には 主人に「ここに私が寝てもいい?」とベットの主人の横をポンポンと叩くと頷くので 介護ベットに一緒に寝てました。麻痺してる左手でしたが繋ぎ 顔を見てると 言葉はありませんが、じっと私を見てました。ぬくもりが主人にとって安心なのでしょう その時は頑張って起きていてくれました。スタッフさんも「仲がいいんですね」と見逃してくれてました。主人は 人混みが嫌だったらしく 車椅子で食堂にいても私が行くと必ず 部屋に帰るか散歩でした。今 考えるとそれが主人の私に対してのSOSだったと思います。今だから言えますが、恥を捨てて 一緒に寝れて良かった。おでこや頬っぺたに数十年ぶりに チューしてあげて良かった。(孫には いつもベタベタしたり チューしてる)他人だった夫が 一番必要な人だったんだと今更 考えたりしてます。ドライブに行けて 良かったですね。日々 寒くなって行きますので、風邪に気をつけてお過ごし下さいm(__)m
らら
2018年10月14日 10:36
Yさん
今年の夏は暑かったですね。
涼しくなったらドライブへ、と思っていましたが、なかなか実行できません。
お昼の胃ろう時間もありますので、次回は計画して、調整していただいてから行こうと思っています。
Yさんも、連れ出しているのですね。
以前のようにドライブも喜ばなくなっているかもしれません。車椅子だと後ろの席ですし、夫の表情が読めません。
ゆっくりと近くの公園を散歩する方が良いかもしれません。

表情、ですね~。
「奥さんが来ると違いますね」とスタッフに言われるのは、お世辞かと思っていましたが、毎日夫を見ている人には僅かな表情の違いがわかるのかもしれませんね。

眉間にシワは、夫の精一杯の抗議みたい。
読み取るようにしています。
スタッフも丁寧に言葉がけをしながらお世話をしてくださっているので有り難いです。
らら
2018年10月14日 11:21
みんとさん

お久しぶりです。
ブログ読んでいただいて、コメントもいただきありがとうございます。

思い出される事も多いのでしょうね。

今はお孫さんに愛情を注がれていらっしゃるのですね。
お元気そうで良かったです。🎵
これからだんだん寒くなって、富士山も綺麗に見える季節になりますね。

富士山の見える温泉に行きたいです。

この記事へのトラックバック