529.もの忘れと認知症

最近、もの忘れが多くなったと自覚しています。

先日、出かけようとして、車に乗ってから携帯電話を忘れたことに気がつきました。
そこまでは、誰にでもあることかもしれません。

車のエンジンを止めて、カバンから家の鍵を出して、もう1度鍵を開けなければなりません。
靴も脱がなくてはなりません。
夫が忘れ物を取りに土足で家に入った事を思い出しました。
靴を脱ぐのも履くのも面倒!

と思いながら、家に入って携帯電話電話を手に持ちました。

「あれ? 鍵がない」
持っているはずの鍵がないのです。

無意識に置いてしまうこともあるかもしれません。

でも、置いた場所を思い出せないのです。

どうしても、鍵が出て来なくて、置いた記憶もなくて、「私もいよいよ記憶障害か」と焦ってしまいました。

「車の中?鍵は?かけなかった?」

と、玄関に戻ると、なんと鍵穴に鍵が入ったままでした。

全然、その記憶がありませんでした。

鍵はあったのですから、もの忘れもまだ軽度なのかもしれません。

人の名前もすぐ出て来なくなりました。

加齢による能力の自然な衰えなのか、ストレスによるものなのか、アルコールのためなのか?

こうして、少しずつ、じわりじわりと、長い時間をかけて脳の萎縮は進んで行くのかもしれません。

私も来年65歳になります。

軽度認知障害か認知症予備軍であっても若年性認知症とは違います。

じわじわと進んで高齢になって受診して診断される「認知症」と若年発症の「若年性認知症」は病気の深刻さが大きく違うように思います。
「難病」だと思います。
予防できないと思います。


でも、じわじわと進む脳の老化は防ぎたい!
自分の「もの忘れ」が気になると、高齢者の認知症予防の話に関心が集まるのもわかるようになってきました。

認知症になるのが、まるで悪いことのように認知症予防にばかり力をいれるより、認知症になっても安心して暮らせる社会になって欲しいと思っていることに変わりはありません。

でも、「あれ?ほんとに認知症予備軍?」かと思うと「予防」も必要かと思うようになりました。
「予防」しようと思ってもできませんが、普通に健康には気をつけたいと思います。

社会との繫がりを持って、楽しく暮らすため、今日は友人とランチをしました。

夫の所へ行くと、便が出ていないというのでお腹のマッサージをしました。
すぐに効果があったのか、出る気配があったのでトイレへ連れて行き、スタッフに手伝ってもらって座らせました。
「このごろ立位が不安定になっています」とのこと。
「しっかり立ってぇ」と立たせ、便器に座らせました。

便が出るまで付き合って、いろいろ介助したからか、夫はちょっと不機嫌でこの後私の顔を見ようとしませんでした