一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 554.車椅子の変更&右手のリハビリ

<<   作成日時 : 2019/02/22 17:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

パソコンを開く事が減って、タブレットでブログも書いています。
少しの時間で、少し書いて保存していなかったり、一瞬の操作でどこかに消えたり、で、便利なはずなのに使いこなせていません。

夫は、変わりなく元気です。

面会制限は続いています。

面会に行くと
「エレベーターホールでお待ちください」
と、スタッフがユニットから車椅子の夫を連れてきてくれます。
忙しい時間や、たぶんベッドかな?と思う時間は、申し訳ない気持ちになります。

でも、面会に行くと寝ていても車椅子に乗せて連れてきてくださるので、申し訳ないと恐縮しながらも、夫のリハビリにもなって良いのではないかと思います。


車椅子が変わりました。
なかなか夫に合う車椅子がなくて、調整していただいていました。
いろいろクッションなどで工夫もしていたのですが、座っているとズルズルと足が伸びて落ちそうになっていて座り直しが必要でした。

そろそろリクライニング式の車椅子が必要かとOTさんとお話していました。

首が固くなっているので楽な姿勢にさせてあげたいとも思っていました。

楽かどうかはわかりませんが、リクライニング式の車椅子に変更なりました。

抜歯の時も、少し倒して使えたので便利でした。


角度が動かせるので、足を少し高くすると、ズルズル前へ足を出さないようです。

でも、足を自分で降ろそうとしたり、体を動かすのは、「立ちたい」とか「動きたい」とか理由があるようです。



左手は、タオルを握って、口に入れたり痒い所を掻くなど動きます。

右手が固くなっているのが気になって、いつもマッサージをしたり動かすようにしています。

自分ではぎゅっと握ったままで開こうとしない手の指を、開かせると開きます。
握ってしまうと離そうとしません。
「強制把握」という症状のようです。
脳からの指令が上手く伝わらないようです。

シマウマさんのブログを参考に、この把握反射のリハビリを試して見ました。
握った手をスッと弛めて離す、握って、離す。
不思議です。
手を強く握らなくなりました。

首、肩、腕のマッサージもしました。

右手は自分で動かそうとしませんが硬くならないよう、動かそうと思います。

夫の特養では、OTさんが1人です。
個別のリハビリの時間は限られています。
残念ですが、訪問マッサージも受け入れられていません。


夫は穏やかにしています。

私のマッサージやリハビリの真似事は、夫には迷惑なのか、ちょっと不満そうな顔になります。

ベッドに寝かせると安心したような顔を見せると思います。

面会制限が早く解除なって欲しいです。



特養に入所して、1年が過ぎました。
早かったような、もうずっと居るような気もします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
主人の入院中は、ずるずる滑り落ちないようにスタッフさん手作りのねんねこのような物を使って固定していました。
キルティングの綿の素材で、車椅子の背中の所でぎゅっと結ぶ、という原始的な構造ですが、とても使い勝手の良いものでした。

特養ではそれを使うと『拘束』になり、使えないのだそうです。「家族がする分にはいい」とケアマネさんに言われたような気もします。

今主人はずるずる滑ることはなくなりました。
リクライニングなので、私が背中の角度を変えています。

マッサージは私もあれこれやっています。
主治医の先生から言われたことは、前頭側頭葉の病気からくる拘縮は、『動かさないためにさび付く』という拘縮ではなく、脳の仕組みでそうなるのだということ。
一昨年さかんに動いていた左の手足は今はじっとしています。

一昨年倒れたあとに発見した、手を刺激すると体の他の部分が反応するという不思議なボタンも時々押しています。
眉間を指でこちょこちょすると右の手が動いたり首が動いたりするのです。そういう実験をしながらマッサージをしています。

別世界のような温室に入れてもらって、ありがたい限りです。
Y
2019/02/23 10:33
Yさん
ご主人も夫と同じような状態でしょうか。
「脳の仕組みでそうなる」って、解ります。
動かなくなっているのではなく、動かそうとする脳の指令が伝わらないのでしょうね。

今は、車椅子での面会なので、していませんが、足の指先を刺激すると足が動いたりしますね。
動かさないで何もしないと拘縮は進んでしまうように思いますので、少しでも動かした方がいいですね。
スタッフのやってくださるトイレに座らせる、という動作だけでも有難いです。

車椅子でズルズル滑ると、その都度座り直させてくださっていました。

リクライニングの車椅子になって、落ち着いているように見えます。
ちょっと重度のように見えますが、その通りですものね。
楽な方がいいですね。

Yさんのご主人は、首、右手が動くのですね。
夫は、首が固くなってしまいました。
やっぱりPSPかな?と思う症状が出ています。

穏やかな毎日には、感謝です。
有難いです。
らら
2019/02/23 10:59
ららさん、
ご主人、特養に入所されて1年が過ぎましたか…
1年なんてあっという間ですね。

リクライニング式の車椅子は快適ですか?
ズルズル〜がないと安心できますね。
義父が入院当初、リクライニング式の車椅子を使っていたそうで、これは大きくて自分の車に入らないから、小さいのに変えてもらえ!と義母に言ったそうです😲
半身麻痺なのに、自分で運転して帰れると思ったみたい😩やれやれです。

ご主人も強制把握ですか。
夫は最近どんどん握る力が強くなってきました😲
掴んだらなかなか離してくれなくてタコみたいです(笑)
明日またPTさんに見てもらいます。
シマウマ
2019/02/25 23:36
シマウマさん
ほんと、1年なんてあっという間です。
穏やかな1年に感謝です。

リクライニング式の車椅子、そうですね、まだ車に乗せていません。
たぶん大丈夫だと思います。
もうとっくにリクライニング式なっても良かったのかもしれませんが、快適なようにも見えるし、なんだか重度になってしまった感じもします。
とっくに重度ですけどね。

強制把握、興味深い症状です。
PTさんに見て貰えるのですね。
リハビリ、また教えてくださいね。
らら
2019/02/25 23:57
毎回毎回何度も読み直し、理解しています。
30年8月27日、包括センター、警察のお世話になり、主人が入院
もう6か月ですね。若いころから鬱ぽく、年取るごとに年々ひどくなり、よく話に聞く「お金を取った」と言われたり妄想がひどくなったのが6月ごろからでした。
病院に行きたがらず行くときは死ぬ時と言って頑なに家に閉じこもり、とうとう他人の手を借りての病院、即入院、私も何もわからず、先生からも簡単に「認知症」との診断で、誰に相談しょうもなく、ブログで「一歩前進」さんと「シマウマさん」のブログであるある探しをしてます。今現在、最初は首が前に垂れ下がり、誤嚥性肺炎、薬を些少軽くしますで首の垂れ下がりがある程度落ち着きましたが、次は側弯、次は腰だけが前につきでで、今は全身右に傾いてます。
先生に「薬のせい?」と聞いたけど生活習慣?と言われ今日のブログを拝見さしていただき、脳がさしてる?雨とか曇りの日はお話も意味不明です。もちろん首も硬くなってます。
ブログを読ませていただき、自分の心を落ち着かせ・・・不安がいっぱいです。何かしらあなた方のブログで救われてる私がいるのを知ってほしくコメントしました。
主人は68歳です「前頭側頭型認知症」と診断されました。
テツちゃんだワン
2019/02/26 18:11
今晩は、入所一年、穏やかに過ごせていられるのですね。面会制限があるのでは 気を使ってしまいますね。ご主人様にマッサージして 少しでも良くなっていてほしい気持ちもわかります。私は 先日、やっと3時間以上かけて 主人の書類や葉書等シュレッダーかけて捨てました。ゴミ袋1つ半ありました。そして、今 迷っているのが、主人日記。読み返せば悲しくなるし捨てるのも勇気がいる。迷っています。早く面会制限が解除になるといいですね
みんと
2019/02/26 20:31
テツちゃんだワンさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
私のブログが少しでもお役に立てるのでしたら嬉しいです。

と、テツちゃんだワンさんのコメントを何度も読み返し、コメントを書いて、一瞬で消えてしまう、というヘマをしてしまい、遅くなってすみません😢⤵⤵
ご主人は、68歳。
8月に入院して「前頭側頭型認知症」と診断されたのですね。

体の傾きがあるのですね。
心配ですよね。
夫が最初に入院した精神病院の先生は、薬の副作用で体が傾斜する事も症例を示して教えてくれました。
体の状態もひとりひとり違いますし、薬は対処療法として一時的に行動を抑えるために必要な場合もあるかと思います。
行動が落ち着いて、穏やかに暮らせるといいですね。
相談できる方、お話聞いてもらえる方はいらっしゃらないのですか?
ひとりで悩みを抱え込まないでくださいね。
仲間がいますよ。
メッセージいただけますか?
らら
2019/02/28 22:37
みんとさん
スゴイ‼️3時間もかけて書類処分をしたのですね。
迷って捨てられないですよね。
夫は身の回りの物を自分の部屋にきちんと整理していました。
なかなか手がつけられません。
そうもいっていられないですね。

実家の私の亡くなった父の部屋もそのままなんですよ。
実家に行くと本だらけのその部屋に泊まっています。

夫の特養、面会制限がまだ長引いています。
スタッフが大変そうです。
らら
2019/02/28 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
554.車椅子の変更&右手のリハビリ 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる