571. 入院生活2週間目

5月8日(水)
病室に行くと夫は車椅子に座って窓の方を向いていました。
検査は、終わったようです。

隣のベッドでは、先生が診察中でした。
「お名前教えてください。」
「ここはどこかわかりますか?」
聞き覚えのある声です。
偶然にも、神経内科の主治医の先生でした。

ちょうど、カーテンが開いたので目で挨拶を軽くしました。

先生の患者さんが同じ病棟に何人かいるのだと後でお話してくださいました。

エリキュース(血液さらさら薬)の話もできました。
今は、止めている、という話から、私が「今後止めたい」とお話すると
「それも有りですね。」
と、いうお答え。
頭から反対されなかったので安心しました。

前回の重症な肺炎を救っていただいて、胃ろうを勧めてくださった先生です。
「もう2年になります。家に帰って楽しい時間を過ごせて感謝しています。」
というような事をお話すると
「そう言っていただけると嬉しいです。」
と笑顔でした。

たぶん、胃ろうについて悩まれる事もあるのではないかと思います。

良い先生です。
「また、寄りますね」と夫に挨拶されました。
夫は、知らん顔。
「場所が違うとわからないみたいですね」と、さすが先生わかっていらっしゃいます。
「私の顔もわからなくなっています。スタッフだと思っているみたいです。」
と私も笑ってお話できました。

夫の口の中を見ると、少し出血して、痰もありました。

痰の塊を取りながら、良く見ると、
奥歯の方にあった糸がなくスッキリしていました。

抜糸した事がわかりました。

出血の原因がわかって安心。
僅かな出血は、すぐ止まって気にならなくなりました。

車椅子で過ごし、お昼の胃ろう栄養も車椅子のまま入れました。
「プッシュケア」という小さなパックは、簡単でした。



夕方になって、呼吸器内科の先生が見えました。

夫の胸に聴診器を当て
「胸の音は、悪くないです」と仰られました。
血液検査の結果も、それほど悪くないのだそうです。

今後の治療方針は、これから考えるそうです。

熱は、37度5分。

回復に向かっているようにも見えました。


5月9日(木)
面会は、一休み。
「前頭側頭葉変性症つくしの会」の定例会に参加しました。


5月10日(金)

抗生剤の点滴が始まっていました。
「ということは、まだ、あと1週間ですかぁ?」
と、看護師さんに呟くと、「そうですね。その後検査、ですかねぇ」
とにこやかに答えられました。

点滴と口の中を綺麗にするよう指示が出ているそうです。


少し安心しました。






この記事へのコメント

Y
2019年05月10日 21:00
頼もしい先生に出会えてよかったですね。。
私も一昨日主人の所で皆さんとテーブルを囲んで『しりとり』とやっていたら(私は主人の代理)、往診の先生が看護師さんと一緒に主人を診に来てくださって、心強く感じました。

「プッシュケア」とは・・・?と思って調べたら、味の素とネスレの事業で開発・販売されているのですね。
こういう食品も進化していきますね。
『業界最高濃度』のような言葉が出ていました。
らら
2019年05月10日 21:51
Yさん
ご主人は、すっかりお元気なのですね。
往診で診ていただけると安心ですね。
夫の特養は、曜日が決まっていて普段は看護師さんに任せれているように見えます。

「プッシュケア」120gで300キロカロリーにびっくり‼
「食品」となっていましたので「食費」になるのでしょうか?
進化していますね。
簡単に入れられます。
今日は、昼と夜の2回入れさせてもらいました。
水分もたっぷりサービスしてきました。
アワキビ
2019年05月11日 00:27
今日、抗生剤の点滴が始まったのですね。血液検査で肝機能の数値が悪かったので、一時、止めていたのでしたね。熱がまだ続いているからなんですね。
口の中をキレイにするようにという医師からの指示が出て、良かったです。その指示がなかったら、療養病院では口腔ケアをやってくれますが、救急病院の場合は一般に、口腔ケアは看護すべき項目の中に入っていないんじゃないかしら?
それから、抗凝固剤の件、私のブログに少し書きましたので、お時間のある時にお読みいただければ、と。どうぞ慎重に判断されますように。

Yさん、ご主人、口周りにヘルペスができて大変でしたね。熱はヘルペスが原因でしたか? 発熱自体がヘルペスの原因にもなりますよね。今は落ち着かれましたか。
私は5月に入って紫外線が強くなった途端にヘルペスで、昨日皮膚科でバルトレックスを処方してもらいました。外を歩きまわることも少なく、ほとんど室内で過ごしているのに、敏感に反応してヘルペスが出てきてしまいます。昨年もそんな話をしましたね。
らら
2019年05月11日 09:42
アワキビさん
ありがとうございます。
「口腔外科」で入院したのですが、熱が下がらなくて「呼吸器内科」の先生の「誤讌性肺炎の疑い」という診断で9日から抗生剤治療が再開されたそうです。
「抗生剤点滴」と「口腔内を綺麗に」という指示だそうです。
何やら個別包装された口腔ケアグッズが置かれていました。
私が、ずっと口の中をいじっていたので、看護師さんのケアしている姿は見ていませんが、やってくださるそうです。

アワキビさんの「抗凝固薬」の記事、読ませていただきました。
ありがとうございます。

ちょうど、先生の回診があって、「エリキュースを再開して様子を見る」というお話をされたので、「止めたい」という気持ちも神経内科の先生とお話した事も伝えました。
確かに「止める」という指示が出せないのは私にもわかりました。
Y
2019年05月11日 21:03
アワキビさん
バルトレックスという薬の情報ありがとうございました。
飲み薬で、通販で手に入るのですね!
あのムズムズ感は言いようのない不快感があるので、
治療薬があるのは朗報ですね。

主人の口唇ヘルペスには白色ワセリンを塗ってあるようです。
アワキビさん、口唇へルペスは疲れのバロメーターだと思います。
なるべくリラックスして過ごしたいですね。
ららさん、私のブログが更新できず、こちらでごめんなさい💦
らら
2019年05月12日 11:22
Yさん
ブログの更新待っています。
でも、どうぞコメント欄を使ってください。
参考になります。
Y
2019年05月13日 23:28
ららさん、スマホからでも更新できないか試みましたが、できない、と出てきます。残念。
古い手帳にパスワードを書いてあるかも・・・・・。

今日は娘の病院に同行し、車の中で子守をしていました。
後で病院のトイレを使いました。
ここは、大腸がんの精密検査を頼みに行った市立病院でした。じっとしていない主人をやさしく引き留めてくれた中年の女性スタッフさんが受付にいた病院でした。

見回しても、あの頃の主人のような患者さんは一人もひません。

カルテを出して待機させてもらった衝立がまだありました。

「こんな人、もし精密検査を受けて癌が見つかったとしても、どうやって手術しますか。手術のあとだってどうします?」とにべもなく言ったお医者さんの言葉を思い出しました。

何が何でも頑張っていた頃を思い出し、涙がじわっと出てきました。もうあのような戦いは済んだ、という感じです。
らら
2019年05月14日 00:28
Yさん
私もスマホかタブレットを使っています。
パソコンのインターネットがついに使えなくなって不便ですが慣れました。
パソコンと同じアドレスでログインできませんか?
何か良い方法が見つかるといいですね。

病院、もうずっと前だったような、ついこの前だったような、
ほんと、Yさんも頑張っていましたよね。
頑張っていたことにも気がつきませんでしたよね。
お疲れ様でした。
お孫さんのお世話ができて良かったですね。
私も、孫に癒されています。

この記事へのトラックバック