584. チャップリン・ワールドへ

6月15日(土)チャップリン・ワールドを見て、グリンデルワルトへ。

ホテルをチェックアウトして、チャーリー・チャップリンの業績や生涯をたどれるミュージアム「チャップリン・ワールド」へ。

ヴヴェイへの旅行のもうひとつの目的は、チャップリン・ワールドへ行くことでした。
画像

チャップリンが25年間家族と暮らし、終の住みかとなった館。
チャップリンもこの場所に座って、この景色を見ていたのでしょうか。


広い庭を歩くこともできます。
赤い薔薇が綺麗でした。

スタジオでは、映画上映の後、映画のセットの中に入って見学ができます。
エレベーターの位置を昨年教えて貰っていました。

最初にチャップリンの家の庭でのんびりゆっくりしてしまったので、屋内の薄暗いミュージアムは、感動しながらも、息苦しい感じがして、ゆっくりはできませんでした。

チャップリン・ワールドでゆっくりしたい、という目標は達成しました。

満足して、帰りました。

帰りは、とてもスムーズでした。
乗り換えを心配しながらも、来た時と同じ「ゴールデンパスライン」を選択!
レマン湖とブドウ畑の後、スイスらしいのんびりとした景色を楽しみました。

「このコースは、オススメね。」
と母と二人で満足でした。

チャップリン・ワールドは、2016年に開館したばかりです。
父も夫も見たら喜んだと思います。


この記事へのコメント

2019年06月24日 08:23
チャプリンの晩年はスイスでしたね。
いいなぁ!チャプリン・ワールド見たいです。
学生の頃は短編映画もよく見ました。優子さんもチャプリンは大好きだったのでよく一緒に見ました。
別荘のある場所はアルプスの少女ハイジがいるような所なんですか?
らら
2019年06月25日 06:19
のんた2号さんもチャップリン見ましたか。
優子さんもチャップリンがお好きだったのですね。
チャップリン・ワールドは感動、感激して涙が出ますよ。

チャップリンが晩年を過ごした場所は、ヴヴェイという町のレマン湖の見える高台にあります。
フランス語圏です。
上品で、洗練されたイメージで、ハイジのいるような場所と少し違うかもしれません。

私がいるグリンデルワルトは、ハイジがいるような所です。
カウベルの音が聞こえます。
今日はハイキングの途中、チーズ小屋で山のチーズを買って来ました。
空気と景色がご馳走です。
ビールが美味しいです。
Y
2019年06月27日 22:56
旅の目的が一つひとつ果たせてよかったですね。

来られなかった人たち(お父様、ご主人)の分まで楽しんでください。
らら
2019年06月28日 05:50
Yさん
ありがとうございます。

毎日がとても楽しく、素晴らしい山の景色に元気をもらっています。

グリンデルワルトは、父も夫も一緒にハイキングをした所も多く、母と思い出話を少ししています。

楽しい時間は、あっという間で、あと1日になってしまいました。

この記事へのトラックバック