595. 孫と新潟 岩室温泉へ

九州北部では、大変な大雨で被害が出ているようです。
災害のニュースを見ると「FTLDの元気な人は、どうやって避難するのだろう」と考えてしまいます。
「命を守るため最善の策を取ってください」
と呼びかけていますが、在宅で元気な頃が一番難しいかと思います。
「支援」の基準も「災害時に避難できるか」「危険を察知し身を守れるか」が重要なように思います。

さて、
小学生の孫が8月いっぱい夏休みなので、一緒に新潟へ行って来ました。

4歳の3番孫は、直前にキャンセルです。
「迷子札を用意して」と私が娘に言ったことから、
娘が「迷子にならないように」といろいろ話をすると、
何やらDVDで映像を見たシーンを思い出して泣き顔になってしまいました。
「行かない」といい、その後何度確認しても同じでした。

3人連れての道中は、心配でしたので少し楽になりました。


3人で行く為にいろいろ細かい計画を立て、私にしては珍しく指定券も取ってありました。

乗り換えを少なく楽に、と大宮行き「むさしの号」の時刻に合わせ、大宮から乗車です。
大人の休日倶楽部で、私は割引になりますが、販売機で子ども2人同時に購入できないので、3回操作が必要になります。

指定券は、ネット予約でしたので、それを割引料金適応にするためにも窓口へ行かなくてはなりません。

これも、私には珍しく、前日までに駅の窓口で切符を受け取っていました。
平日、駐車料金もカード提示で無料でした。


孫二人は、大喜びでした。


8月24日(土) 午後到着 
母が待っていました。
近所に住む弟がバーベキューをしてくれました。
買い物も一緒に行って、大量のお肉、野菜を用意しました。

弟は、バーベキューの大きな本格的機械?を実家に置いています。
冗談のような何やらインストラクターの資格を持っています。
お任せして、焼き上がった物をご馳走になりました。
母、弟夫婦、孫二人、私で食べました。

会うのを楽しみにしていた姪の赤ちゃんは、急な熱で会えず残念。
孫のお兄ちゃんお姉ちゃんぶりを発揮できませんでした。
弟夫婦は同居の孫娘が心配なのかいつもより早く帰りました。

お肉は食べきれず、次の日カレーに入れました。

8月25日(日) マリンピア日本海へ
孫3人が楽しめる場所、と選んだのは水族館。
結果的には小学生二人にもいいい場所でした。
8月の最終日曜日の為か、思ったより賑わっていました。
駐車場は満車だったようです。

車がないと実家からは少し不便な場所ですが、新潟駅からバスがあります。

駅前の観光案内所に寄って見ました。
さすが観光案内所です。
親切でした。
「割引券」まで頂けてラッキーです。
水族館までのルートも、路線バスだけではなく「観光循環バス」の利用を紹介してくれました。
「新潟市観光循環バス」1日乗車券500円で市内観光施設や飲食店もが割引にもなるようです。
マンガ、アニメの場所、市場、博物館、記念館等新旧いろいろ。
行った事がない所ばかりで興味はあります。
機会があったら、ふらりと循環バスに乗ってみたいと思いました。

今回は目的地「水族館マリンピア日本海」なので、予定通り路線バス利用にしました。

「水族館」で魚🐟の泳ぐ姿やラッコ、ペンギン🐧等を見て、3番孫のお土産にペンギン🐧のお人形を約束通り買って、レストランで食事もできました。
本数の少ない駅行きの路線バスにも、ギリギリ間に合いました。

3年生の孫は、疲れた様子。
帰りの電車でウトウトしていました。

日頃、車での移動がほとんどの孫たちは、公共の交通機関の利用は嬉しいらしく興奮気味でした。
6年生の孫は電車の写真を撮っていました。

夜は、孫と一緒にカレーを作って食べて、花火をしました。

8月26日(月) 岩室温泉へ
母は病院の通院日。
タクシーでひとりで行ってもらいました。
留守中は、孫たちと片付け、お掃除、洗濯です。
面白がって手伝ってくれました。

3年生の孫娘は、残ったご飯で小さなおにぎりを上手に作ってくれました。
バーベキューの時に作って母に褒められて嬉しかったようです。
「ママの子だから」と母親が聞いたら喜ぶでしょう!
ほんとうに上手に作って、ちょうどお昼前にちょっと口に入れられて良かったです。


母の帰りを待って、お昼を食べに歩いて行かれる所は、残念ながら定休日でした。
遠くまで歩くのは暑い。

岩室温泉へは電車です。
途中下車してランチになりました。
「うどんが食べたい」
「海鮮がいい」
というどちらも満足できるメニューがお寿司屋さんにありました。
「うどんセット」というメニューを孫二人は注文。
母と私は「ちらし寿司ランチ」です。
生ビールもいただきました。🍺

岩室駅は無人駅。
そのシステムにもビックリ‼です。
タクシーが1台だけ待っていました。


岩室温泉に泊まるのは初めてです。
母の90歳のプレゼントに予約しました。
孫が一緒なのでバイキングの格安プランです。
「岩室温泉は近いけど高い」というイメージがありましたが、お財布に優しいプランがありました。
母は昔の旅館を知っていますので驚いていました。

旅館経営も大変なのだと思います。

夏休みの子ども向けの企画もっあって、射的、輪投げ、ヨーヨーつりが無料でできました。
花火も一袋渡され、自由にできるようローソクとバケツが用意されていました。
新潟の小学校や地域によって夏休みは終わっているので、小さな子ばかりでした。
「花火、できないからどうぞ」
と小さな子の親御さんからいただいて孫は花火を楽しんだようです。

温泉にも入って、ゆっくりできました。
露天風呂は、濁り湯で硫黄の香りがしました。


8月27日(火) 
ゆっくりチェックアウトして実家へ帰りました。
母の90歳の誕生日です。
ハッピーバースデーの歌のプレゼントは、夜、家に戻って、孫4人揃ってビデオで孫のスマホから送りました。

カードをそれぞれ手作りで用意してあった物を渡しました。
3番孫から預かった折り紙のカードには、絵が描いてありました。
実家で写真を撮りました。
「おばあちゃんそっくり」と母は言っていました。


9月の父の7回忌法要の話をしていると、ちょうど兄からラインも入って「電話は何時がいいか」というので、すぐライン電話しました。
父の法事に関して、兄や弟と話ができて良かったです。


新幹線は便利です。
始発ですし、まだ夏休みですので慌てて帰らなくても大丈夫です。
ゆっくり時間に余裕を持って、3人分の切符を販売機で買いました。
希望通り、Maxときの2階自由席に座ました。
東京駅からも始発で座って帰って来ました。

「久しぶりにお母さんのご飯が食べたい」
と家に戻ってからの夕食でした。
お土産とお土産話で賑やかでした。


3番孫が、「明日新潟行く」と言っています。
「次は3番孫ちゃんと行くからね」と約束してあります。。。


「明日行く?」
「明日は行かれないよ」
「いつ新潟行くの?」
「そうね、9月かな?」
未定ですが必ず約束は守ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のんた2号
2019年08月29日 01:05
岩室温泉に行ったのですか?
昔は芸者も多くいました。高級旅館も多く接待用に使ってたようですね。
私が高校3年まで8年間ほど住んだ村です。今は新潟市です。我が家の先祖代々のお墓が曹洞宗のとても古いお寺にあります。岩室駅は使ったことはないですが無人駅なんですか?知りませんでした。
来月には墓参りに行きます。
らら
2019年08月29日 08:46
のんた2号さん

岩室温泉、泊まったのは初めてです。
新潟の実家からは、夫とシーサイドラインをドライブした時に何度も通っていました。近いです。
北国街道があって、古い歴史のある「岩室宿」だった所ですね。
岩室温泉は新潟の芸妓発祥の地という説もあるとか?
ここから伝えられ新潟の街にも花街ができたとか。

高級旅館も今は、いろいろ新しい事を取り入れ、変わろうとしているようです。
日帰り入浴もできるのですね。
「知っていたら、角田山に登った後寄ったのに」
と母が言っていました。
「高級」のイメージが昔の人に強いようです。

田んぼの稲が黄色くなって、稲刈りが始まっていました。
秋になりますね。
のんた2号
2019年08月29日 09:51
私は弥彦に近い岩室に住んでいました。弥彦も良いですね。
角田浜の麓にカーブドッチ・ワイナリーがありますが、行ったことありますか?(前も聞いたことがあるような?)
行ったことがなかったら是非一度行ってみてください。
機会があっら岩室甚句を聞いてみて、ネットでも聴けます。とても良いです!
小さい頃は角田浜に泳ぎに行きました。昔は牡蠣もよくとれました。
良寛さんとも縁が深い地域でもあります。
らら
2019年08月30日 11:39
のんた2号さん

弥彦に近い岩室なのですね。
そう、良寛さんとも縁が深い地域ですね。
歴史のあるいい場所ですね。

カーブドッチは、「こんな田舎に?」とびっくりしますね。
もちろん、ドライブしながら夫と行っています。
上品な建物の前で突然、夫が放尿しようとして、慌ててトイレへ誘導しました。

角田浜は、今も海水浴場として賑わっていますね。
駐車場から浜まで近いし、お店もあるのでドライブ途中で寄っていました。
海が見えるシーサイドラインは、夫のお気に入りのコースでした。
日本海に沈む夕日を見るのが、私は好きでしたが、夫はじっと待てないのでタイミングが難しかったです。

岩室甚句、夜、聞き始めてすぐ眠くなってしまいました。