601.父の7回忌と夫の6年

9月22日(日)父の命日に7回忌法要をしました。

小さな城下町の中のお寺に、親族が集まりました。

6年前、2013年9月22日 お彼岸に父が旅立ちました。

6年前の夫は·····
ブログに記録が「父の死と夫」と題して残っていました。
https://2212-2931.at.webry.info/201310/article_1.html
お彼岸で夫のきょうだいとのお墓参りの帰りでした。
私には、その時がわかっていましたが、夫の予定変更はできませんでした。

このころ、すでに重症な段階であるという認識がありませんでした。
まだ、普通、ではないにしろ何とか生活していると思っていました。

診断から4年。
夫は葬儀参列どころではありませんでした。
急な予定変更が受け入れられず、困りました。
ケアマネが決まっただけで支援に繋がっていませんでした。
夫の兄、姉夫婦のお世話になりました。
感謝しています。

白い布団の父も目に入らず、携帯の充電をしようとして、驚きました!

姉の家で夜散歩に出て困らせました。

この後から、デイサービスを利用しようとしましたが、なかなか上手く行きませんでした。
このころ、まだ私に「介護している」という自覚もないまま、夫は線路に入って保護される等問題行動が多発しました。
翌年、急に進行して、
精神病院入院を勧められる状況の中、「奇跡の発表会」でフルート演奏。

夫のきょうだいの協力のお陰で、私は友人7人とスイスへ記念旅行もできました。
1534656177982.jpg

スイスまでコンビニの定員さんから支払い不足の連絡が入りました。
精神病院入院を考える程の状態の夫を託しての海外旅行。
直前に、手の骨折もあって、突然、失禁が始まっていました。
ほんとうに、夫のきょうだいご夫婦には、感謝しています。

2014年
父の1周忌は、夫の兄夫婦が我が家に泊まって世話をしてくれました。
http://2212-2931.at.webry.info/201409/article_5.html
この頃は、ますます言葉が通じない上、自分勝手な行動もパワーアップ、失禁もあって、さらに大変だったと思います。
お世話になりました。

診断から5年。
2014年10月に、私の入院をきっかけに、夫は精神病院に医療保護入院となりました。

2013年に父が亡くなった年から2014年の入院までは、とても変化が大きかったようです。
捜索願いや通報はあっても、訴えられる事もなく、事故にも合わず、良く無事だったと思います。
エピソードは、たくさんあります。

入院する頃には、病気の進行もあって、行動もいくらかは鈍くなっていたようにも思います。

2015年
父の3周忌は8月、夏休みでした。
命日9月22日には思い出してブログを書いています。
http://2212-2931.at.webry.info/201509/article_5.html
入院が長くなって、療養型病院に転院していました。

精神病院での生活も、とても長く感じられましたが、合計1年1ヶ月でした。

2015年12月に退院して、在宅介護開始。
小規模多機能と老健と1ヶ月交替で、という提案でしたが、
孫の保育の為、老健に2016年3月まで3ヶ月入所。

2016年3月末から2018年2月まで約2年、
小規模多機能を利用させていただきました。
通所も泊まりも訪問も、時にはリハビリ指導もお世話になりました。

急な歩行困難と急な嚥下困難、身体的な急激な衰え。
「意味性認知症(SD)」でこの症状?
別の医師に「進行性核上性麻痺(PSP)」という診断をいただきました。
脳の神経性難病であることに変わりありません。
分類がはっきりせず、診断名に過ぎない、と思っています。
「前頭側頭葉変成症(FTLD)」という括りにもなります。
進行性の不治の病、難病です。
急激な身体症状もPSPなら納得です。

2017年4月に「胃ろう」にしました。

2018年の大雪の雪かきで腱鞘炎になった事で一区切り。
夫は、市内の「特別養護老人ホーム」へ入所しました。
入所して1年半。
早いように思います。

安定した生活に感謝です。

2019年
父の7回忌に、夫の6年を振り返りました。

時の流れは、平等なはずなのに長く感じられたり、短く感じたりします。
「もうすぐ小学生」だった孫は「もうすぐ中学生」
孫の数も増えました。


6年は、これくらいの時間?

夫の姿は変化しましたが、特養で手厚い介護看護を受け、穏やかです。
有り難いです。