630.お花見もできないなんて⁉️

夫の特養の面会禁止が続いています。

コロナウィルス感染拡大予防策は、ますます強化されて、
訪問マッサージばかりか、個別機能訓練も中止という文書が届きました。

3月27日、新潟から戻った翌日、夫の特養へ行きました。
ケアマネさんに夫の様子を聞きました。
車椅子に乗っていた、と聞き少し安心しました。


目の前が公園。
桜の花が満開でした。
夫とお花見もできないなんて!

1585639076459.jpg
公園からの夫の特養です。

車椅子になってからも、病院に入院中も、毎年一緒にお花見をしていました。

冬の間、桜がとても待ち遠しい年もありました。

桜は、毎年咲いてくれます。



夫は、特養のユニットの中から出られません。
もう、1ヶ月以上顔を見ていません。


こんな生活を夫は望んでいたでしょうか?
胃ろうにしてまで生きるのは、何のため?
お花見もできないなんて⁉️


このまま、こうして生きていくのでしょうか?


面会禁止は、いつまで続くのでしょう?1年先?
1585639071147.jpg


来年、お花見ができるでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Y
2020年04月01日 12:45
ららさんの所も禁止が続いているのですね。
事務所までは行かれたのですね。
私も庭から回って主人の様子をガラス越しに見せてもらえるか聞いてみようかなあと思ったこともありました。

精神障碍者施設での集団感染がニュースになりましたが、各人の障がいが多種多様で、検査や診察も大変だろうと想像しています。

もう少しの辛抱ですね。
らら
2020年04月01日 22:35
Yさんの所も面会禁止ですね。
庭から回って見られるのですか?
見たいですよね。

スタッフの負担は大きいと思います。
夫は、施設内でコロナの感染から守られています。
有難いと思うのですが・・・
ミキティ
2020年04月02日 10:58
夫の病院でも、昨年は数人の患者さんとスタッフとで 隣の霊園の駐車場でお花見しました。
とても綺麗で、しかも夫にとっては久しぶりに吸う外の空気、「来年もまた一緒にお花見しようね」と1年間楽しみにしてきました。
もう1つ、診断を受けた頃から夫はよく「オリンピック、楽しみだなぁ!」と言ってました。
どちらの楽しみも叶わず、(来年は・・・?)と凹んでましたが、(来年こそ!)を目標に頑張ろうと思い直しました。

ららさん、お疲れでは? 心配です。
いつも前向きで、私のようにネガティブな迷える子羊たちを「大丈夫!」と勇気づけてくださるららさん。
失礼ながら、ちょっと親近感を覚えました。
ららさんのことだから 今頃(あぁ、書いちゃった!消去したい!)とか思ってるかしら?

事情があって、一昨日、一瞬ですが夫の病棟に入りました。
いつものように歩く人、寝てる人、叫ぶ人・・・。
そこには、世の中の喧騒とは無縁の、いつもと変わらない日常が流れていました。
改めて、夫たちが病院でスタッフの方々に守られていることに感謝です。

らら
2020年04月02日 13:03
ミキティさん

ありがとうございます。
心配していただいて嬉しいです。
ホホ😅
私だって、凹みますよ。
お察しの通りかな?😜
すぐ消去、とも思いましたが、私の心の一部です。
ほんとうは、もっと怒り💢のような感情もあって、文字にできませんでした。消去です。

見えない敵、わからない戦略、どうして?と・・・

それでも、夫達の命は守られ、生きている事に感謝ですね。