646.新潟へ行ってきました。

もう、今日から7月です。

先週27日㈯から昨日30日㈫まで、3泊4日で新潟の実家へ行ってきました。

電車に乗ったのは、4か月ぶりです。
行きは、「むさしの号」を利用して、大宮から新幹線に乗りました。
空いていて早いコースですが、普通ですと、大宮からの自由席は満席になります。

今回は、予想通り、ガラガラでした。

山形に住む兄が、今回都合をつけて実家へ行くというので、久しぶりに、きょうだい3人顔を合わせました。
3月弟の子(甥)の結婚式以来です。
兄も弟も仕事があって、滅多に3人揃いません。
「あの結婚式は、良かったね。」
と、話題になります。
コロナウィルス感染拡大の時期、結婚式は延期か、キャンセルかと思っていましたが、そのような話もなく、3月22日決行でした。
新潟で危機感が薄かったからできたのかもしれません。
思い出に残る素晴らしい結婚式になりました。

その結婚式以来の新潟でした。

兄は、土日で帰りましたが、母の園芸の買い物に付き合ったり、有意義な時間でした。
母の暮らしや老後?についても話できました。

母からは、
「今の一人暮らしが自由で楽しい。」
「ひとりで死んでいても、孤独死なんかではなく、幸せだったと思って欲しい。」
「きょうだい仲良く、後始末をして欲しい。」等など
いろいろ、気持ちを言葉で聞くことができました。

90歳の母の一人暮らしは心配ですが、弟が近くに住んでいるので助かっています。

今回は、少し時間があったので、近くに住む高校時代の友人にも会いました。
会うといっても、「東京から」なので、屋外で少しおしゃべりをしただけでした。

友人は、独身で94歳のお母さんを介護しています。
介護の話が中心でした。


東京の人と接触すると、介護施設で受け入れてもらえない、というような記事をどこかで読みましたが、私の母も病院の受診ができなかったそうです。
「歯医者に行く」というので、一緒に実家を出て途中駅で別れたのですが、
病院で「東京方面の人と接触がありましたか」という質問に正直に「はい」と答えると予約してあったのに断られ、次の予約は9月になってしまったそうです。
定期的な歯科検診なので急病ではありませんが、残念です。


帰りは、東京駅経由でしたので、家に帰るとすぐシャワーを浴び、着ていたものの洗濯をしました。

新潟の佐渡産甘海老、黒崎の枝豆、庭のキュウリを娘宅に届け、一緒に食事をしました。

孫は4人並んで、キュウリの丸かじりの写真を撮って、母にラインで送りました。
返事がすぐに来たので、ビデオ通話もできました。

結婚記念日でした。