精霊の踊り

9月のお彼岸でお墓参りをしてからでしょうか。
季節の変わり目だからでしょうか。
「音楽の秋」だからでしょうか。

なぜか、なぜか
グルック『精霊の踊り』が頭の中を回るようになりました。


単純には、「精霊の踊り」を繰り返し聴いたから、でしょう。

夫も娘もフルートで吹いていたと思います。

ギリシャ神話を題材にしたオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」劇中曲。

オルフェウス(オルぺウス?)は、歌と竪琴の名手。
毒蛇に噛まれて死んだ妻を取り戻すため、冥界へ。
愛の神アモーレと「冥界を出るまで決して振り向いてはならない」と約束をしたが、あと少しというところで、振り返って妻を見てしまった。

原作のギリシャ神話は、その後女性に見向きもしなくなったことで、とんでもない悲劇になっていますが、グリックのオペラはハッピーエンドになっています。

「精霊の踊り」は、その中に加えられた曲。
フルート、ヴァイオリン、ピアノ等、独立して演奏されることが多い曲です。
メロディが美しいので、ヴァイオリンでは「メロディ」として演奏されるようです。

さて、解説はこれくらい。


その「精霊の踊り」という曲が、ずっと頭の中にあって、
「そうだ!」
と、夫の面会の時に聴かせて見ました。

相変わらず、アクリルボード越しの面会。
ここからスマホで流しても・・・・
じぃっと見てはくれるのですが、反応がよくわかりません。

ほんとは、近寄って触ることはいけないことになっているのですが、
耳元までスマホを持って行き、聴かせて見ました。

なんと、みるみる涙ぐんで、声まで出して感動してしまったようです。

大きな音に反応したのかも?
と思って、他の演奏を聴かせると反応が明らかに違いました。

夫に聴かせた「精霊の踊り」山形由美さんのフルート
https://www.youtube.com/watch?v=MbBgsvlIAzg

山形由美さん、まだ若い頃?
綺麗な方!
海外からのフルート奏者の演奏会で、チラっとお見かけしましたが、キラキラ輝いていてすぐわかりました。
華やかで、夫は好きだと思います。

巨匠モイーズの演奏は録音が古いためか、良さが伝わらなかったようです。

偶然かもしれない、と翌週も聴かせて見ました。

期待通りの良い反応でした。
顔をクシャクシャにさせて泣き顔になりました。
反応ヨーシ!

口をもぐもぐさせて、何か言いたそうにしていましたので、
「そうね、もっとゆっくり聴きたいね。マスクは嫌よね。」等と言葉にしました。

ほんとは、いけないけれど少し気が大きくなった私は、ちょっと夫に触れ、マッサージもちょっと、ちょっとしました。


「精霊の踊り」ラフマニノフのピアノ演奏も良いので、次は聴かせてみたいです。

ヴァイオリンは、五嶋みどりさんの演奏に私は感動しましたが、夫の反応を見たいです。

五嶋みどり 「精霊の踊り(メロディ)」~(歌劇オルフェオとエウリディーチェ)から
https://youtu.be/IY9XLO3CuJ4?t=199

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Y
2020年10月13日 19:57
大切にしていた音楽というのは、こういう状態になってもちゃんと心の琴線に触れるものなのですね!
そういう曲があってよかったですね。

施設ではとかく唱歌やなつメロを聴いたり歌ったりすることも多いかと思います。ご主人にとっては、さんからのとっておきの差し入れになったと思います💗山形由美さんも美しい! ピアノやフルートやヴァイオリンで演奏されるなんて貴重な曲ですね。

私は「エウリディーチェを失って」という沈痛なアリアがまず浮かびますが、「精霊の踊り」は優しくて、慰められるものがありますね。
このオペラをパロディにしたのがフランスのオッフェンバックのオペレッタ「天国と地獄(カステラ一番電話は二番・・・の😊)」で、一昨年これに出たりしました。

主人にも何か聴かせてあげようと思います。
Y
2020年10月13日 19:59
↑「ららさんからのとっておきの差し入れになった」と書いたのですが、名前が消えていました。ごめんなさい。
らら
2020年10月13日 20:53
Yさん

ありがとうございます。
さすがオペラを歌うYさん、早いコメント嬉しいです。

夫は、この曲に感動したのか、耳元の音に反応したのかわからないのですが、どちらでも刺激に反応できたことは、私にとって「感動」でした。
ユニットの個室にCDラジカセを置いているのですが、ラジオになっていた日もあって、好きな音楽を聴かせていただいているかは確認していません。耳に慣れてしまうとBGMになって感動もしないかもしれません。
イヤホンを用意して、今週のケアプランのサービス担当者会議の時お願いしてみようと思います。

「差し入れ」続けたいと思います。
のんた2号
2020年10月13日 23:23
美しすぎるフルート奏者ですね。セレブで綺麗!
若い入居者ならロックやジャズ、シャンソンを好む方もいます。私が働いているグループホームには元ピアニストの女性が入居されていますが、カラオケには参加されません。好みはクラッシックのみです。もし、私が施設に入所することになったら
演歌や唱歌ではなくロックやジャズを聞かせて欲しいですね。
らら
2020年10月16日 10:44
のんた2号さん

コメントありがとうございます。
すぐお返事したつもりで、遅くなってしまってすみません。
私も山形由美さんの美しい姿を思い出していました。
もう20年以上前ですが、一緒にいらしたお母様も美しい方でした。

夫も特養の音楽療法という「カラオケ」の古い曲には反応しません。先生の笑顔が好きで目で追っています。音楽療法の先生のマリンバ、フルート、サックスのコンサートは、感動します。
早く面会制限解除になって欲しいです。