夫が危篤状態になった1月15日の前日か、もう少し前か、「雪」というタイトルの下書きが残っていました。
といっても、写真だけでした。

今年は大雪。
7年前の大雪を思い出していました。
20140215_0338_20140222190315.JPG
2014年2月の大雪。
膝までの大雪でも「散歩」の予定は決行していました。
さすがに、短時間で戻ってきましたが、翌日も「散歩」でした。
電車に乗ってハイキングも決行。
私も一緒に歩きました。
2014.2.24武蔵五日市 002.jpg
夫の姿を面白がって写真に撮っていました。
「孤独な介護」は、ブログに書くことで救われていたのかもしれません。
ケアマネさんから、精神病院への入院を勧められていました。

大雪の後、雪かきをしてからの発表会。2014年2月。
入院していたら、この姿はありませんでした。
CA2021ER.jpg
夫がフルートを吹いた最後の日でした。
楽譜を夫の棺に入れました。
たくさんの書き込みのある楽譜でした。


夫が亡くなってからは、忘れかけていた元気だった頃の夫の姿も少し思い出せるようになってきました。
PXL_20210205_122327706.jpg