夫と愛犬そら

1月に夫、3月に犬が亡くなりました。

愛犬そらは、夫の死をなんとなくわかったのか、家の中の気配や変化も見ていたのでしょう。

葬儀の後から、みるみる衰えてしまいました。
最期は、食べなくなって水も飲めなくなりました。
それでも「生きたい。まだ死にたくないよ!」と私に必死で訴えました。
点滴するべきか迷いましたが、苦しみを長引かせてしまうように思えてできませんでした。
早く楽にしてあげたいと思いました。

穏やかな眠るような最期ではありませんでした。
もう力がなくて歩こうとしてもすぐ倒れました。
前日も立ち上がって支えられてオシッコをしていました。
排泄介助です。

体はすっかり衰えて立てなくなって、便が出てしまって、洗ってあげたのが最期の時でした。
綺麗にしてあげて「ちょっと見ていてね」と寝かせて孫娘に見てもらって、振り向いた時にはすぐ動かなくなりました。
最期まで「僕は死にたくないよ!」と声が出なくても口を動かしていました。
手をピクリとしたのが最期でした。

さくらさんのコメントで、ご主人が抱っこして泣いていたという場面。
私も抱っこして泣いていました。

これからも思い出すことでしょう。


そらが我家に来たのは17年前。
夫は、最初あまり気に入らず、睨みつけていました。
そらも、気が強いので、男同士睨み合って、ワンワン吠えて文句を言っていました。

犬は、家の空気が読めるらしく、夫の前では大人しく、私には甘えていました。
散歩好きは夫も犬も一緒です。
近くの公園や野山を良く散歩しました。
一緒に旅行も行きました。

犬と一緒に散歩する頃には、夫も発症していたのだと思います。
そのうち、犬を散歩させても、便を拾わなかったり、行動があやしくなってきました。

夫の夜の散歩が始まると大変でした。
夫がこっそり出て行くと、そらも一緒に飛び出してしまったことがありました。
そらの確保が先でした。

そらは、ひとりで出てひとりで玄関で待っていたこともありました。
夫の夜の散歩は開けられない鍵を使うことで、ほぼ解決していましたが、時々私のかけ忘れがありました。

夫がそらを散歩に連れ出し、どこでどうしたのか小さな怪我をして帰ってきたこともありました。
夫の症状も進行していました。

病気とわかっているのに、夫の言動に腹を立てて私が大きな声を出すと、そらは小さくなっていました。
FTLDの暴言暴力なんて、それは、我家では介護者の私の方でした。
「ごめんね。そらじゃないよ。怒ってないよ。」
と私も頭を冷やすことができました。
「あなたは治療が必要です。」と夫に言われると笑うしかありませんでした。

実家の父が入院中でしたので、夫にひとりで数日留守番をさせていました。
犬が心配でしたので、娘に頼むと「俺の息子だ!ここの家にいる」と連れて行くのを嫌がったそうです。
娘もまだ離れた所に住んでいました。

もともと、そらの飼い主は娘でしたので、病気の夫に犬の世話は無理、引き取って欲しいと思っていました。
孫がまだ小さかったので時期を待っていたら、いつの間にか大型犬を2匹も飼ってしまってびっくりしました。

大型犬ラブラドール2匹と娘一家が隣りに来て、もう7,8年。
孫が4人に増えて賑やかです。
そらは、隣りに建設中の時から「なんだよぉ」と怒って吠えていました。

隣りの玄関は、今まで静かだった我家のリビングの横を通過して出入りするのですから、当初はその都度「なんだよぉ」と吠えていました。
あまり力を入れて一日何度も吠えるからか、ヘルニアになって手術するほどになっていました。

ヘルニアの手術で可哀そうになったこと、夫が夜起きるようになったこと等もあって、そらも2階の寝室で一緒に寝るようになりました。

夫は、そらにご飯をたくさんあげてしまうのも困りました。
「あなたのは少ない。俺のご飯はたくさん食べる」と夫もそらも喜んでいました。
食べるのが大好きな2人は、ぶくぶく太り始めていました。

夫は、精神病院に入院して普通体形に戻りましたが、そらはしばらく太ったままでした。

精神病院退院後の夫は、そらを目で追って、何でも食べさせようとするのは変わっていませんでした。
お茶もそのままお茶碗を床に置いてあげようとしていたこともあります。
なんでも食べさせてしまうのは、困りましたが、そらは「ちょうだい」と全身で訴えるので、言葉のわからない夫にも伝わったようです。
ちょこんとお座りをしてウルウルの目で訴えたり「ちょうだいちょうだい」と後ろ足2本で立って手を合わせて拝むように振ったりしました。

車椅子になってからも一緒に散歩したこともあります。
小規模多機能の施設長さんが夫のリハビリのレクチャーをしようと座ると、チョコンと間に座ろうとして「待っててね」と言われていました。
訪問診療等の時は、洗面所や2階の部屋で待たせると「出してくれ~~」と戸を手でガシガシさせて訴えていました。
夫優先です。
何と訴えても騒いでも邪魔な時は、我慢してもらいました。

夫が1階の介護ベッドで寝るようになって、胃ろうにして退院後からは、私も下で寝るようになりました。
当然のように、そらは、私の布団で寝ていました。

夫が特養に入所してからは、もう夫の介護のために下で寝る必要はなくなりましが、
そらが深夜か朝方、起きて啼くようになってしまい、大人しくさせるため私も起きるようになりました。
まるで夫のように「僕、まだご飯食べてません。」などというのです。
リビングにソファーベッドを置いて寝ていました。
ベッドには、絶対そらは入れない、と決めていました。
もう、飛び乗る力はなくなっていました。階段も上り下りできなくなっていました。

そらは、早朝にご飯を食べて寝るのが日課になっていました。
鳴かなくてもご飯が貰えるからか、鳴けなくなっていたようです。

吠える力もなくなって行くようです。
夫の葬儀の頃、私が出掛けると「探して鳴いていた」と娘に言われました。
目も耳も悪くなっていました。

最期の2日間は、もう長くはない、と一緒に寝ました。

悲しそうな寂しそうな、苦しそうな声を時々出すので、その都度起き上がって様子を見るより、隣りでとんとんとするだけで楽かと横着な考えからです。
それでも、鳴かれると「どうしたの?」と灯りを付けて寝床を整え落ち着くまで見てました。
夫にはできなかった終末期の介護でした。

今日、狂犬病予防接種の通知が来たのを機会に、死亡の連絡をしました。
電話で、終わりました。

まだ、いない生活に慣れません。

キャベツを切ると、遠くから飛んで来るような気がしたり、ドアを開けっぱなしにすると外へ出ないかと気にしたり、どこかにいるような気がします。

娘の犬だったので、私はそれ程犬好きだったわけではなく、正直なところ「スッキリした」という感じもあります。
言葉は悪いのですが、命が終えるまでお世話ができたので「スッキリ」も許されると思います。

愛する夫も愛犬も(ここで愛するを付け足した)生を全うしました。

幸せです。

これだけ書いたら、スッキリしました。
読んでいただいて、ありがとうございます。

IMG_20200328_114822.jpg






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Y
2021年03月31日 16:59
そら君は17年も一緒に過ごした家族だったのですね。
ご主人の変化を一緒に見届けてくれた存在ですね。
最後の二日間、一緒に寝たり介護をすることができて、ららさんにとっても、悲しいけれど心安らかなお見送りができたのではないでしょうか。

家の中に気配がなくなるというのは、悲しいけれど現実を教えてくれるものですね。

思い出作りのためにとっていた行動ではなかったのに、時々あれは貴重な時間だったのだと気づかされます。家族写真など見ているとよくそう思います。

ご主人はそら君と一緒にいるのですね。
さくら
2021年03月31日 18:14
こんばんは。

娘さんのワンちゃんだったのですね。
読ませていただいて我が家と似た部分が多くあります。
私はあまり犬が好きではないことも(^▽^;)
17年の犬生を全うしたことも・・・

我が家の犬は最後は夫と同じ認知症になりました。
ある日、大きなサイドボードと壁の隙間に入ってしまい
認知症の犬は後ずさりが出来なくて・・・
夫と二人で協力して出そうとしたのですが
夫が状況を理解できずに、仕方なくお隣のご主人に来てもらい
やっと救出することが出来ましたが
それからはあらゆる隙間を物で埋めました(^▽^;)
家の中に1人と1匹の認知症を抱えて・・・はい!奮闘しました💦

ららさんの生活を色々と想像したりしています。
ららさん本当にお疲れさまでした。
これからはららさんの人生を充実させてくださいね。
らら
2021年04月01日 21:59
Yさん
いつもありがとうございます。
点滴をしたら、もう少し楽に眠らせることができただろうか、と少し思いましたが、点滴しても、やっぱり、痛い思いをさせて長引かせたのではないか、思ったかもしれません。
最期まで介護できて良かったと思います。
らら
2021年04月01日 22:30
さくらさん
ありがとうございます。
さくらさんのワンちゃん、認知症だったのですね。
それは、さくらさん大奮闘でしたね。
ブログもさくら日記も読ませていただいて、共感する所もありながらも、さくらさんってゆ~ったり優雅なイメージが強くて「奮闘」の姿が浮かびません。
犬に認知症・・・ですか・・・・
長生きすると犬もいろいろ衰えますよね。
はい、これからの人生も存分に楽しみたいです。