506.定期受診・金沢へ・その後

夫は元気です。

5月17日(木)
神経内科の受診の日
3ヶ月に1度の受診。
今回は、特養入所の報告と 難病医療、自立支援医療と精神障害手帳の診断書の依頼です。

特養に入所したので、「今後通院はどうされますか?」と聞かれました。
薬の処方もないので、書類が必要になる1年後でも良いかと迷いましたが半年後の11月に予約をお願いしました。

夫は、先生を認識できているのか、若い女医さんだからか、笑っていました。

病院の帰り、自宅へ久しぶりの夫を連れて帰りました。
介護ベッドは、もうないので、車椅子のままです。

水分の補給のついでに、この時とばかりに「りんごジュース」もサービス。
といっても、胃ろうからですので、私の自己満足です。

ついでに、少し、口から、とろみをつけて食べさせてみました。
ハチミツを少し溶かして、甘くしました。
夫の場合、むせずに飲み込めるのですが、静かに誤嚥するタイプなので要注意です。
「ゴックン」を確認。
ほんとうにお楽しみ程度です。
口を開いて食べる意欲はあるようです。

短い時間でしたが、自宅で、ほっとした時間でした。

5月18日(金)
シマウマさんの出張カフェが金沢でありました。
1泊で参加しました。画像
金沢は60数年振り。
記憶にありません。
少し住んでいた事があるらしく、石川県の赤ちゃんコンクールで入賞した時の写真や、兼六園の写真があります。

一度は訪ねて見たいと思っていた金沢で、カフェの開催。
ブログを通じて知り合った皆さんとお話できて楽しかったです。

1泊2日の旅は、良い気分転換にもなりました。

夫は特養で落ち着いています。
安心して旅に出ることができました。

5月20日
2日間会いに行かれなかったので、どうしているかと行くと
ぜ~んぜん変わりなかったです。

「元気フェスタ」という催しが、近くのセンターの駐車場であったので車椅子で行ってきました。
賑やかな音楽に、夫は反応して泣きそうな笑い方でした。

訪問看護ステーションの所長さんが、夫を見つけて声をかけて来てくださいました。
夫が元気な頃からお世話になった方です。
夫は、場所が変わるとわからないということもあって、知らんぷりの無表情でした。

お昼の胃ろうの時間がありましたので、急いで特養へ戻りました。

夫は変わりなく元気です。

特養は、同じ市内にあって、自宅からも近いです。
車で数分。
自転車で通える距離。
歩いても行かれますが20分はかかりそう。

「近くて良かった」と思います。

孫の運動会で日中行かれない、と思った日も夕方ちょっと顔を見に行く事ができました。
ちょうど看護師さんとお話もできて、やっぱり行って良かったと思いました。

"506.定期受診・金沢へ・その後" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント