544.「認知症鉄道事故裁判から考える家族介護と地域のあり方」

12月2日のフォーラムで、鉄道事故の遺族の高井さんの基調報告がありました。
「認知症鉄道事故裁判から考える家族介護と地域のあり方」
と題してシンポジウムもありました。

記録に残しておきたいと思いながら、まとめられないままになっていました。

JR東海の裁判は、とても他人事ではありませんでした。

「私達のために、頑張って闘ってくださってありがとうございます。」
と、直接御礼が言いたくて、出席しました。

力強い握手と笑顔をいただきました。


遺族長男である高井氏は、基調報告の前に
「皆さんのお陰でがんばることができました。ありがとうございます。」
とお話され深く頭を下げられました。
心のこもった言葉に感動しました。

認知症鉄道事故裁判
 閉じこめなければ、罪ですか?

読んで、ますますブログに書けないまま、でした。


今日の朝日新聞のフォーラムのページ
「認知症、前を向くために」
にも書かれているのを目にしました。

リスクに備える

認知症の人が起こした事故の被害者と加害者を救済する全国初の仕組みが神戸市で始まります。

認知症の人の事故や損害賠償に関心が深まったのは、愛知県で置きた事故がきっかけ。
JR東海は、列車ではねられた男性の家族に輸送費など約720万円の損害賠償を求めた。


「8年、介護期間より長い」と本にその経過が詳しく書かれています。


2016年の最高裁判決では、家族に賠償責任はないとしましたが、事情によっては責任を負う余地を残した。

公的補償について国は検討したものの「見送り」

神戸市議会は、「神戸モデル」と呼ばれる制度の実施を盛り込んだ「認知症の人にやさしいまちづくり」の条例改正案を可決。



民間の損害賠償保険や当事者のための保険も登場しています。



「事故があったら家族の責任」
と私も、夫をひとりで散歩に行かせていた頃ケアマネさん等に言われました。
かといって、登山をしたり長距離を歩く夫に毎日付き合う事は、とてもできませんでした。
車道を歩いたり、危険がいっぱいでした。


駅のホームから線路に降りて、保護された事もあります。
電車の発車を遅らせても、家族である私が責められることはありませんでした。
JR東海のように賠償請求されることもありませんでした。
同じJRでも違うらしいです。
(JR東海、リニアでお金が欲しかった?)

でも、とてもとても心配な毎日でした。
「1日が終わるとほっとする」
とブログを日記にして書いていました。

ほんとうに、良く無事だったと思います。


いろいろ振り返って思う事はあります。


夫は、ひとりで散歩していただけです。
「徘徊」ではないのです。
嬉しそうに、行って来た事を報告したり、
「明日、左の終点に行っちゃうからね」
と地図を見せて予告もしていました。
「どこへ行くの?」という言葉は理解できない。
行く場所の名前言えないのに、行きたい場所に行って帰って来るのです。
「立ち入り禁止」も理解できず突破していました。

心配な毎日でしたが、夫は、いきいきと暮らしていたと思います。


事故に合っても不思議ではありませんでした。

「閉じ込めなければ、罪ですか」



閉じ込める事は、許されるのでしょうか?





"544.「認知症鉄道事故裁判から考える家族介護と地域のあり方」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント