636.難病受給者証の更新手続き不要?手帳の更新手続きは必要?

2017年7月に『前頭側頭葉変性症』は指定難病になりました。

医療費の助成が受けられ、自治体からの「特殊疾病患者福祉手当」の助成があるので、毎年更新していました。

「更新手続きが面倒」とブログに書いたばかりでした。
いよいよ、更新手続きに必要な診断書(臨床調査個人票)を申請しようと思った前日、特養に文書が届きました。
IMG_20200514_145656-1.jpg

受給者証等の有効期限が令和2年6月30日から令和2年8月31日までの皆さまへ
~今年は、受給者証の更新手続きは必要ありません~

新型コロナウィルス感染拡大を受け、有効期限を1年延長する。
臨床調査個人票の取得等のみを目的とした受診がないように、という趣旨。

東京都福祉保健局から届きました。

ちょうど翌日、夫の受診日になっていたので、申請せずに済みました。
面倒な手続きも必要なく、有効期限までに新しい受給者証が届くそうです。

良かったです。


でも、
毎年この時期は、手続きがいろいろあります。

精神保健福祉手帳の2年に1度の更新手続き、診断書提出が必要です。
マル障(心身障害者医療費助成受給者証)の有効期限も同日です。

ご丁寧に、障害福祉課から
「マル障有効期限到来のご案内について」
という文書が来ていて、
手帳の期限は7月31日で3か月前の5月1日から申請できる。
手帳の交付に2か月以上かかる場合もあるから早めに、と。
更新結果、「1級」の交付を受けた場合、速やかにマル障交付申請を行うように。
と。

そこまで「ご案内」していただけるなら、必要な書類も同封して欲しいと思うのですが、
更新申請窓口 障害福祉課 電話番号だけなのです。

診断書の用紙を窓口までいただきに行きました。

そして、
約5か月ぶりの神経内科受診は、私だけ主治医の先生とお話をして、診断書をお願いしました。

夫とオンラインで面会していること。
だいぶ弱って来ているように見えること。等聞いていただき次回の予約をしました。


病院は、いつもより空いてはいましたが、車椅子の人も受診していました。

通院を理由に夫を外出させるチャンスだったかもしれない、と少しだけ思いました。


私も久しぶりの病院で、疲れました。

"636.難病受給者証の更新手続き不要?手帳の更新手続きは必要?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント