テーマ:病院

597. 通院日

9月5日(木)は、久しぶりの神経内科の通院日でした。 特養の事務所に保険証や医療証など一式を預けてあります。 事前に声をかけて確認の必要があります。 少し前に「受診届け」のような用紙を記入して、ケアマネさんにお話をして、前日にも確認しました。 準備の時間の都合もありますので、介護スタッフにも出発時間をお話しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

578. 5月いろいろ&胃ろう交換

夫は、20日に退院してから、とても落ち着いています。 思っていたより、ずっと元気になって、ホッとしています。 体重も2㎏近く増えたとか。 私は、あまり夫の体重は気にしていませんが、退院後すぐの体重測定で報告を受けました。 入院中に1800キロカロリーの栄養を毎日入れていたからだと思います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

574. 退院しました。

5月20日(月)10時 夫は、退院しました。 平成最後の4月25日に入院して、令和になって5月20日の退院です。 抜歯後の出血が止まらなくなって、口腔外科に入院して、熱が下がらず、誤嚥性肺炎の治療を受けました。 まだ、微熱は出ます。 誤嚥もしていると思います。 「口腔ケアを継続してください」 と、口腔外科の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

572. 退院日決定!

5月20日(月)に退院予定です。 4月25日「歯の出血」で入院して、その後「誤讌性肺炎の疑い」で抗生剤点滴の治療がされ、回復に向かっています。 5月13日(月) 血液検査、レントゲン、診察の結果から「そろそろ施設に戻れるので、都合を問い合わせてください」と伝えられました。 良かった! 救急病院ですので、入院が長…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

571. 入院生活2週間目

5月8日(水) 病室に行くと夫は車椅子に座って窓の方を向いていました。 検査は、終わったようです。 隣のベッドでは、先生が診察中でした。 「お名前教えてください。」 「ここはどこかわかりますか?」 聞き覚えのある声です。 偶然にも、神経内科の主治医の先生でした。 ちょうど、カーテンが開いたので目で挨拶を軽くしまし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

570. 再検査は明日

5月7日(火) 10日間のゴールデンウィークも終わりました。 「7日に再検査」と聞いていたはずでしたが、行ってみると何もないようです。 看護師さんに確認してもらうと、特に医師からのオーダーはないとの事。 回診も、外来が混んでいるので何時になるかわかりません。 「7日、検査結果で」という話は、出血騒ぎで消えていたようです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

569.熱

5月5日(日) 友人とランチをしてから病院へ行きました。 街路樹の緑が、毎日見ても今が綺麗だと思います。 夫は、病人の顔で眠っていました。 熱が37度から38度あって安定しません。 触ると熱いので、38度近くはあるようでした。 氷枕をしていました。 夫の部屋は、4人部屋の窓側です。 景色が綺麗に見えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

568.入院して10日目

4月25日(木)に入院して、もう10日です。 一晩だけでも入院させていただけたら安心、と思っていました。 大きな病院ですので重症患者しか受け入れない、と聞いていました。 「1週間」という入院計画書を見ても、そんなに長く入院にはならないはず、でも連休中だから、と思っていました。 「30日の検査結果で2日の退院。」 と聞いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

567.退院延期

入院は、1週間の予定でした。 連休中の退院は、無いと思っていたら 「30日の検査結果で2日の退院になってもいいですか」 と聞かれました。 特養の相談員さんに連絡して、2日11時なら迎えに来てくださるというお返事もいただいていました。 ところが、 30日 病院へ行って見ますと 夫の口が、血で汚れていました。 出血の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

566.タクティールケアと音楽療法

4月28日(日) ゴールデンウィーク中は、病院かと思っていましたが、 退院できるかもしれません。 看護師さんから、30日と2日は平常通りなので、30日の検査結果で2日に退院になる可能性大、と聞いて嬉しくなりました。 30日の午後に先生からお話があるそうです。 おまけに「娘さんですか?」なんて言うので単純に喜んでしまいま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

565.入院の決断

入院は、もうさせないつもりでした。 でも、入院した方がいい状況になりました。 決断は、重要です。 家族が決めなくてはなりません。 「入院させたくない。」 という思いも伝えなくてはなりません。 「受診をお願いします。」と言うことは 医療処置をお願いすることで入院も考えなくてはなりません。 もし、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

564.入院した日のこと

4月25日(木) 特養の看護師さんから電話がありました。 20日(土)に抜歯してから何事もなかったのですが、今朝出血していたとのこと。 何時からかは不明。 量が多く、看護師が呼ばれ止血したそうです。 血液や血の塊を飲み込んだので、それを嘔吐してしまい、胃ろう吸入はしない、薬も入れられない、という報告でした。 「お手数…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

563.入院しました!

焦って、書くからか、 何度も消えてしまって、 もう、今日は書く気力がありません。 「八重桜」の記事を書いたその日に入院しました。 歯の出血と発熱のためです。 4月25日、無事、入院して安心しました。 平成最後の入院です。 長い1日でした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

535.3度目の胃ろう交換・定期受診

夫は、2017年(平成29年)4月から胃ろうにしました。 もう、ずいぶん前からのような気がします。 半年毎の胃ろうチューブの交換があります。 病院から退院して、在宅診療の先生の紹介で市内の病院で交換していただいてから、同じ病院です。 今回で3回目。 特養に入所してから2回目になります。 「もう、半年?」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

506.定期受診・金沢へ・その後

夫は元気です。 5月17日(木) 神経内科の受診の日 3ヶ月に1度の受診。 今回は、特養入所の報告と 難病医療、自立支援医療と精神障害手帳の診断書の依頼です。 特養に入所したので、「今後通院はどうされますか?」と聞かれました。 薬の処方もないので、書類が必要になる1年後でも良いかと迷いましたが半年後の11月に予約をお…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

487.特養への道 4

特養への道が拓けてきました。 まだまだ遠いかもしれません。 途中経過も記録に残したいので、なかなか現在の状況まで追いついていません。 先に、書きます。 13日(月)に市内の特養の方が自宅まで夫の様子を見に来るそうです。 9日(金) レスパイト入院を考えたのが、8日でした。 少し遠くても良い病院へ、と入院…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

482. インフルエンザ?

25日(木)つくしの会の交流会でした。 夫は、寒い時期なので欠席です。 26日(金)夫を小規模多機能のデイに送った後、久しぶりに友人と会ってランチをしました。 美味しいコーヒーを飲んで、家に帰るとちょうど小規模多機能から電話がありました。 38度3分の熱の連絡でした。 すぐ迎えに行きました。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

467.診断は難しい

受診のお話をもう少し詳しく書き残す予定でした。 どうして受診したか、というところまで書きました。 予想はしていたもののPSPS-FTDという診断を受け 文献を調べる日が続きました。 わかったことは、 「診断は難しい」 ということです。 FTLD(前頭側頭葉変性症)と一括りにすれば解決と思っていました。 CBDもP…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

464.PSPS-FTDと診断されるまで

PSPS-FTD:進行性核上性麻痺症候群前頭側頭型認知症タイプ PSP:進行性核上性麻痺(病理診断名なので生前の確定診断はできない。) PSPS:進行性核上性麻痺症候群 FTD:前頭側頭型認知症 2009年、夫はFTLD(前頭側頭葉変性症)の中のSD(意味性認知症)と診断されました。 2015年、小刻み歩行や突進歩行と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

455・胃ろう交換&散髪

4月に胃ろうにして、半年が過ぎ、交換の時期になりました。 訪問診療の先生から、近くの総合病院を予約していただきました。 胃ろう造設手術をした病院では交換は、しないのだそうです。 交換は、簡単ですぐできる、と聞いていました。 ほんとうに、すぐだったので、「もう終わったの?」とビックリしました。 受付や問診票の記入など…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

440.神経内科、通院日

定期的に神経内科に通院しています。 3ヶ月に1回から4ヶ月に1回になってきました。 前回は5月。 暑い8月はお休みにして、今回9月。 次回は1月に予約しました。 薬もありませんので、経過報告など先生とお話するだけです。 今回は、「前頭側頭葉変性症つくしの会」のえいさんが一緒です。 奥様が今までの大学病院に通院が困難にな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

414.胃ろう造設、その後

胃ろうの事、忘れないうちに記録に残して置きたいと思っています。 忘れてしまう事も多くなりました。 胃ろうの日は忘れません。 2017年(平成29年)4月5日です。 簡単な手術と聞いていました。 全身麻酔はリスクを考慮して、麻酔しなかったそうです。 手術後は、痛いはずなのに目もぱっちり開けて平気な顔でした。 ほんとう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

407.通院

5月25日 3ヶ月に1度になった神経内科の定期受診日でした。 前回は2月。車の乗り降りが難しくなっていた頃です。 今回からは、車椅子のまま乗れる福祉車両で通院です。 大きな病院ですので、車からスロープを出すスペースもあって安心でした。 でも、車は駐車場に入れなくてはなりません。 夫を下ろして、病院の入り口で案内係の看…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

194.病院の家族会、その後ドライブ

3月28日(土) 現在入院中の精神病院認知症治療病棟の家族会がありました。 病院側はPSW、OT、看護師長、リーダー、看護師の6名。 家族は4人、3組でした。 日頃の様子など詳しく教えていただけるので有り難いと思います。 まだ入院したばかりの方のご家族とお話することもできました。 家族会の後、ホールへ行くと面会の方が大勢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

192.病院探し その2

病院探し、土日は休みました。 少し考えて見ました。 少し相談もしました。 「あなたがいいと思った所が良い所よ。」 と姉にいわれました。 「お金がかかってもあなたも年金が出るでしょ。」 と母も心配して電話をくれました。 もっと探して見ます。 3月16日(月) *久しぶりにケアマネさんに報告しました。 *…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

190.病院探し その1

4月末までに今の病院を退院しなければなりません。 都の指定病院なので3ヶ月が限度なのだそうです。 10月29日入院ですので、もう4ヶ月過ぎています。 やっと慣れて落ち着いているので、次を探す気になれないでいました。 3月11日相談員さんに催促されて、探さなければならない!と 探すことにしました。 3月12日 早速、電話…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

164.神経内科受診

10月8日(水) 定期的に通院している病院へ。 朝10時の予約。車に乗せて連れて行くにはちょうどいい時間です。 方向が違って、病院へ行くことがわかっても、か、わからないからか ご機嫌でした。 わかっている、というより頭に入っている、という感じです。 記憶は残っているようです。 私より先に歩きました。 駐車場から入り口…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

163.病院見学

10月6日(月) 台風18号関東接近、という情報で孫の小学校は休校になりました。 学童保育もない、というのです。 両親共働きの娘の家では「ひとりで留守番できるから大丈夫よ。」 というのですが、隣にいても気になってしまいました。 それでも、夫をデイの車に乗せるまでは様子を見に行く事はできませんでした。 病院見学は午後の約束です…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

160.コウノメソッド

コウノメソッドは名古屋フォレストクリニックの河野先生の独特の認知症治療法 認知症に関心のある人なら誰でも知っている、と思います。 でも、ケアマネさんも訪問看護師さんも知らなかったそうです。 本も何冊か出ています。 図書館で重たい本を2回借りて読みました。 ネットでは良く出てくるフェルガードも関心はありました。 試した事はあり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

150.精神科クリニックへ

9月9日(火) 予約制ではなく、必要な時に受診している精神科クリニックへ行ってきました。 現在、定期的に通院しているのは総合病院の神経内科です。 月1回、薬の処方が主です。 親身に相談に乗っていただけるのは、精神科クリニックの方です。 神経内科の心理療法士の先生に紹介していただいた精神科クリニックです。 初診だけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more