テーマ:症状

572. 退院日決定!

5月20日(月)に退院予定です。 4月25日「歯の出血」で入院して、その後「誤讌性肺炎の疑い」で抗生剤点滴の治療がされ、回復に向かっています。 5月13日(月) 血液検査、レントゲン、診察の結果から「そろそろ施設に戻れるので、都合を問い合わせてください」と伝えられました。 良かった! 救急病院ですので、入院が長…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

571. 入院生活2週間目

5月8日(水) 病室に行くと夫は車椅子に座って窓の方を向いていました。 検査は、終わったようです。 隣のベッドでは、先生が診察中でした。 「お名前教えてください。」 「ここはどこかわかりますか?」 聞き覚えのある声です。 偶然にも、神経内科の主治医の先生でした。 ちょうど、カーテンが開いたので目で挨拶を軽くしまし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

570. 再検査は明日

5月7日(火) 10日間のゴールデンウィークも終わりました。 「7日に再検査」と聞いていたはずでしたが、行ってみると何もないようです。 看護師さんに確認してもらうと、特に医師からのオーダーはないとの事。 回診も、外来が混んでいるので何時になるかわかりません。 「7日、検査結果で」という話は、出血騒ぎで消えていたようです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

569.熱

5月5日(日) 友人とランチをしてから病院へ行きました。 街路樹の緑が、毎日見ても今が綺麗だと思います。 夫は、病人の顔で眠っていました。 熱が37度から38度あって安定しません。 触ると熱いので、38度近くはあるようでした。 氷枕をしていました。 夫の部屋は、4人部屋の窓側です。 景色が綺麗に見えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

568.入院して10日目

4月25日(木)に入院して、もう10日です。 一晩だけでも入院させていただけたら安心、と思っていました。 大きな病院ですので重症患者しか受け入れない、と聞いていました。 「1週間」という入院計画書を見ても、そんなに長く入院にはならないはず、でも連休中だから、と思っていました。 「30日の検査結果で2日の退院。」 と聞いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

564.入院した日のこと

4月25日(木) 特養の看護師さんから電話がありました。 20日(土)に抜歯してから何事もなかったのですが、今朝出血していたとのこと。 何時からかは不明。 量が多く、看護師が呼ばれ止血したそうです。 血液や血の塊を飲み込んだので、それを嘔吐してしまい、胃ろう吸入はしない、薬も入れられない、という報告でした。 「お手数…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

549. 発熱その後

38度2分の発熱の連絡を受けた、という記事だけ載せて、ご心配おかけしました。 カロナール(解熱剤)とクーリングで下がって、インフルエンザ検査も陰性でした。 ただ、朝下がって夕方また熱が上がる。 また下がる。 その後、微熱が時々出る、といった状態でした。 さすがに心配で、毎日通って様子を見ていました。 夫の様子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

548. 発熱

朝、特養の看護師さんから電話です。 歯の事か、昨日の湿疹の事かと思っていたら、 「38度3分の熱があります。冷やしてカロナールを入れて様子を見ます。」 という内容でした。 「私が行っても、何もできないですよねぇ。。。」 というと「いえいえ、愛情が~~」 と笑っていました。 「行っても、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

515.左 腿の傷 

いろいろ書き残して置きたい事もありますが、書かずに過ぎてしまうこともあります。 彩星の会の友人のお誘いで「蛍」を見に行ったこと。 特養で3回目のコンサートがあったこと。等 夫の足(もも)の傷の事。 もう、今は快方に向かって完治も近いので書けます。 胃ろうに来た看護師さんから「腿を掻いて傷になってしまいました。治…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

467.診断は難しい

受診のお話をもう少し詳しく書き残す予定でした。 どうして受診したか、というところまで書きました。 予想はしていたもののPSPS-FTDという診断を受け 文献を調べる日が続きました。 わかったことは、 「診断は難しい」 ということです。 FTLD(前頭側頭葉変性症)と一括りにすれば解決と思っていました。 CBDもP…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

464.PSPS-FTDと診断されるまで

PSPS-FTD:進行性核上性麻痺症候群前頭側頭型認知症タイプ PSP:進行性核上性麻痺(病理診断名なので生前の確定診断はできない。) PSPS:進行性核上性麻痺症候群 FTD:前頭側頭型認知症 2009年、夫はFTLD(前頭側頭葉変性症)の中のSD(意味性認知症)と診断されました。 2015年、小刻み歩行や突進歩行と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

463.進行性核上性麻痺(PSP)

2009年に前頭側頭葉変性症(FTLD)と診断された時と同じように、ネットで病気の情報を集めようとしています。 当時よりも、FTLDよりも情報量は多いです。 でもPSPS-FTD(進行性核上性麻痺症候群の前頭側頭認知症タイプ)についての情報はほんの少ししか見つけられません。 ほとんどが典型的なPSP リチャードソン症候群(PS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

460.意味性認知症だったはず

臨床診断は難しい いろいろな症状が出て、病名が変わることもあるらしいです。 11月14日 PSPがご専門らしい神経内科の先生に診ていただき PSPS(進行性核上性麻痺症候群)FTDタイプと診断を受けました。 さらに 嗜銀顆粒性認知症(AGD)から変化した可能性もある、と。 2009年の初診の画像で中脳の萎縮があり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

458・意味性認知症ではない???

10月29日 認知症を学ぶセミナーで「意味性認知症の症例」を取り上げられた講演がありました。 「意味性認知症」と前面に出る講演は初めてでしたので、興味を持って参加しました。 参加者の殆んどが医療関係者だったようです。 「介護家族」と手を挙げたのは数名でした。 休憩時間に講師の先生とお話できました。 名刺をいただきました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

455・胃ろう交換&散髪

4月に胃ろうにして、半年が過ぎ、交換の時期になりました。 訪問診療の先生から、近くの総合病院を予約していただきました。 胃ろう造設手術をした病院では交換は、しないのだそうです。 交換は、簡単ですぐできる、と聞いていました。 ほんとうに、すぐだったので、「もう終わったの?」とビックリしました。 受付や問診票の記入など…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

445.つくしの会の定例会、微熱

毎月、第2木曜は、前頭側頭葉変性症つくしの会の定例会です。 前頭側頭葉変性症の介護者、支援者が集まって介護の話、情報交換等をしています。 今回は、新しい方2名とその支援者の方、会長えいさんと私、そして途中から久しぶりの参加の方の6名でした。 初めての方に向けて、会長えいさんから、つくしの会は「介護者が楽しむ会であること…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

430.便秘

歩いていた頃、2月にインフルエンザにかかるまでは、夫は毎日出る人でした。 朝ご飯の後、歩くと立ち止まって、という事が多かったです。 様子を見てトイレに座らせるとタイミングよく出ることもありました。 とにかくよく食べる人でした。 常同行動のある頃は唐揚げとか肉類中心でしたので太っていました。 進行して味覚も鈍感になって、何で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

428.口唇傾向

口唇傾向・・・なんでも口に入れようとする傾向が出てきています。 胃ろうが始まってから多く見られるようになりました。 思い起こせば以前にも、 初期の頃は、ガムを噛んでいるかのように口をクチャクチャとさせていることがありました。 いつもではなく、気になる時があった、と記憶に残る程度です。 精神病院を退院した頃(診断から6年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

420.不顕性誤嚥

嚥下検査を受けました。 むせることもなく食べられるようになったと喜んでいましたが誤嚥していることが映像でわかりました。 不顕性誤嚥は「むせの無い誤嚥」とされており、誤嚥物が声門を越えて気管内に入っても咳嗽反射fが生じない状態である。すなわち、誤嚥物が咳嗽で排出されずに、気管・肺内に入ったままになるためバランスをが崩れて肺炎のリス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

419・胃ろうの手入れ

やっと、胃ろうが落ち着きました。 じくじくしたり、時々出血もあったのですが、今は、スッキリ綺麗に落ち着いています。 胃ろうの清潔が大事。 当たり前の事のようですが、やっとわかりました。 やっと、胃ろうの手入れが毎日できるようになりました。 今まで、やっているようでできていませんでした。 そっと、持ち上げてちょ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

418.嚥下検査

7月4日 嚥下検査を受けました。 前回2月28日に、この病院で受けた時は、ほとんど食べられなくなっていました。 「食べられるようになったら、また来てください」 と言っていただいていた言葉を受け、行く事にしました。 「内視鏡検査は訪問歯科でもできますよ。」 と在宅医に言われ迷いましたましたが、検査の様子がわかるこの病院に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

417.食べられる!食べさせたい

胃ろうにして、もうすぐ3ヶ月。 夫の調子は良さそうです。 口をモグモグ動かしたり、歯軋りをするようになりました。 手の届く物を口に入れて食べようとします。 タオルなどの布を口に入れて、噛んで穴をあけてしまいます。 口に入れて唾液が出るとゲホゲホむせています。 タオルケットが穴だらけになってしまいました。 食べたいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

414.胃ろう造設、その後

胃ろうの事、忘れないうちに記録に残して置きたいと思っています。 忘れてしまう事も多くなりました。 胃ろうの日は忘れません。 2017年(平成29年)4月5日です。 簡単な手術と聞いていました。 全身麻酔はリスクを考慮して、麻酔しなかったそうです。 手術後は、痛いはずなのに目もぱっちり開けて平気な顔でした。 ほんとう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

413.胃ろう造設までのこと

胃ろうのことを記録に残しておこうと思いながら、なかなかまとめられないでいます。 少しずつ、書いて置きたいと思います。 夫は、61歳で前頭側頭葉変性症と診断されました。 発症は、その7年前だと夫は初診時に言っていたそうです。 若年性認知症です。 診断から8年。 急に嚥下困難になって、胃ろう造設しました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

412.歯の話

3話連続で「歯」の話です。 インプラントの歯の次は差し歯が取れて、がっくり! でも、差し歯って、付け直せるのですね。 「取れた歯は?」 と小規模多機能の看護師さんに聞かれました。 「捨てちゃった!」と言えませんでした。 ゴミ箱から引き上げました。 良かった! 訪問歯科の日に持参して、着けていただきまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

411.また歯が?・・・・

もう~~、びっくりどっきり また歯が取れてしまいました。 今度は上の犬歯です。 昨夜、歯ブラシをいつまでも噛んでいた夫。 布を噛むよりはいいかとそのまま見ていると、 「コリコリ」という音にびっくり。 口の中を探すと、歯が出てきました。 え?まさか今ごろインプラントの歯? と一瞬思いましたが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

410.歯がない!

もう~!びっくり どっきり!ドキドキ! インプラントのピッカピカの歯がないのです。 気がついたのは2日金曜の午後遅くなって口腔ケアをしようとした時です。 いつからなのか・・・・? 水曜日は、あったはず。 木曜日は通所の日。 歯医者さんの訪問もあったはずですが確かめていませんでした。 報…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

409.「食べること」

誤嚥性肺炎の疑いで入院となった時、夫は食べたくても食べられないという感じでした。 口に入れても飲み込めなくて、辛そうに頭を抱えていました。 入院直前は、すぐに口から出して少しも体に栄養が行かず、点滴だけでした。 入院して、経鼻管栄養になると、めきめきと回復しました。 経菅栄養なのに、口をもぐもぐさせるようになりました。 嚥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

400.「ペコロスの母に会いに行く」の映画会と講演会へ

14日(日) えいさんの所属する「介護者の集い」の主催の映画会、講演会がありました。 大ホールでの映画会、講演会は大盛況でした。 チケット2枚を、えいさん経由で購入していました。 でも、夫をデイで見てもらえないので行かれるか迷っていました。 娘に聞くと「いいよ」と軽く引き受けてくれました。 働いている娘は子供3人もいて休…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

397.自宅で安全に経口摂取する方法について

☆嚥下:(えんげ)飲食物を飲み込むこと ☆誤嚥:(ごえん)飲食物などが誤って気管の中に入り込むこと 夫が入院中、受けていた嚥下リハビリ担当の言語聴覚士さんが ご自宅で安全に経口摂取する方法について というレポートを私のために作ってくださいました。 ここに残しておこうと思います。 [現在の状況] ・誤嚥(=気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more