テーマ:参考資料

544.「認知症鉄道事故裁判から考える家族介護と地域のあり方」

12月2日のフォーラムで、鉄道事故の遺族の高井さんの基調報告がありました。 「認知症鉄道事故裁判から考える家族介護と地域のあり方」 と題してシンポジウムもありました。 記録に残しておきたいと思いながら、まとめられないままになっていました。 JR東海の裁判は、とても他人事ではありませんでした。 「私達のために、頑張っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

541.「認知症になってもだいじょうぶ!そんな社会を創っていこうよ」

私は認知症ですと言えるくにたちをめざして 第7回 国立市認知症の日 黄色い銀杏が綺麗なのを眺めながら、イベント会場の一橋大学へ行ってきました。 大勢のスタッフや「国立市認知症の日」の「のぼり」に国立市の熱心さを感じ驚きました。 「認知症になってもだいじょうぶ!そんな社会を創っていこうよ」 は、プログラムの中のひとつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

540.絵本「ありがとさん♪」

絵本『ありがとさん♪』の紹介です。 こんのひとみ作 いもとようこ絵   金の星社 夫の特養の看護師さんから聞いて、欲しいと思っていました。 やっと手に入れました。 看護師さんは、以前は他の老人福祉施設で働いていたのだそうです。 この絵本は「実話」を元に作られたお話なのだそうです。 『誰にでも優しくて、怒っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

521.危ない!訴訟のハガキ?

びっくりしました。 ハガキの文がいかにも本物みたい。 びっくりして、慌てて電話しそうになりました。 「間違いです」と電話しようと思ってしまいました。 でも、すぐに「変だ!」と気がつきました。 訴訟通告がハガキで来るはずがありません。 役所からは、小さなお知らせも封書で届きます。 消印が板…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

486.レスパイト入院を考える

すぐに入れると思って複雑な思いでいた特養に入れない。 手が痛くてお箸が持てなくても、夫の介護をしなくてはならない。 はてさて、どうしたらいいの?と夜、寝ながら考えた2月6日。 「そうだ! レスパイト入院」 2月7日(水) 訪問診療の日でデイはお休み。 レスパイト入院について調べました。 http://www.nyu…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

463.進行性核上性麻痺(PSP)

2009年に前頭側頭葉変性症(FTLD)と診断された時と同じように、ネットで病気の情報を集めようとしています。 当時よりも、FTLDよりも情報量は多いです。 でもPSPS-FTD(進行性核上性麻痺症候群の前頭側頭認知症タイプ)についての情報はほんの少ししか見つけられません。 ほとんどが典型的なPSP リチャードソン症候群(PS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

456・高額介護サービス費

高額介護サービス費の支給決定通知書が届きました。 介護にかかる費用の負担上限額が決められていて、その金額より多くなると差額が支給される仕組みです。 世帯全員が非課税で障害年金受給者なら上限額は15,000円。 でも、 うちは、障害年金を貰えなくて、しかも同一世帯の私も僅かでも課税されているので、上限額は、37,200円。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

453・前頭側頭葉変性症療養の手引き

ブログの更新がなかなかできません。 特に理由もありません。 夫も私も、周辺も元気です。無事です。 この資料は、Yさんのブログにもありましたが、ここに記録として残しておきたいと思います。 「前頭側頭葉変性症の手引き」です。 http://plaza.umin.ac.jp/~neuro2/ftld.pdf 前頭側頭葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

409.「食べること」

誤嚥性肺炎の疑いで入院となった時、夫は食べたくても食べられないという感じでした。 口に入れても飲み込めなくて、辛そうに頭を抱えていました。 入院直前は、すぐに口から出して少しも体に栄養が行かず、点滴だけでした。 入院して、経鼻管栄養になると、めきめきと回復しました。 経菅栄養なのに、口をもぐもぐさせるようになりました。 嚥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

371.前頭側頭葉変性症 つくしの会

3月11日 東日本大震災から6年目のこの日 前頭側頭葉変性症つくしの会の第1回ミニ講演会を開催しました。 *ブログhttp://yamatosakura2016.blog.fc2.com/ 夫の誤嚥性肺炎で、私が動けなかった為と世話役のももさんも参加が難しくなってしまって、会長のえいさんひとりで大活躍でした。 準備も受付も司…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

354.「前頭側頭葉変性症」の情報

「前頭側頭葉変性症」について難病情報センターの記事がありました。 http://www.nanbyou.or.jp/entry/4840 「前頭側頭葉変性症」とはどんな病気でしょうか。 と病気の解説が一般利用者向けに書かれていました。 医療従事者向けの診断・治療指針の記事も興味深く読みました。 http://www.n…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

347.駐車禁止規制の適用除外

障害者が自分で運転する場合又は同居の親族(介護者)の運転する車車に同乗した場合、ステッカーを車の全面に掲出することで、公安委員会指定の駐車禁止場所等の規制対象から原則として除外されます。 精神障害者保健福祉手帳の場合、1級で自立支援医療受給者、と身体障害者手帳、愛の手帳に比べて厳しいように思います。 2級で、外出の機会が多か…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

313. おむつ給付 後期高齢者医療制度の障害認定

いよいよ在宅介護のスタート、といっても小規模多機能に泊まりが続きます。 孫が保育園に慣れて私の送迎が必要なくなるまで2週間は泊まりを予定しています。 在宅になったので、おむつの給付を申請しました。 夫が失禁をするようになって一度申請しました。 もう2年前になるでしょうか。 要介護3で歩いていたので、「寝たきりの方だけ」と却…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

304.徘徊事故 家族に責任なし

愛知県で2007年、認知症で徘徊中の男性(91歳)が列車にはねられ死亡した事故をめぐり、JR東海が家族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で最高裁は 介護する家族に賠償責任があるかは総合的に判断するべきだとして、今回は妻も長男も監督義務者に当たらず賠償責任はないと結論づけJR東海の敗訴が確定した。 認知症家族として、自…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

188.意味性認知症のブログ

夫と同じ意味性認知症の奥様を介護なさっている方のブログに出会いました。 ぜひ皆様に、特に同じ病気で悩まれている方に読んでいただきたいと思います。 2006年からブログを始められています。 ブログ名に認知症の文字はないため、検索しても出ません。 私も、もっと早く出会っていたら・・・・と思います。 参考になります。 同じ意味性認…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

185.若年性認知症の本

若年認知症になった夫と生きぬいて    8000日の夜と朝 著者  新井雅江 出版社 harunosora シマウマさんからご紹介いただいて読ませていただきました。 同時に以前から読みたかった中村茂信さんの  ぼくが前を向いて歩く理由 越智須美子さんの  あなたが認知症になったから。  あなたが認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160.コウノメソッド

コウノメソッドは名古屋フォレストクリニックの河野先生の独特の認知症治療法 認知症に関心のある人なら誰でも知っている、と思います。 でも、ケアマネさんも訪問看護師さんも知らなかったそうです。 本も何冊か出ています。 図書館で重たい本を2回借りて読みました。 ネットでは良く出てくるフェルガードも関心はありました。 試した事はあり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

157.睡眠導入剤を調べてみました。

睡眠導入剤の強さを比較しよう!!18種の睡眠導入剤の強さ比較一覧 http://igot-it.com/suimindounyuuzai-tuyosa-1360.html 睡眠導入剤は、その種類によって強さが異なります。 睡眠導入剤を服用してから短時間で作用が現れるものは、一般的に強い睡眠導入剤と分類されます。 睡眠…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

116.障害年金について

障害年金はもらっていません。 大失敗!と思っているのは今になってからです。 若年認知症家族会・彩星の会の会報に いつか貰えると思っていた障害年金1級 ー受給資格がないことがわかってー と題して体験談が載っていました。 読んで調べて、調べて、やっと夫の場合も受給できたのに チャンスを見事に逃してしまったことを知りました。 …
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

88.『認知症の作業療法』

「認知症の作業療法 エビデンスとナラティブの接点に向けて」    医薬出版株式会社   Yさんのブログで紹介していただき、図書館にリクエストしました。 市内の図書館には無くて都立図書館から取り寄せて貸していただき返却期間をギリギリまで延長しました。 できれば、もっとじっくり読んで側に置きたい本です。  残念ですが、返却しま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

87.認知症と賠償

「家族の責任どこまで  徘徊中、線路に」という9月27日の新聞記事。 読んでからずっと気になっています。 『認知症の男性が線路内に入り、列車にはねられて亡くなった。JR東海は遺族に対し損害約720万円の支払いを求め名古屋地裁に提訴。8月の判決は、妻と長男に賠償責任を認めた。』介護に関与していた長男に「監督義務」といい、亡くなった男性…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

84.『認知症語る動画サイト』

今朝9月15日の朝日新聞に載りました。 このサイトは、Yさんからご紹介があったので とても興味深く、衝撃的な思いで見ていました。 やっぱり、注目されますね。 新聞にも載ったので、多くの方が見られることでしょう。 『認知症の本人と家族、42人が語る体験談を見ることができるウェブサイト 「認知症の語りデータベース」がオー…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

75.「前頭側頭型認知症&意味性認知症」

 ケアマネージャーさんをお願いしたい、と思っていながら 躊躇していました。 やっと決心をして電話をして 7月30日、自宅へ来ていただきました。 認知症専門の事業所ではなかったので 意味性認知症についての資料があった方が良いかと 探しました。 以前、gotoyanさんのブログでご紹介いただいたように記憶しています。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

66.大田仁史先生のこと

懐かしい大田先生の名前を目にしました。 失語症訓練用の教材をダウンロードしようとした時です。 その後もfranzeさんのブログ等にも登場して、目に入りました。 読みました。 図書館にリクエストして読みました。 大田先生がご健在でご活躍の様子を嬉しく思いました。 義父(夫の父)が脳卒中で倒れたのは夫が中学生の時だっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

37.認知症の人が書いた本

「私は誰になっていくの?-アルツハイマー病者からみた世界」 ずっと前に読み終わって、側に置いて読み返し、気になっていました。 著者のクリスティーン・ボーデンは1995年にアルツハイマーと診断を受けますが、1998年前頭側頭型認知症と再診断されています。 でも、前頭側頭型とは少し違うように思います。。。 診断名が何であっても認…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

30.安心ケア 6つのポイント

忘れないように、ここに残しておきます。  認知症は怖くない  18のワケ より 「これは、一般にも通用するコミュニケーションの基本と言えます。認知症の患者さんだけでなく、良好な家族関係を築くうえでも役に立つと思います。ぜひ、日ごろから心がけてください。」  こんな対応が悪化を防ぐ  安心ケア 6つのポイント 1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

29.認知症は怖くない  18のワケ

夫が車の運転をしたがって困っていた頃、JAFの雑誌でこの本を知り すぐ注文をして読みました。    認知症は怖くない  18のワケ 著者  浦上克哉 鳥取大学医学部教授             日本認知症予防学会理事長 発行  JAF MATE社 PART 1 その物忘れ、もしかして? ◎認知症を疑う …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more