一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 406.5月のつくしの会交流会

<<   作成日時 : 2017/05/23 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

前頭側頭葉変性症つくしの会の5月の交流会
第4火曜日です。

夫も車椅子で参加しました。
1月に参加して以来です。

夫の復活が夢のようです。

えいさんが朝から自宅まで来て、夫の身支度を手伝ってくださいました。
「そんなに早く来られても焦っちゃう」
と前日にメールで、つぶやいたのですが、大助かりになりました。

少し早めに準備をしたつもりでも、大きなアクシデントはつきもの。

大汗をかいて着替えさせている所へ、えいさん到着。
「はいはい、いいよ、いいよ。」
と優しく着替えさせていただいて、ほんとに大助かり。
ベッドから車椅子への移乗も、車椅子を押して車へも連れて行っていただきました。

いつもは、ひとりでバタバタと動くところ、なんと楽なことでしょう。

早めに集合場所へ行きたかったのですが、ギリギリになってしまいました。

おまけに、集合場所近くのエレベーターが故障中で遠回りになってしまいました。

今回は、初めての参加の方もいらっしゃいました。
本人3人を含めて8人の参加でした。

初めての方の相談をえいさんが引き受けてくださって、本人同行の3組は別行動になりました。

Mさん夫婦は、初回からご一緒でしたので、夫の復活をとても喜んでくださいました。
恒例となったパークトレーンに乗って、MさんとWさんは打ち解けてお話も弾んでいました。
夫は車椅子なので、最後部特別席です。
近くに座っていただいて良かったです。
画像

車椅子は1台しか乗れません。
途中の停留所で車椅子の方が何人か待っていらっしゃいました。
障害者の方2組と、次の停留所では高齢者の団体でした。
暑い中、待っているのも大変だろうな〜と思い、ずっと乗っているのは申し訳ない気持ちになりました。
パークトレインに乗っていると、風も爽やかで心地良かったです。
ポピーが綺麗でした。

1周したところで迷ったのですが、夫は水分も取っていなかったので無理はせず、帰ることにしました。
思ったよりも夫はずっと元気でした。
体力のないのは私の方かもしれません。
「無理せず」は、私の余力を残すためです。
娘の勤務の都合で、夕方から孫の世話がありました。

えいさんと一緒に帰りました。

小規模多機能に、前日忘れた「吸引器」を受け取りに一緒に行きました。
えいさんの奥様も通っていた所です。
残念ながらスタッフはとても忙しそうで、施設長さんも不在でした。

吸引器の持ち帰りを忘れてしまったのですが、新しく購入した吸引器がちょうど手に入ったので預かっていただいていたのです。

手続きをしたので、1割負担で購入できました。

ちょうど、ガソリンがなくなりそうだったのでガソリンスタンドにも寄りました。

ガソリン代の補助の話も、えいさんとしました。

えいさんの奥様は特養なので、そのような支援は殆ど受けられないのです。

夫が、もし特養に入所して毎日のように私がドライブに連れて行ってもガソリン代の補助はないのです。

この手続きは、障害福祉課です。
ガソリン代の補助は身体障害者手帳を取得してから申請しました。
他に、有料道路の割引の手続きもしました。
ETCカードが使えます。
使いたいです。

えいさんに車に乗っていただいて、また自宅で夫を部屋まで車椅子で入れていただいて、さらにベッドに移乗もしていただきました。
ほんとに大助かりです。
たくさんお話もできました。

夫も喜んで、泣きそうな笑い顔でした。

孫3人も、私の疲れを知ってか、準備が良かったからか、なかなか良い子でほっとしました。
娘も予定より早く帰宅できて、早く解放されて、ほっとしました。

良い1日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
一人では抱えきれない大仕事、えいさんが近くに居てくれて大助かりですね。
東京というと、ビル、電車、人とすぐ思いつきますが、都心からちょっと足を伸ばせば、緑の多い所が沢山あるんですね。
バークトレーンですか、新潟にはどこにもないかな?
近くなら姉にも乗せてやりたいです。
都会の方が色々と整備されていて、遊ぶ所が沢山ありますね。
最近暑かったので、夜、網戸にしていたら、田植えの終わった田からカエルの合唱が聞こえました。

それにしても旦那さん、胃瘻しても、ららさんが尽くされてるから、こうして出歩けられて幸せですね。

「つくしの会」、佐藤さん、シマウマさんと行ってみたいです。
サザンカ
2017/05/25 21:58
サザンカさん、こんばんは〜

はい。えいさんが近くに居て気軽に手伝ってくださるのでほんとに有難いです。

東京といっても、西のはずれの田舎なんです。
ビルも電車も無縁です。
私の住んでいる市内には線路が通っていません。
古いしきたりや文化も残っていて、独特の方言もあります。地方の都会よりずっと田舎です。
緑も豊かで、蛍も見られますよ。
最近、家の近くで大規模な住宅開発が進んで、追われたタヌキを見かけるようになりました。
まるで田舎ですよね。
交通の便は悪いし、買い物も車がないと不便です。

「つくしの会」の交流会は、夫と一緒に同じ若年性の仲間と楽しく過ごしたかったので最初から「公園」です。
また参加できるようになって嬉しいです。

サザンカさん、私、尽くしてないです。
でも、まあ、良くやるな〜って自分を褒めてあげることにしています。
ご褒美もらって、新潟の皆様に会いに行きます。
らら
2017/05/25 22:57
「つくしの会」は「尽くしの会」だったりして〜! (^^)

同じ病気の家族がいる人ならではの助けがあってよかったですね。

外で集まれるのも、いい公園があればこそ。
ご主人も外出できてよかったですね。
Y
2017/05/26 20:17
Yさん
ありがとうございます。
春の野原の出てくる「つくし」をイメージして「つくしの会」です。
仲間が側にいるのは、心強いです。
公園は、夫が良く歩いていた所です。
広い公園の地図が頭に入っていて、ショートカットの歩き方にはびっくりさせられていました。
公園、良い所が他にもたくさんありますよ。
まだ、遠出はしていません。
ドライブも喜ぶと思います。
らら
2017/05/26 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
406.5月のつくしの会交流会 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる