一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 417.食べられる!食べさせたい

<<   作成日時 : 2017/07/01 13:17   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

胃ろうにして、もうすぐ3ヶ月。
夫の調子は良さそうです。

口をモグモグ動かしたり、歯軋りをするようになりました。
手の届く物を口に入れて食べようとします。
タオルなどの布を口に入れて、噛んで穴をあけてしまいます。
口に入れて唾液が出るとゲホゲホむせています。

タオルケットが穴だらけになってしまいました。
食べたいのではないかと思います。

ゼリーを毎日のように食べています。
少し前からヨーグルト1個を自分で食べるようになりました。

その様子を見て「食べられるのでは?」と思うようになりました。

「もっと食べさせたい」と思ってしまいます。
無理はできません。
焦ってはいけません。

自分に言い聞かせながらも、食べさせたくなります。

よ〜く観察しながら、ヨーグルトの後、もう少し食べさせてみました。

最初は、栄養剤の「ラコール」
ドロドロのラコールをご飯のお茶碗に入れてあげると、スプーンで食べました。
注意して見ていました。
スプーンで口に運ぶので、「もう少しゆっくり」と抑えました。

3日後には、ラコール1パック全部食べて、もっと食べたそうでした。
ドロドロのお粥にとろみをつけた物も食べました。

30日は、私の夕飯の横で食べてもらいました。
食事中に電話がかかってきて、ちょっと目を離すと
私の「天ぷら」を手に持って食べてしまいました。
「あ〜〜!」と、いいながらも見ると普通に食べていました。
食べる様子をじ〜っと観察していましたが、問題なさそうです。

食べられそう!
できることなら食べさせたいです。

もう使うこともないと思っていた食事用エプロンも使っています。
「自分でスプーンに乗せて口に入れて食べる」ということができます。

以前と同じように、愛犬そらが「ちょうだい」と夫の側に座ります。
以前と同じように、夫はスプーンをそらの口まで持って行き食べさせようとしていました。

食後そのままにしていたら、私のお箸を使ってスプーンを挟んで口に入れていました。

お箸、まだ使えました。
ずっと使っていなかったので使い方を忘れたかと思っていました。
やっぱり、使い方を忘れないというSD。
以前と同じように、食べ物以外の物でも模様でもお箸でつまんでいました。

久しぶりに見る光景でした。

この「遊び」をしている間は、布を口に入れる口唇傾向は見られませんでした。
満足したのでしょう。

ベッドに入ると静かに眠りました。

水分は誤嚥します。
とろみ、ゼリー状の物は注意しながら食べられるようです。
固形の物は、偶然食べましたが咀嚼はできていました。
注意が必要ですし、積極的には食べさせられません。

訪問診療の先生の指示で「嚥下検査」を受ける事になりました。
7月4日に予約が取れました。


6月30日
結婚記念日でした。画像
40年以上になります。

結婚祝いに従兄弟の描いた絵が玄関に飾ってあります。
訪問マッサージの先生が褒めてくださいました。



追記
・「天ぷら」は娘からの差し入れです。
ひとり分の揚げ物はしなくなりました。

・ 夫の従兄弟は画家です。
マッサージの先生は絵が好きなのだそうです。
絵の話ができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
417.食べられる!食べさせたい 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる