一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 424.おむつの工夫

<<   作成日時 : 2017/07/24 22:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

「またズボンが濡れてる〜〜」
「おむつはこれだけしか濡れてないのに、なんでこんなに濡れちゃうの???」

夫に聞いても笑っているだけ。
「こら〜」と顔を近づけると大喜びしていました。
まるで赤ちゃんです。

あまり嬉しそうに笑うので、もう1度「こら〜〜わかってないね。」と笑わせました。

笑ってないとやってられません。


なんとかならにものか・・・・・

どんなに厳重におむつをしても、手を入れて向きを変えられるとどうにもできません。

おむつの当て方の前におむつの選び方が大事、と在宅介護を始めた頃教えていただきました。

でも、おむつは自治体からの支給品を使っています。
当て方等で工夫するしかありません。

以前は、スウェーデン製のおむつの丁寧な当て方の説明で上手くいきました。
寝たままでは、上手くいかないのか、いや、手を入れるからだ!


昨日の夜は、おむつカバーを使って大成功
偶然だったのかもしれません。
吸収力アップに布も使いました。


今日は夕方、早めにおむつカバーをして、防水シートも二重にしました。
一枚濡らしても、交換しないで済みます。


ところが、もうズボンまで濡れていました。
おむつカバーも濡れていました。

小規模多機能型からも帰って来て、ズボン2本目です。
シャツまで濡らさなかっただけ良しとしましょ。
着替えが大変!

日中は、パッドの交換だけでよかったはずなのに・・・・。

夫は穏やかな顔をして笑います。

おむつ・・・・まだまだ工夫が必要です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ららさん
そうなのです。
家でも、ショートステイ先でも、その不思議な現象は起きました。
オムツは乾いていて、ズボンが濡れる不思議。

夜間は超分厚いパッドを使うといいようでした。
Y
2017/07/24 22:39
Yさん
男性は、そういうこともあるみたいですね。
「ある、ある」と話題になるようです。

夜間は分厚いパッドですか〜
奮発して買って来ようかな。
吸収力アップに、不要になった布を使ってみました。
両面吸収のパッドもいいかと思います。
工夫してみます。
また報告します。
らら
2017/07/24 22:55
うちの夫なんて、リハパンの上のゴムの上にペニスを乗っけていたり、リハパンの股の横からはみ出させていたり・・・これじゃ、リハパンを履いている意味ないじゃん!ということがありましたが、ご主人もそういうようなことですよね、きっと。
テープおむつで漏れるのは、股のひだが寝てしまっていて、その隙間にペニスが入り込んで漏れているのではないかと思います。
うちでは夜間にはパッドを「三角巻き」にしています。
パッドを三角に折って、コップ状にして、ペニスを包むのです。
しっかりと包めていなくて、外れていたりすると、漏れてしまうことがありますので、包んだ後に、テープオムツの中で固定されるようにします。
念を入れるなら、その下に、尿取りパッドを敷きます。
けれども、ご主人は、オムツの中が蒸し暑くって、手を入れて動かすのかもしれないです。たくさん尿パッドを重ねてしまうと、テープオムツの防波堤になるべき「ひだ」を潰してしまって、かえって漏れる原因にもなってしまいます。
漏れるのを恐れて、たくさん重ねすぎても逆効果になります。
アワキビ
2017/07/24 23:29
アワキビさん
詳しい情報ありがとうございます。
「そう、そう、そうしているんですけどね〜。そうなんですよ〜」
介護のお話をするようになるなんて、思ってもいなかったこと。苦笑しています。

今日は訪看さんに教えていただきました。
三角巻きにして、量が多くて漏れても下で吸い取れるように、空間を開けて逃す作戦です。
下の尿取りパッドも少しゆるめにして吸わせるのだそうです。
何しろ、パッドのないところに出してしまうのですから「意味ないじゃん」です。
蒸し暑いですからね。

工夫してみます。
らら
2017/07/25 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
424.おむつの工夫 一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる