187.外出

病院の面会は、だいたい1日おきに行っています。
お天気と都合によって続けて行く日も行かない日もあります。
週4回くらいです。
だいたい、いつも外出します。


2月27日(土)は病棟の床掃除のため外出を依頼されました。
病棟の師長さんから電話で丁寧に、申し訳なさそうにお願いされました。
ホールを掃除する間、というので朝9時から外出です。

1日付き合うのは久しぶりです。
お天気も良いので散歩もできました。

画像


五日市の小峰公園です。
梅の花が咲いていました。

何度も通っている公園。
登山道もありますが、山には入ろうとしませんでした。
桜の咲く頃、また来たいと思いました。
昨年の桜が待ち遠しかったことを思い出しました。

1年前は大雪の中でも、雪の残る山でも散歩していました。
夫は桜も梅も、見ようとはしません。
「いいところだ」とは言います。

トイレに何回か行ってもらいましたが出ませんでした。
「あなたが乗る?」と私に便座に座るかと聞きました。
まだ私を気使うことができる?
自分はいいから、あなたが座って、ということらしい。

「後でね。」と答えました。

車に夫を乗せて、ロックしてから私はトイレへ行っています。

小峰公園を少し散歩した後は、いつもの渓谷の見える所へ。

駐車場の方とは顔なじみになって
「だんなさん、歩き方良くなったね。」
と声をかけていただきました。
駐車場からの道を車道に出ることもなくなって
手を繋ぐと素直に歩くようになりました。
狭い歩道が怖いようです。
しっかり腕を組むと「ははは」と笑っていました。
嬉しくても怖くても笑います。

いつものお蕎麦を食べて、食べ終わるとすぐ立って・・・・
ベンチに座って・・・とコースは決っています。

トイレは「行かない」と見ただけでした。

歩き方は、ますます小刻み歩行になっています。
薬の副作用のためかもしれません。

ここでも少しだけ散歩できました。

お昼ご飯は病院で食べました。
食後は、ゆったり2人で座っていたのですが、
「車で行く?」とドライブ催促を何回もするので
もう1度ドライブサービスです。

画像


市内の里山です。

お天気も良いためか、どの場所も自分から進んで車を降りて歩きました。
「あなたはここに行く?」とトイレを見ていいました。
私がいつも入るのを覚えていました。

少しだけ、ここも散歩しました。

なんだか特別な1日のようです。
入院前は、これくらいのドライブ、散歩はデイの日以外普通でした。
嫌々付き合っても、山の自然の空気、鳥の声や景色にいつも癒されていました。

いつまで散歩ができるかわかりません。

もう春です。
また一緒に散歩したい、もっと歩きたいと思いました。

特別な1日、記録に残しておきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

Y
2015年03月07日 21:53
ららさん
この日の散歩はご主人にとって、自由で伸び伸びと動ける日、思っていることがほとんどまっすぐに言葉で通じる日だったのではないでしょうか。

頭の中は外からは見えないけれど、楽しく歩いて、語らうことで、血行が良くなり、バランス感覚や筋力もアップし、おひさまの光を浴びて睡眠もよくなりビタミンの定着も促進されると思います。
Y
2015年03月07日 21:55
途中で送信されてしまいました。
続きです。

こういう日は本当に貴重だと思います。
ご主人は幸せな方だと思います。
こういう日を提供してくれるららさんがいるのですから。
Y
2015年03月07日 21:58
書き忘れたことがありました。
ららさんのご主人は薬は何か飲んでいますか?

例えばパーキンソン症状を抑える薬などはどうでしょうか。
らら
2015年03月08日 13:36
Yさん
今の病院は、いつでも外出できるので
夫にも私にも都合がいいです。
それでも朝から外出というのは、
「床掃除」と頼まれるか、
「よし!今日は**へ。」
と意気込みがないと行かれなくなってしまいました。
こんなに喜んでくれるなら、と思いますよね。
いつもドアの外を「いいところだ!」
と笑ってくれます。

「武蔵野」といわれた東京の西の自然の残る地の空気を吸うと「いいところだ!」と思います。
もう山歩きはできなくなってしまいました。
無謀な山歩きを良くやったと振り返って思います。
遭難の危険も考えて携帯の電波を確かめていました。
電波の届かない場所は不安でした。

いつかは、「あの時は喜んでいた」
と思い出になってしまうのでしょうか・・・。

らら
2015年03月08日 13:39
薬、ですね。
私も夫の小刻み歩行を見て考えていました。
パーキンソン症状?を抑える薬???
それは該当しないと思いますが。

今は精神科の薬「セレネース」を
ごく微量飲ませている、と聞いていますが
飲んでいるところを見たことがありません。
副作用のある薬のようです。
主治医は「禁止薬」「おおっぴらに言えない」
と謙遜してか言っていましたが効き目はあります。

病院で落ち着いているのは、この薬の効果もあるようです。
コウノ先生の本を読むと、このセレネースもありましたが
「ウィンタミン」がいいようにも思います。
どちらも古くからの歴史ある薬のようです。
フェルガードM100も試してみたい、という気もします。

今まで飲んだ事のある薬
アリセプト、レミニール、メマリー、抑肝散
どれも効果は見られませんでした。
副作用も眠くなる以外は薬のためなのか進行のためなのかわかりませんでした。
目立った副作用もないので続けていましたが時々疑問に思っていました。
誘眠剤はふらつきの副作用にびっくりして止めました。
入院前には薬は何も飲んでいませんでした。
入院後、外に出たがってドアを壊しそうにしたり、抵抗する力が強かったので入院を続けるためには薬物治療が必要になりました。
薬・・・・
知りたい事、知らない事がまだまだたくさんあります。

長くなりました。
面会に行ってきます。
Y
2015年03月09日 21:51
ららさん
もしかしたら前にも質問したのかも知れませんが
ご主人の入院は「介護保険」とは無関係で、健康保険になるのでしょうか。
健康保険なら、毎月役所に申請すれば返還されるのでしょうか。(この制度は自治体によって違うのでしょうか)
らら
2015年03月09日 22:57
Yさん
精神病院ですので「医療保護入院」
介護保険は使えません。
医療ですので健康保険です。
夫は国民健康保険3割負担です。
限度額医療の申請を入院前に市役所窓口でして国民健康保険限度額適用認定証というのをもらっています。
これは、私も入院するのでもらいました。
これを使うとそれなりの金額で計算されるようです。
ここでも所得税が関係します。
障害年金なら非課税で医療費も安くなるはず。
残念ながら障害年金申請につまづいたままなので限度額で決められた額の医療費、食費を毎月支払っています。
都指定の病院なので安いのだそうですが。
高額な費用のかかる病院もあるそうです。
11月は私の入院もありましたので、さらに高額医療費として認定されて近々還付されるそうです。
その手続きは、市から書類が届いて申請と領収書が必要でした。
自治体によって、おむつ代なども申請すると出るそうです。
私のところは入院している人には出ません。
おむつ代が先月は2万円にもなっていました。
雑費としてお金を預っていただき、そこから支払っています。金銭の管理料もかかっています。

健康保険で医療にはお金がかかていますよね。

この記事へのトラックバック