228.障害年金 その4 &外出

障害年金請求の手続き、頑張っています。
①戸籍謄本の請求 
   現住所と違いますので郵送で請求手続きをしました。
②年金加入期間証明書
   これも郵送で請求の様式を送っていただいて請求しました。
③現在の診断書
   これが必要です。

今日は、このために担当医に面談をお願いしました。

担当医は若い男性。
と言ってしまうのは私が年をとったから、らしいです。

若い人には若いと言えない位の年齢?
でも、なんだか人を寄せつけないお医者様の雰囲気。
親しくお話できません。
今までのお医者様の中で一番緊張します。

まだ慣れていないからかもしれません。

お話するのも今日で3回目です。

面談をお願いして快諾していただいて、
今日は病院の相談員さん、担当看護師さんも一緒でした。

日頃の夫の様子とお礼を言って書類をお願いしました。

初診の証明書のコピーや私の書いた「病歴・就労状況等申立書」等
見ていただいたので思ったより話は早く進みました。

書いていただけることになって一安心です。

薬について
リスペリドン 昼0,5ml 
「減らせませんか?」
  これ位は飲ませた方がいい。

外出、外泊について
「外泊させたい。外出時間を伸ばしたい。」
  医療保護入院なので時間制限の必要がある。
  外泊は外出して様子を見てから。
  自宅から抵抗なく戻れるならいい。

緊張して臨んだ面談は、緊張してすぐ終わりになりました。

外出の許可をその場でいただいて・・・・
これも、なんでこんなに面倒なのでしょう。
外出年月日、目的、場所、、、、
ハンコも押さなくてはなりません。
主任看護師さんの印も。
複写になっている1枚を渡されて外出です。
外出後は、これを戻さなくてはなりません。
(外出中必要ない、はず。)

「外出許可、いつでもOKといっていただけませんか?」
とは、いいそびれて。。。。。
いえ、とても言えませんでした。

前の病院は「いつでもOK」でしたので書類は後回しでした。
もちろん、きちんと後で書きました。
外出中の様子などきちんと報告欄もありました。

言えません。そんなこと。
先生には言えませんでしたが、どこかでつぶやいたかもしれません。

先生との面談後、外出しました。

「そうだ!自宅へいってみよう!」
時間も早かったので、往復2時間みても戻れます。

久しぶりの我が家。
どうなるか。
今なら娘もいるし何とかなりそう。

「あなた、ああ、車、ははは」と嬉しそう。
「これ?ははは」と大急ぎ?で車へ、のつもり。
「そう、これよ」と車へ。

「ひだい・・・行く?ははは」
シートベルトは自分でできました。

「今日は右よ。」
車の中は音楽を聴いてご機嫌です。

滅多に通らない電車も見て、、、、、
でも、ことばは減ってしまいました。
4両の電車を見て「車、4かい」といっていたのは何時?
「ははは、くぅるまh、」

「わぁ~すごい!電車来た!4両だ!」
と私が言葉にしました。

これは、ラッキー。
今日は行きも帰りもこの電車を踏み切りで見ました。

ラッキーな男。
お天気もラッキーです。
雨が続いているのに、外出時間だけ晴れていました。

自宅へ向かうのがわかっているのかいないのか?

どこへ向かっても嬉しそうです。

「あ、ひだrいね。」
左の発音があやしい。
自宅近くがわかるのか、曲がるのが嬉しいのか不明。
わかっているのか、
「ああ、うち、・・ふぁ はは」
「ん?」
聞き逃してしまいました。
「そうよ。うちに帰るけどちょっとだけね。」

家に帰ったら、どうするかしら?

心配は無用でした。
「ああ」といいながら車から降りる気はありません。
パンを食べて私が戻るのを待つ、といういつものかんじ?

娘に電話しました。
下の9ヶ月になる孫がお昼寝中でしたが
小2の孫と一緒に出てきてくれました。

お互い、会話はなく良く見ていました。
車に乗ったまま、すぐに行きたい様子でした。

「左、行きたいのね。」と娘にいわれていました。

写真を1枚撮って、数分で終わりにしました。

また次回の楽しみにしたいと思います。


次に向かったのは、市内のいつもの公園。画像
ここでも降りようとしませんでしたが
強引に足を外側に向けると抵抗せず降りてくれました。
「ああ、ここ」というようなことばを発していました。
以前歩いた道を黙って歩きました。
いつ来ても癒される自然があります。
以前はここから、尾根道まで歩き、さらに遠くまで歩いていました。
富士山やスカイツリーの見える展望台もあります。
もう長い時間歩く力はなくなったようです。

程よい場所で橋を渡って引き返しました。

散歩が出来て良かった!

写真を撮りました。

ちょうど、雨も上がって晴れていました。

病院へ戻る頃は曇り空。
家へ帰る時には降り出していました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Y
2015年09月03日 21:58
年金は欲しいが手続きは面倒。
私も通知を受け取っていたので取り組まなければならないのですが・・・・・・。
心理的なハードル・・その病院の先生へ。「先生、あなたが壁なのです」と言いたい・・。

言葉は多少不安定でも、ご主人の後ろ姿、ご立派です。
しっかり自分の世界を持って前へ歩いていらっしゃると思います。こういう写真は何か伝わるものがありますね。
らら
2015年09月04日 00:26
Yさん
大きな壁がいくつも。
私も強くなりました。
周囲になかなか理解が難しく
いつも孤独です。

Yさん
ありがとうございます。
写真で伝わるのですね。
この写真を撮りたくて繋いでいた手を離してひとりで前を歩かせました。
撮った後は急いで後を追います。

もう少し良い写真を撮りたいです。
里山の自然も残したいですね。

歩く夫。
何を望んでいるのでしょうか。

2015年09月04日 21:33
ららさん、
うちの夫も晴れ男なんです。
雨が降ってても、車から降りる時は止んでいる。
神様からこれ位のご褒美をもらわなくっちゃね^^

ららさんのご主人は手を後ろに組んで歩かないのでカッコいいです!
うちの夫は何故かいつも後ろに手を組んで歩くので、昔話に出てくるおじいさんのようです。

障害年金の手続きお疲れさまでした。
診断書が出来たら発送して、後は待つのみですね。

らら
2015年09月04日 22:37
シマウマさん
ご主人、手を後ろに組んで歩くのですね。
安定するからでしょうかね。
夫は以前より小刻み歩行で不安定です。
でも、まだ散歩できそうです。
ドライブが一番喜びます。
「車」ということばが残っています。
電車も「車」です。

障害年金、診断書と年金加入証明書が出来たら、書類は完成です。
もう少しです。
gotoyan
2015年09月05日 00:06
ららさん
診断書を書いていただくのに、若い主治医の先生にすごく気を使われていますね。
夫の主治医もまだ30代の内科の先生です。外出のたびに許可願いを書きます。看護師さんの視線も気になります。どう思われようと気にしないで言いたいことを言おうと開き直っていた時期もありましたが、今はとても気になります。老健へ勧められています。
自宅に出かけられて、娘さんやお孫さんに会えて、散歩も出来て、きっとご主人は喜んでおられたでしょう。
拒否なく戻られて良かったですね。
らら
2015年09月05日 19:03
gotoyanさん
診断書をお願いできて一安心です。
出来上がるのを待っています。
年金確認の通知書は手に入ったので、
診断書で最後です。
申立書を書き直したり書き足したりもしています。

gotoyanさんのご主人は老健を勧められる程の状態なのですか?
ブログ拝見しています。
内科的な健康管理が大変そうですよね。
ご主人は本を読んだり、しっかりなさっている様子。
退院できるといいですね。
老健は引き受けてくれるなら良いと思います。
私も相談に行きました。
基本的には病院から在宅までの生活訓練施設で、3ヶ月とか制限があるようですが施設の空き状況等によって長くいられる所もありますね。
相談員さんは親切でした。
いろいろ情報もいただいてきました。

夫は自宅に帰っても、他のことが気になって喜んでくれませんでした。
でも、娘と孫は喜んでくれました。

次はどんな反応をするか、楽しみです。
もう拒否しても力が弱いので私の力で動かせます。
gotoyan
2015年09月08日 09:51
ららさん
老健は3ヶ月限度の生活訓練施設なのですね。知りませんでした。そのまま長く入れると思っていました。
先ずは見学と相談ですね。ありがとうございます。

ご主人が自宅に帰って来て喜んでくれなかった?
その時は何か気になる事があったとしても、病院に戻って、きっと考え直し、(あ~、家に帰れたんだよなあ)なんて、思っていらっしゃったのじゃないでしょうか?(また、病院か~、悲しいな、何故病院に居るんだろう?)なんて考えていたかもしれませんよ。

言葉や行動に表せないけど、きっとそう思っていらっしゃると思います。

次の帰宅時の反応楽しみですね。
拒否が無くなって素直になってくれるのは、助かりますね。楽しさもきっとたくさん出てきますね。
らら
2015年09月08日 11:36
gotoyanさん
老健、私も相談に行くまで知りませんでした。
友人のお母様が長く入っていましたので、相談員さんを紹介していただいてお話を聞きました。
入所の可能性や手順、その他いろいろ情報をいただき、その後もアドバイスをいただきました。
近くに老健がありましたら、まず電話をして面談の日を決めていただくと良いと思います。
相談員さんは親切ですが、受け入れてくださるかは別です。

gotoyanさん
夫のこと、考えてくださってありがとうございます。
そうですね。
仰るとおりですね。
ことばが無くても表現できなくても、そうですよね。
前向きに考えます。
ありがとう!

この記事へのトラックバック