547.歯がグラグラしています。

7日 新潟へ向かう新幹線の乗車を待つタイミングで特養から電話が入りました。

特養のユニットの介護スタッフからでした。

歯科医の回診の日、いつも聞かない限り報告も何もないのですが、このタイミングでの電話に驚きました。

「歯がグラグラしているので、どうするか家族にどうするか聞いておくよう」言われたのだそうです。

「奥歯は、麻酔が必要」とのこと。

前回の回診の時は、私から「どうしたらいいのでしょうか」と質問して「様子を見るだけ」というお答えでした。

なぜ、このタイミングで、麻酔を使った抜歯の選択肢なのか。

たぶん、前回よりグラグラになっているからでしょう。

どちらにしても、駅のホームで答えられないので保留にして、帰ってからお話することにしました。


ずっと考えていましたが、迷って決められません。

麻酔をして抜いた方がいいのか、自然に抜けるのを待つのか。

麻酔をして治療をする場合、うがいもできないし、誤嚥も心配です。

戻ってから特養に行ってスタッフと話をして
「自然のままで」といいながらも迷って
「歯科医の先生のお話を伺いたい」とお願いしました。

これが、結構面倒な事のようでした。

スタッフは、歯科医との連絡方法を私の前で担当看護師に聞いていました。
担当看護師は、「わかりました。医療責任者に伝えます」と。
責任者から医師会に連絡が行って、そこから伝えられるのだそうです。
なんだか伝言ゲームみたいです。

私は「歯科衛生士さんの口腔ケアがありますので、歯科衛生士さんに伝えていただいてもいいです」と言ったのですが、
「先生から家族の意向を聞くよう言われているのだから返答しなければならない」と言われ、お願いしました。

なんだか面倒。

翌日
週一でお願いしている口腔ケアの歯科衛生士さんに見ていただきました。
状況は変わらないのですが、毎週丁寧に見ていただいて先生にも報告が行っていますので、私は歯科衛生士さんとお話して、もう少し様子を見ても良いと思うようになりました。

当然、今回の事も伝えられます。
「様子を見て、次回の回診の時はお話を伺いたい」
と、私が言った事で、混乱させてしまいました。

歯科衛生士さんが報告した担当看護師から「話が違う」と言われ、私のところへ戻ってきました。

つまり
「家族が先生から詳しい説明を聞きたいと要望」
と、すでに医師会まで連絡しているのだから、違っては困る
ということのようです。

私は、「すぐに」でなくても次回でも良いかと思ったのですが、
「先生とお話したいのでご都合を聞く」
ということで、歯科衛生士さんにお願いしました。

これで大丈夫。

直接お話できれば何も問題ありません。
「私が7日お会いできなかったので申し訳ありませんでしたとよろしくお伝えください」
と、繰り返しお願いしました。

歯がグラグラしているのは、気になっていますが、急な変化でもなさそうです。

歯が自然抜けてしまうなら仕方ないと思うのですが、飲み込んでは困ります。

でも、もう飲み込む力はないように思います。
今までも、抜けたり取れたりしました。
いつの間にかポロリと抜けて口の中で転がしていたのを私が発見して取り出したことも、どこへ行ったかわからない歯もあります。

麻酔を使っての治療については、詳しく聞いてから決めたいと思います。
抜けそうなくらいグラグラしていたら、迷わずお願いするかもしれません。

痛いとか、嫌だとか、苦しいとか表現できないので、なるべく穏やかに、と思います。
歯も、もう少し頑張って抜けないでいて欲しいです。


結局、連休明けの今日、歯科衛生士が先生とお話して、先生が他の患者さんの診察の後、19日に夫の所へ来てくださる、と歯科衛生士さんから朝電話がありました。

19日は、口腔ケアもありますので好都合です。

安心しました。

特養へ行くと、スタッフにも看護師さんにも伝わっていました。

一安心です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック