648.久しぶりの面会

7月15日 16時30分~ 
夫の特養で、久しぶりの面会でした。
事前に申し込み予約が必要。
週1回。土日は月1回。
1日4組 人数は2名
15時から17時まで
約20分の面会
入り口で、健康チェック表と体温測定。
手洗い消毒後、制限された場所で待機。
時間より早く到着してしまいましたので、車の中で時間になるのを待ちました。
たぶん、前の面会者と思われる2名の方が出てこられたので、受付へ向かいました。
面会用に「つどいの間」という大きな部屋は、可動式の壁で仕切られていました。
キッチン付きのカフェスタンドもあって、「○○カフェ」とか何かできそうなスペース。
「つくしの会」では開催場所に困っていましたが、地域の会ならここも利用できる。。。
そんなことを考えていると、夫がいつものケアマネさんに車椅子を押していただいて登場!
「ごゆっくり」
と、やっと面会ができました。
利用者のマスクも、家族が用意することになっていましたので、夫にマスクをしました。
嫌でも、払いのけることもできなくなったようです。
眉間にシワを寄せて、嫌だという意思表示はありました。
「嫌でも決まりなのよぉ」と、よほど嫌がったら外そうかとも思いました。
「いったい何なの?」といった顔で、ずーっと、じいっと私の顔を見ていました。
スマホのYouTubeで音楽を聴かせても、びっくりしたような顔をするだけで以前のような反応は見られませんでした。
久しぶりですし、大きな音にもできない(お隣は会議中でした)ので仕方ないです。
音楽を聴きながら、夫の固くなった右手、肩から腕、指、とマッサージを続けました。
左手も足も、首も、とやりたかったのですが、右手に集中していると、時間になってしまいました。
ケアマネさんが現れて「時間です。」と。
「だいぶ固くなってしまっているようですが、訪問マッサージは、まだ入っていただけないのでしょうか?」
と聞きましたが、
「はい。まだ部外者をお部屋に入れることはしていません。」と。
口腔ケアも別室で行っている、とのこと。
時間もありましたので、ケアマネさんへの交渉はせず、少し様子を見て、相談員さんにお願いしてみようと思いました。
夫は、散髪もしてもらって、さっぱりとして、顔色もよくつやつやと肌の調子も良さそうでした。
夫は特養で守られています。
スタッフは、大変な思いをされているのではないかと思います。
感謝しています。
面会できて、良かったです。
できるだけ面会に来よう!とすぐに来週の予約をしました。