649.心身障害者医療費助成制度の更新手続き

心身障害者医療費助成制度(マル障)の更新手続きのお知らせ が届いていました。
15日の面会の時、メールボックスを確認すると空っぽでしたが、数日後自宅へ特養から郵送されました。
ご丁寧に送り状の文書も入って、コロナの影響で職員は、こういう仕事も増えていることでしょう。
東京都の心身障害者医療費助成制度が精神障害でも受けられるようになったのは、確か平成30年からだったかと??
過去のブログで調べました。
平成31年1月1日から適応でした。
65歳未満の障害者に対して医療費を助成する制度ですが、制度の移行条件で申請期間内なら65歳以上でも受け付ける、というので喜んで申請しました。
現在は、65歳未満、精神障害1級という条件があります。
記録は大事です。
毎年、更新手続きをしていたのか?記録も記憶もありません。
今回は、
「あなたが現在お持ちの心身障害者医療費助成制度の受給資格証は、令和2年8月31日で有効期限が切れるため更新手続きが必要です。」
令和2年8月3日まで
と、郵送用の封筒も同封されていました。
いつも思うこと、当たり前のことなのかもしれませんが、
制度を利用するためには、申請をしなければなりません。
「更新申請をされないと助成をすることができません」
と丁寧に書かれています。
もちろん、すぐに申請します。
郵送ですので簡単です。
現況届は印字されていますので、住所、氏名 捺印だけで済みました。
医療費の助成制度は、経済的負担も少なくなって、有難いです。