口腔外科受診1日目

12月になってしまいました。
早いです。

12月2日㈬
口腔外科の外来予約は9時30分からでした。
紹介状を持って受付をするため30分以上早めに行ったのですが、時間がかかりました。

さらに、初診になるため、診察までかなり待ちました。

今回の口腔外科受診は、特養の歯科医からの紹介です。
右上の歯がぐらぐらしているので抜歯した方がいいけれど、前回抜歯後大出血して入院となったので、今回も病院で抜歯することになっています。

待っている間に検温すると、最初は37.5度ありました。
少し時間を置いて測ると37.1度でした。

問診票を記入。
抜歯についての長い説明文2枚を読みました。
さすが、大病院です。
抜歯の注意や抜歯にかかる時間やリスク、同意やその変更など詳しく書かれていました。

診察を受けると、先ず口の中の汚れを指摘されました。
私も痰の白い汚れが付着しているのが気になっていましたが、何しろコロナでマスクですので、受診の日しか口の中を見ることができず、面会時に密かに見たとしてもどうすることもできずにいました。
「スポンジのブラシで取れますよ。」といわれても
「特養にお願いしてあるのですが・・・」と愚痴になってしまいました。
歯の状態を見て、「レントゲンを撮ってきてください」といわれました。

夫が少しゼコゼコしていると、「取ってあげて」と看護師さんに言って、看護師さんも慣れた要領ですぐに痰の吸引をしてくれました。
車の中から気になっていたので、すっきりして良かったです。

レントゲン室まで移動。
大きな病院は、レントゲンも順番待ち。

リクライニングの車椅子の背もたれ部分を倒して、レントゲン撮影完了。

また診察へ。
また順番待ち。

診察にになって、診ていただいて、
「う~~ん、この歯ね・・・」と口の中を見ている時
「顎が外れているのですが・・・」と私が言うと
「ん?顎?どれどれ」とすぐに修復に立ち上がりました。
その動作から、顎の修復手技には自信がある様子でしたが、固くなっていて無理だったようです。
「CTを撮って来て」とすぐにCTのオーダーです。

CTは、予約が必要で、その予約の合間に入れてくださるそうです。
ただし、時間がどれくらい待つかわからないので「今日は時間大丈夫ですか?」と聞かれました。
特に予定もなく、覚悟しての受診でしたので待つことにしました。
長ければ3時間と言われていましたが、30分程でした。

CTは、「全介助ですね。」といわれただけで、お任せでした。

CTの画像情報が先生の所へ行くのは、また時間がかかって、さらに1時間と聞いていました。

夫のリクライニングを倒して、少しお昼寝してもらいました。
疲れたらしく眠っていました。

口腔外科の診察室は、午後になると誰もいなくなっていました。
先生がお昼の休憩から戻るとすぐに呼ばれました。

「去年の5月は外れていませんでしたよね。」と昨年入院した時の3D画像を見ていました。
今年の7月に外れていることがわかって、何回か修復して繰り返したこと、その後外れたままになっていたことを話しました。
「すぐならば・・・」と先生は呟いていました。
「全身麻酔か・・・」とも・・・・

詳しくは、3D画像ができあがる4日に説明を受けることになりました。
抜歯だけなら入院の必要もなさそうな話でしたが、顎は手術か・・・全身麻酔のリスクは大きいはず・・・
4日まで少し時間があるので、考えることにしました。

「もっと早く、顎が外れて入れられないと聞いた時受診すべきだったのかもしれない」とすこ~し後悔もし始めていました。
コロナで面会ができなくて、夫の状態を聞くことしかできなかったのです。
特養で診ていただいている歯科医の先生への遠慮もありました。
それでも「受診した方がいいかな?」と考えていたのです。
考えていて、今になってしまったのは、やっぱり仕方がないことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

Y
2020年12月05日 12:33
ららさん 長時間にわたる歯科受診の付き添いお疲れ様でした。
私も歯科大学の付属病院に何度か主人を連れて行った時のことを思い出します。
病院に長時間いるだけで付き添いの者の方が具合が悪くなりそうなこともありますよね。

「もっと早ければ・・・」という今の先生の言葉はずっしりと来ますね。
3Dの画像もできて、検討されているところでしょうね。
コロナの影響もあって、いろいろと順調にはいかないかも知れませんが、抜歯はできそうですね。
らら
2020年12月05日 13:35
Yさん
ありがとうございます。
Yさんが大きな病院の歯科受診に行かれていたことを思い出していました。大変でしたでしょう。
夫は入院、在宅、入所後もそれぞれ訪問歯科医に診ていただいていました。
大きな病院の外来受診は初めてです。
前回は、急な入院でしたので外来未経験でした。

確かに付き添いに体力が必要ですね。
夫は大人しくなってしまいましたが、動いている頃だったら、もっと大変だったかもしれません。

時間がかかって大変だったのは、初診だけだったようです。
2回目は、すぐでした。
これから書きます。