570. 再検査は明日

5月7日(火)
10日間のゴールデンウィークも終わりました。
「7日に再検査」と聞いていたはずでしたが、行ってみると何もないようです。
看護師さんに確認してもらうと、特に医師からのオーダーはないとの事。
回診も、外来が混んでいるので何時になるかわかりません。

「7日、検査結果で」という話は、出血騒ぎで消えていたようです。



夫は、氷枕をしていました。
熱は、37度7分。

隣のベッドの方は、今日退院して、すぐ新しい方が入っていました。
その方、点滴を外してトイレに行って、看護師さんに注意されていました。

向かいのベッドの方は、2日後に退院が決まっているご高齢の方。
言葉が出なくても「あー」とか仕草で訴え、こちらの言っていることは、理解できるようです。
とろみ食を介助で完食なさっていました。
施設に戻られるようです。


その隣の方は、もう少し言葉らしく訴えて「バあやろぅ」と大きな声も聞こえました。圧迫骨折で体が痛いのだそうです。
思うように体を動かせず、訴えた事が伝わらないもどかしさがわかります。
「ご機嫌悪いのね」と相手にしてもらえません。
聞こえた薬の名前から、パーキンソン?か、寝言のような独り言も納得です。

そんな中、夫は静かで重度です。

文句も言いません。言えません。

口の中に痰がこびりついていても、喉が痛くても、訴える事ができません。

検温をして、熱があると氷枕で冷やされるようです。


私は、夫の口の中の痰の塊が気になって、どうやったら綺麗にできるか、大先輩のKさんに教えていただきました。

丁寧に、舌ブラシの写真も送ってくださって、有り難かったです。

舌ブラシに口用ウェットシートを巻いて使うのだそうです。
やって見たのですが、難しかったです。

「上顎にくっついたのが取れない」
と、また教えていただきました。


痰が口の中で固まって取れない、なんて思ってもいませんでした。
「ガーッ」って出すことも、飲み込むこともできないのです。

口の中の痰を「どうだぁ」とたくさん取りだしました。
こんな塊、こんなにたくさん!
まだある!「取らせて~」

何度も口を開けさせて綺麗にしました。

家に戻って「あまり取りすぎて傷つけないように」
というメールを読みました。


初めての事に夢中になってしまいました。

夫は、「やめて」というように私の手を押さえたり、タイミング良く口を開けてくれたり、元気になって来ているようです。

熱、下がって欲しいです。


"570. 再検査は明日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント